マドンナの逆襲

この体験談は約 2 分で読めます。

今年の正月、高校の同期会が東京でありました。

私は30歳で初めての参加でした。
大学も歯大で一緒の友達同士で盛り上がっていると、一人の女性がその輪に入ってきました。
驚いたことに、マドンナ“J”でした。

友達がJに粉をかけてたのを知っていたので、私は遠慮してちょっとキスするくらいで抑えていたのですが。
昔、彼女から強烈なラブレターを貰ってから、腰が引けていたのが正直な所です。

友達が半ば強姦する形で体の関係を持った彼女は、大学卒業と同時にその友達と結婚しました。
そして今はその友達と離婚・・・と、波瀾万丈です。
子供は彼女と暮らしているらしいです。

「彼女は私が出席するのを知って、札幌から駆けつけた」と、他の女性が耳打ちしてくれました。

昔貰ったラブレターを無視した負い目があって、彼女のリクエストには従わなければならない雰囲気に押されていました。

「ドライブに連れて行ってよ!!」と酔った彼女が仕掛けた来た時、私は遠慮する言葉が出ませんでした。

翌朝ホテルへ迎えに行くと、学生の頃と同じジーンズ姿で10歳は若く見えました。

新春の箱根から伊豆へ抜け、修善寺に着いたら、「一緒に温泉に入ろうか」って誘ってきました。
私も彼女も独身同士なんで、関係が深まろうが何の問題も無いので、ブレーキが掛かりにくかったのも事実です。

結局、旅館に一泊することになりました。
彼女は、着替えの下着などをちゃんと持ってきていたのには驚きました。

30代の大人同士のセックスは、技比べの感があり、二人とも十二分に堪能したのは勿論です。

「子供の教育のために私も東京へ引っ越そうかな・・・」なんて相談されています。

新年早々、歯が痛くなりそうです。