リクエスト通りセーラー服で手コキしてくれた元彼女

この体験談は約 2 分で読めます。

昔付き合っていた女性との話です。
小西真奈美に似ていてスラっとした長身の綺麗な感じの娘で、エッチの相性はイマイチだったんですが、とにかく手コキが天才的に激ウマ(^^;)
エッチはあまりしたいと思わなかったので、彼女に会うと毎回手コキをお願いしてました。
ホテルはお金がかかるので、もっぱら車の中で。
車の中にはローションを常備していたので、会うたび会うたびローション手コキをしてもらってました。

手コキの素晴らしさに目覚めた俺は、最高のシチュエーションで手コキをやってもらいたいと考え、色々悩んだ結果、次のような感じでお願いしました。

俺「なぁ、今度はさ、マニキュアしてやってくんない?すんごい派手なやつ。何か興奮しそう」

女「うん、いいよ。他には何かリクエストある?」

俺「そんじゃ、セーラー服にルーズソックス穿いて、俺の足の間で正座しながら手コキして。そんで最後は顔に思いっきりぶっかけたい」

女「ほんと変態だね。こんな変態だと思わなかった」

俺「ごめん、俺変態でいいから、お願いだからやってよ」

女「うん、いいよ、分かった」

そこでリクエスト通りセーラー服にルーズソックスを履いた小西真奈美が登場。
派手なピンクのマニキュアもばっちし!

俺「じゃ、お願い」

パンツをおもむろに下ろすと、すでにギンギンになった息子が彼女の顔の前に。

女「じゃ、失礼します」

足の間に正座し、ローションを手にたっぷりつけて手コキを始める。

俺「ヤバい、超気持ちいい~!」

女「速くしごいた方がいい?」

俺「うん、超速く!」

女「はい」

俺のツボをしっかり捉え、猛スピードでしごく彼女。

俺「ヤバいヤバいヤバい!超ゆっくり、超ゆっくり!」

女「こう?」

またしてもツボを確実に捉えつつ、凄くゆっくり撫でるようにしごかれ、快楽にただただ酔う。

俺「あ~、超気持ちいい~!もうイキそう」

女「いいよ、あたしの顔にビュッてかけて」

俺「うん、ぶっかけるよ!」

そう言って中腰で立ち上がり、彼女の鼻筋にロックオン。

俺「イク!!」

女「キャッ!!」

彼女の鼻筋、髪、ほっぺためがけ、ザーメンが勢いよく発射された。
発射し終わり、冷静になった目の前には、ザーメンまみれのセーラー服着た小西真奈美が。

俺「ごめん、でもすっごく気持ちよかった」

女「よかった。でも次はもっともっと思いっきりビュッてどうぞ」

最高の彼女でした(^^;)
今は何してるかな~?