貧乏学生を男にしてくれた42歳のバツイチ熟女

この体験談は約 5 分で読めます。

俺は22歳の貧乏学生です。
早く童貞卒業したいのですが、彼女も今まで出来たことが無い、全くモテない男です。
彼女が居る友達からセックスの話を聞くと、知ったかぶりで「セックスは熟女とが一番だよ」と嘯いてます。

今、俺たちの年代には熟女の人妻が結構な人気で、中には金持ちの熟女に貢いでもらってる友達も居ます。
セックスも無料で出来て、その上貢いでもらうなんて羨ましい話です。
友達にその人妻との体験を詳しく聞くと、貢いでくれてる人妻は、何でも有りの肉便器状態だそうです。
金を貢ぐ都合の良い肉便器女。
それをどうやって探したのか?

聞くと、暇潰しにやった出会い系サイトで引っ掛かったそうです。
本当に、肉便器って表現しても良い女って居るんでしょうね。
童貞の俺も、貢いでくれる熟女を探す為に、サイトに登録して肉便器女を募集することにしました。
でも、『肉便器女募集』では誰も来ませんでした。
やはり、彼女もいたことのない、モテない童貞男の考えでは難しいです。

まずは童貞卒業が先です。
そこで『童貞を卒業させてくれる熟女』と募集を出したところ、何通かメールが来ました。
熟女からすると、童貞とは貴重なブランドのようです。
何通かメールをやりとりしていくうちに一人の熟女と意気投合し待ち合わせすることが出来ました。

掲示板には彼女の名前は『はるか』さん、体型は『T166、B90・W62・H85』と書いてあり、42歳のバツイチ女性でした。
写メも交換しましたが、黒髪のセミロングのストレートで綺麗な顔立ちでした。

待ち合わせ場所は夜の繁華街。
童貞の僕はもちろん繁華街など詳しくもなく、ほぼ行ったことがなかったのです。
ドキドキしながら待っていると写メで見たとおりの女性が現れました。
そして初対面の挨拶も終わり、彼女にエスコートされるがまま『エリザベス』というバーに連れて行かれました。

その店は、コミックバーと言うらしく、あくまでもオカマバーではないらしい。
横に座るはるかさんを見て、胸も膨らんでるし足も綺麗だし、男性じゃないよなと再確認。
はるかさんを見ている俺を見て、化け物が・・・。

「あら、ぼくちゃん、そんなにじっと見てたら穴が開いちゃうわよ、ってもう穴開いちゃってるわ、わははは」

下品な奴と思いながらも、『穴』という響きに、若い俺は想像力満点で股間が硬くなっていた。
2時間ほど騒いでお店を出ると・・・。

「騒がしかったでしょ?変な店に連れて行ってごめんなさいね」

「いえ、すごく面白かったですよ、最初は戸惑っちゃいましたけど」

二人ほろ酔い気分で繁華街を歩いていると、客引きがカップルだろうがお構い無しに声を掛けてくる。

「いい娘いるよ、どぉ、彼女と一緒に」

無茶苦茶だなぁと思いながらも、周りから見るとやっぱりカップルに見えるんだぁと妙に納得。
するとはるかさんが手も組んできて、「これなら声掛けてこないかなぁ」と下から覗き込むように言う。
その仕草が可愛く見えた。
ドキッ!としながらも、腕に柔らかい胸を感じると、「えっぇぇ、ありがとうございます」と返すのが精一杯。

しばらく腕を組んで歩いていると知らない間に繁華街を抜けてラブホ街へ。
一気に人通りが少なくなり、その独特な雰囲気に自然と二人寄り添うように歩いていた。
そしてどちらからという事も無く、『空』と明るく照らされた建物の入り口へと導かれていった。

お互いドキドキしながら空いた部屋のランプを押し部屋へと入った。
部屋は意外と広く、マッサージチェア付き、お風呂はジャグジーにエアマット付き。
部屋へ入るなり、「すごーい、今こんなになってるんだぁ」とはるかさん。

「はるかさん、お願いがあるんだけど聞いてもらっていいですか?」
「えっ?何?」

「初めてのホテルは、絶対に彼女をお姫様抱っこして入りたいってずっと思ってたんです」
「へぇ~、そんなこと思ってたんだぁ、うん、じゃぁお願いしま~す」

わざわざ入り口まで戻り、はるかさんを抱き上げてベッドへ運んだ。
ベッドに下ろそうとすると、首に巻いた手を離さないはるかさん。
顔を近づけ、そのまま唇を重ねた。
すでに股間はギンギンに硬直。
ブラウスのボタンを外そうとする俺に・・・。

「待って、シャワー浴びさせて」

股間を落ち着かせながら、「あっあぁぁは、はい」と答える。
はるかさんが風呂場へ行った後、僕も後を追って風呂場のドアまで行き、「僕も入っていい?」と強引にお風呂へ入った。

「電気消して」

そう言われ、電気を消して入ると、湯船が色々な色に光り始め、余計クッキリと裸が見えた。
はるかさんは、「え~っ、湯船が光るんだぁ」と驚いていた。

一緒に湯船に入り、お互い向かい合って座ると恥ずかしかったので、はるかさんの手を引っ張り、背中から抱き締めるように向きを変えた。
後ろから抱き締めると、俺の両手を抱え込むようにするはるかさん。
後ろから胸を揉み、乳首を摘むと声をあげてくれた。

「ダメ、後で、あっ、あっん」

手をマンコへと滑り込ませる。
茂みを掻き分けクリからスジに沿って指を這わせると、お風呂の中でもマン汁の温かさとぬめりを感じた。

「ダメ、ダメ」

マンコを弄る手を挟むように両足を絡ませる。

「もぉダメだって、のぼせちゃった、出ちゃうよ」

強引に湯船から出た。
慌てて湯船から出てベッドへと潜り込んだ。
備え付けのパジャマを着て横たわるはるかさん。
後ろからパジャマの中へと手を滑り込ませ、胸を揉むと向きを変え抱きついてくる。

「ねぇ、彼女居るの?」

「えっ?あの」

「ううん、いい、言わなくて、ゴメンね。でも今だけは彼女でいさせて」

唇を重ねると向こうから舌を絡ませてきて、ちょっとビックリ。
絡まる舌に我を忘れ、がむしゃらに胸をしゃぶり、乳首を甘噛み舌で転がした。
経験の無かった俺は、必死でAVで見たように頑張った。
徐々に下へと動き、両足に挟まれるように股間へと鼻でクリを刺激しながら舌でマンコを舐め回すと、マン汁が溢れ流れ始めた。
ピチャピチャと音を立てるマンコ。
マン汁を吸い上げながらマンコをしゃぶっていると、陰毛が喉に引っかかった。
慌てて洗面所へ行き、うがいをしてようやく落ち着きベッドへ戻った。

「ごめんなさい、大丈夫?」

「大丈夫、もう大丈夫」

「今度、私がしてあげるから」

はるかさんは硬直したチンポをしゃぶり始めた。
チンポに絡みつく舌が気持ちよく、一気にはるかさんの口の中へと発射。

「ごめん、出ちゃった」

「ううん、いいの、嬉しい」

イッてもすぐ元気な息子を見て、「来て」とはるかさん。
マンコに導かれて挿入。
はるかさんの膣中は温かく気持ちが良かった。
徐々にピストン運動を始め一気にフィニッシュ。
感じてくれたのか、背中に爪を立てるはるかさん。

「あっぁ、イッちゃった。ごめんなさい、爪立てちゃった。痛くなかった?」

「大丈夫、心配しないで」

その後何度も愛し合い、心地よい疲労を感じながら眠りについた。

目が覚め、またゴソゴソとはるかさんの胸を触っていると、起き出して来て、朝からまた始めてしまう。
その日は昼までホテルに居て、ランチ後、はるかさんの部屋へお邪魔して、結局お泊り。
今でもお互い部屋を行き来して、半同棲のような生活を送っています。