年増ナースに勃起を見せつけたら・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

看護師はこの世の職業の中で一番エロいなんて言われますが、まさか自分も入院生活中にナースとエッチ出来るなんて夢にも思いませんでした。
あれは俺が足を骨折して入院を余儀なくされた時です。
入院当初は大部屋で、当然他の患者もいました。

相手は俺の担当ナースでした。
年は47歳でバツイチの熟女ナース。
子供は娘が一人で大学生だとか。

俺は結構喋るのが好きで、同室の患者はもちろん、担当ナースともすぐに仲良くなりました。
ただ同室の患者でイビキがひどい人がいて、俺は夜はシーンとしてないと寝れないタチなので、3日ほど経ってから個室に移してもらいました。
担当ナースとは個室に移ってから一段と仲良くなっていきました。
35歳の時に離婚したらしく、ずっとナースとして働いてるとか。
そのナースはお世辞にも綺麗とは言えず、スタイルもぽっちゃりな感じでした。
ただ俺はぽっちゃりした豊満な女性が好みで・・・。
ウェストは少しくびれがある程度で、でも胸は大きめで、何より尻が大きかった。

バックでハメるのが大好きな俺は尻が大きい女性が好みなもんで、個室に移ってから3日ほどしてからだんだんモヤモヤしてきました。
2年ほど彼女がいなく風俗に行くこともなかったので、入院前はほぼ毎日オナってたのが、入院してからは一度もオナってなかったので。

モヤモヤしてたある夜、そのナースの体を思い出すと勃起が治まらなくなり、ナースをオカズに抜こうと思った時、別のナースが夜中の巡回に来る足音がしたのでやめました。
寝たふりをして薄目で見ていると、扉をそっと開けて室内を見渡し、そっと扉を閉めて戻って行きました。
その時、思いつきました。

(あのナースが夜中巡回の時にわざと勃起を見せてやろう)

きっとあのナースは何年もエッチしてないだろうから、ひょっとしたらいい事あるかも?
なんて勝手な妄想をして。
ただ、その日抜かずに我慢するのが大変だったけど、翌朝ナースが検温に来るのを待ってたら来たナースは別人で、聞くとあのナースは今晩夜勤だからとか。

って超ラッキー。
この時点でタイミング的に神様は俺の味方。
今晩、あのナースとエッチな事できる、などと自分勝手な解釈。
相当溜まってたかな・・・。

もうそれからはずっとソワソワしてました。
それまでは日中に松葉杖つきながら病院内をウロウロしてたのが、勃起するもんだから病室から出れなくて。
夕方になりあのナースが来て、「変わりないですか?」と聞いてきたので、「変わりないよ。今日は泊まりなん?大変やね」と何食わぬ顔で。

夜になり、だんだん興奮してきて、あの超熟ナースが巡回来た時にエッチに持って行けるように何かいい方法ないかと考えました。
で、思い付いたのが、ベッドの照明を点けといて勃起してるのがちゃんと見えるようにして、チンポもわざとテントが張るように見せようと考えました。

夜中、巡回はいつも2時で、その頃にはビンビンでガマン汁が滲みまくりでした。
遠くから足音が聞こえ、病室を順番に回る気配がしてきてドキドキ&ビンビン。
仰向けでテント張って待ってました。
ちなみに薄いスウェット生地のTシャツに短パンで見事なテントが張ってました。

薄目で扉の方を見てるとスッと扉が開き、あのナースが顔を覗かせました。
ナースは室内を見渡す事なくモロこっちを見たままでした。
こっちをっていうより明らかに勃起テントを見てました。
するとナースが入って来て、「◯◯さん?」と声を掛けてきました。
声を掛けるというより、起きてないか確認するような小声でした。
もちろん俺は寝たふり。

するとナースは指先で勃起テントのてっぺんをそっと触ってきました。
俺は溜まりに溜まってたので我慢できずに、勃起テントを触ってるナースの手を掴み起き上がりました。

「看護師さん、何も言わなくてもわかるよね?俺の勃起したチンポを看護師さんが触ってるなんて。ずいぶんやってないってのもあるけど、俺がこうなったのは入院してからずっと看護師さんとやりたいって思ってたからやぞ」

「いや・・・でもそんなこと言われても、だって扉開けたらこんなのが目に入ってきたし・・・ビックリして」

「ビックリしたら触るの?もう正直になろうよ。看護師さん、何年もエッチしてないんやろ?これ欲しいんやろ?」

ナースの手を勃起チンポに擦りつけました。
自分でも考えられないぐらい大胆になってました。

「あぁ・・・どうしよう、でも私みたいなオバサンんに興奮するなんて」
「オバサンなんて思った事ないし、看護師さんのぽっちゃりした体は見てるだけでゾクゾクするよ。ねぇ?したくない?このチンポ欲しくない?」

「・・・欲しい」
「じゃあ看護師さんの好きにしたらいいよ」

そう言うと、短パンの上から勃起チンポをぎゅっと握ってきました。

「すごく硬い」

「俺も我慢できないからもう直接触ってよ」

ナースは短パンをブリーフごと膝までずらして・・・。

「すごい・・・久し振りに硬くなったの見た」

そう言うなりチンポにしゃぶり付いてきました。
俺のは長さは人並みと思いますが太さはそこそこあるんです。
でも根元までしゃぶり付いてました。

「看護師さん・・・超気持ちいいよ。どう?久し振りのチンポは?」

「すごく硬くて美味しい。それに太さがすごくいい」

じゅるじゅるぴちゃぴちゃ、いやらしい音を立てながらしゃぶってくれました。
チンポにしゃぶり付いてるナースの顔は本当にエロく、我慢できなくなり・・・。

「看護師さん、我慢できない・・・イクよ」

そう言うとナースのジュポジュポが早くなったので、そのままナースの頭を押さえつけて喉の一番奥で大量ザーメンを射精しました。
ナースはむせながらもザーメンは溢さずに、なんと全部飲んでくれました。
これにはビックリでした。

「溜まってたし量が多かったはずなのに全部飲むなんて。看護師さんも欲求不満やったやろうけど、本当は超エロかったりしてね」

「久し振りだったから、ちゃんと味わいたかったから」

後から垂れてきたザーメンもキレイに舐め取ってくれました。
まだやり足らない俺は・・・。

「まさかここまでやってこれで終わりじゃないよね?」

「私もしたいけど一時間ぐらい後でまた来るから待ってて」

そう言って病室を出て行きました。
夜中3時半過ぎにやっとナースが病室に来ました。
やりたくて仕方なかったので時間が経つのが物凄く長く感じました。

「ごめんなさいね。色々とやらなきゃいけない事あって、もっと早く来たかったんだけど」
「早く来たかったんや。そう言ってくれると嬉しいな」

「あの後は仕事してても思い出したら・・・ずっと変な気分で」
「ひょっとして仕事中に濡れてた?」

聞くと黙って頷きました。

「看護師さん、早くやろうよ。もう俺はこんなになってるよ」

自分で短パンとブリーフをずらしてナースに見せつけました。
それを見たナースはすぐにチンポを握って・・・。

「すごい・・・さっきよりパンパンになってる・・・」

「さっきよりパンパンになってるだけじゃなくて、さっきより長持ちするから、ちゃんと看護師さんも楽しませてあげるよ」

「どうしよう・・・すごくドキドキする・・・」

そう言いながらチンポにしゃぶり付いてきました。

「やっぱりさっきより太くなってる。すごく硬くて美味しい」

「俺も看護師さんのおまんこ舐めたいな」

そう言うとナースはズボンとパンティを脱いでくれました。

「ねぇ、パンティ見せてよ」

「え・・・恥ずかしいよ・・・」

「いいから見せて」

黙って渡してくれたので見てみると、本気汁でベッタリ濡れてました。

「すごいじゃん。こんなグチョグチョのパンティ穿いてたんや。早くおまんこ見せてよ」

仰向けの俺の顔に跨がってしゃがんでくれました。
見るからに濡れてるのがわかり、物凄くエロい匂いがしてきました。

「指で拡げて見せてよ」

「恥ずかしい・・・」

と言いながらも指で拡げて見せてくれました。
拡げたおまんこはマン汁でベタベタになってました。

「看護師さんのおまんこ・・・すごく美味しそうや。舐めていい?」

「舐めて・・・舐めて欲しい・・・あ・・・」

俺はその言葉を聞くか聞かないかでおまんこに貪り付きました。
すごく肉厚で舌と指を入れた感じでは気持ち良さそうなおまんこでした。

「ん・・・ぁ・・・あ・・・ん・・・」

ナースは声を押し殺してました。

「声が出そうだったら俺のチンポで口塞いだら?っていうか看護師さんもしゃぶってよ」

69でお互いの性器を貪り合いました。
そろそろハメたくなったなと思ったら・・・。

「お願い・・・もう欲しい・・・」
「何が欲しいの?」

「おちんちん・・・」
「おちんちんなんて子供の言い方じゃん。チンポって言うてよ」

「チンポ・・・が欲しい・・・」
「どこに?」

「・・・」
「ちゃんと言うてくれないんならあげないよ」

「ぉまんこに欲しい・・・」

バック好きな俺はバックでと言うと・・・。

「足首に負担がかかるから・・・私が上になるから・・・」

チンポに跨がり手でチンポを握って自分からおまんこに当ててゆっくり腰を下ろしてきました。
ナースのおまんこはマン汁でグチョグチョに濡れてたのですんなり入っていきました。
ニュルっと入る瞬間は超気持ち良かったです。

「あぁ・・・すごく硬い・・・太くていい・・・ぁ・・・」

「看護師さん、おっぱい出してよ」

ナースが胸のボタンを外すと見るからに大きそうなおっぱいがブラに収まってました。
ブラを下にずらすと柔らかく大きなおっぱいが出てきました。
乳輪は少し大きめで乳首は黒ずんでおらず長めで超いやらしかったです。
両手で鷲掴みにしながら指の間に乳首を挟むとおまんこがぎゅっと締まりました。
ナースは腰を振りながら倒れ込んで俺に抱きつきキスをしてきました。
ナースの舌は長く、その舌がニュルっと入ってきて俺の舌に絡みついてきました。
たぶん、このキスだけで抜けるだろうと思えるぐらいエロいキスでした。
キスの最中も腰を振りながら・・・。

「ぁ・・・気持ちいい・・・すごくいい・・・おかしくなりそう・・・あぁ・・・イキそう・・・イキそぅ・・・う・・・」

ナースは体をヒクヒクさせながらイキました。

「はぁ・・・はぁ・・・すごく気持ち良かった・・・何年ぶり・・・かな・・・あぁ・・・すごい・・・◯◯さんのチンポいい・・・」

また腰を振り始めたナース。
俺はナースの尻を鷲掴みにして腰の動きに合わせて力を込めました。
ナースはそれがまた気持ち良かったらしく一生懸命に声を押し殺してました。

「もうヤバい・・・イキそう・・・中に出してもいい?」
「今日はダメ・・・また飲みたいから口に出して・・・」

「じゃあ、ちゃんとおねだりしてよ」
「◯◯さんの飲みたいから口に出して・・・」

「ちゃんとザーメンて言ってよ」
「・・・◯◯さんのザーメン飲みたいから口に出して・・・」

そう言うと腰の動きが速くなり・・・。

「あぁイキそう・・・イクよ・・・」

ナースはおまんこからチンポを抜き、自分のマン汁で濡れ濡れになったチンポにしゃぶり付いて頭を上下に激しく振りました。

「イクよ・・・ザーメン全部飲んで・・・イ・・・ク・・・」

「ん・・・んん・・・」

ナースは最初と同様に全部飲み干してくれました。
その直後にナースがキスをしてきた時は自分のザーメンの味がするみたいで嫌でしたが、超エロいキスで満足でした。

<続く>