テレフォンセックスしていた近所の奥さんと

この体験談は約 3 分で読めます。

通りを隔てて斜め向かいにあるマンションには多くの家族が一家団欒を過ごしている。
ウチのベランダから見える部屋は6階までの12世帯。
その内、2階の一軒は比較的カーテンを開けていることが多かった。
ウチが5階なので、その家は見下ろす形で部屋の中まで見えた。
僕は平日に休みができると双眼鏡でその家を覗くのが習慣になっていた。
最初はベランダで洗濯物を干している奥さんが気になり、もう少しアップで顔が見たいというのがきっかけだった。

ある日、いつものようにベランダで洗濯物を干す姿が見えたので、双眼鏡を取り出して窓の縁から覗いていると、干し終わった奥さんは部屋へ戻ると、電話の子機と小さな紙袋を持ち、ソファに座った。
電話をし始めた奥さん、クスクスと笑いながら話をしている。
次第に手が胸元へ移動し、服の上から胸を揉み始めた。

僕はすぐに状況を理解した。
双眼鏡からビデオカメラに持ち替え、撮影を始めた。
奥さんは電話の相手とテレフォンセックスをしているのだ。
感じ始めると徐々に服を脱ぎ、素っ裸になった。
ソファに寝ると股間を激しく弄り、腰を浮かせながら悶えた。
そして先程の小さな紙袋からバイブを取り出すと、フェラチオをイメージしているかのように舐め、その後股間へバイブを埋めた。
体勢を四つん這いに変え、こちらに股間が丸見え状態のままバイブを激しく抜き挿しし、痙攣したかと思うとバタンとうつ伏せで果てた。

そのようなビデオが5本ほど貯まったある日、道端でその奥さんに会った。
鼓動が激しくなり、思わず奥さんへ声をかけた。

「こんにちは」

もちろん彼女は怪訝そうな顔をしてこちらを見るだけだった。
しかし僕が、「奥さんの秘密を知ってしまいました」と続けると、奥さんは驚いた表情で話の続きを聞いてくれた。
ビデオの話も含めて全てを話すと、「困ります・・・」と小さな声で答えた。

「撮影したビデオを投稿するとか晒すとか、そんな悪用はしません。でも気持ちが収まらないんです」

僕が告げると奥さんは、「どうしたら良いですか?」と返してきた。
不安はあったが、奥さんの態度が意外にも大人しかったので、僕は思い切って、「直に見たいので、言うことを聞いて欲しい」と告げた。

周囲には近所の人もいたので、背中を押すようにして奥さんの自宅へ強引に上がった。
部屋へ入ると、ソファでしていたことや、小さな紙袋にバイブを隠していることなど、これまで見てきた全てを話した。
すると奥さんは覚悟を決めたのか、「どうすればいいですか?」と僕に尋ねてきた。

「僕の目の前でいつものようにオナニーをして欲しい」

奥さんが躊躇しているので、僕は電話の相手のように奥さんを犯すイメージを話し始めた。
すると奥さんは次第に感じ始め、自分で胸を揉み、息も荒くなってきた。

「こんな事がしたかったんだろ?」

「そう、激しく犯されたかったの」

ついに奥さんが本性を現した。
激しく感じ始めた奥さんは、「お願い、私を犯してください」と僕にすがってきた。
僕はここぞとばかりに強引に奥さんをソファへ押し倒し、残った下着も全て剥ぎ取り、夢にまで見た股間に顔を埋めた。
びっしょりと濡れた秘部は感度も増していて、少し舐めただけで大きな声をあげた。
僕の指はすんなりと穴の中に潜り込み、激しく掻き回すと奥さんは、「もう駄目!イク!」と言って何度も果てた。

それでも僕は手を休めず、攻め立てながら服を脱いで臨戦体勢に入った。
硬くなった肉棒を生のまま穴へ宛てがい、ゆっくりと腰を沈めた。
生で入ってきた感触がわかったのか、一瞬焦った素振りを見せたが、僕の激しい攻めに声にならなかった。
そのまま体位を変えながら攻め続けると奥さんは・・・。

「こんなの初めて、お願い。もっと感じさせて」

そう言って喘ぎながらしがみ付いてきた。
お互いに汗だくになって乱れ続けた。
そして体位を正常位へ戻すと一気にフィニッシュまでスパートをかけた。

「このまま来て!」

奥さんは僕を掴み、自ら腰を押し付けてきた。
僕も我慢の限界になり、「イクぞ!このまま中へ出すぞ」と腰を振り立てた。
お互いに熱い体を密着させた。
しばらくして身体を離し、奥さんが照れくさそうに差し出したタオルで身体を拭いていると、「すごくよかった・・・」と呟くように言った。

ダンナは仕事人間で家でもほとんど会話もなく、2年以上もセックスレスで悶々として過ごしていたらしい。
今はビデオカメラを持参して様々なハメ撮りをして楽しんでいます。

タイトルとURLをコピーしました