痴漢を追いかけたらトイレで処女を奪われた

この体験談は約 3 分で読めます。

電車で通学してた高校の時です。
よく痴漢に遭いました。
たぶん同じ人にされてたような気がします。

高校のスカートを短くしてた私は後ろからスカートを捲り上げられ、パンツの中に手を入れられお尻を揉まれました。
そこまでされたのは初めてだったので私はかなり頭にきてしまい、次の駅に着く直前にかなり抵抗してたら、駅に着いた瞬間、痴漢はドアから出て走り出しました。
捕まえてやろうと思い、思わず走って追いかけました。
逃げる痴漢が私に気付き、ホームを上がり、トイレの方に駆けていきました。
私はその意図にも気付かず追いかけてしまいました。

障害者用のトイレに入るのが見えたので、私は駅員を呼びに行こうと駅員室に向かいました。
しかし、すぐ腕を掴まれ、障害者用のトイレに連れ込まれてしまいました。
何が起きたのか分かりませんでした。
男は私の両手を後ろにして、自分のネクタイを外して手すりに縛りました。
男は「電車の中の続きだ」と言い、スカートを捲り上げ、パンツを膝まで下ろされ指を入れてきました。
私は処女だったので恐怖と怒りに震えましたが、何もできませんでした。

少しずつ指を動かす音が広いトイレに聞こえ、指が二本入ってきました。
男の片方の手は私の制服のネクタイリボンを解いて、ブラウスのボタンを外し始めました。
ブラジャーの下から手を入れられ、乳首を揉まれ始めました。
私は気持ち悪くなり、「やめてください!」と言いましたが、それが余計に興奮させてしまったのか、男は股間を私に押し付けてきました。

ブラウスを全開し、ブラジャーを上にずらして、胸がワイヤーで潰されてる所を写真に何度も撮り、舐めたり噛んだりしてきました。
胸は全然感じなかったのですが、アソコに入れてた指を出すと、男はガサガサ鞄を探ってました。

(冷たい!)

アソコの中でバイブレーターがジンジン動き出しました。
初めての感触に驚きました。
私がバイブレーターの動きに感じてる事はすぐに男にも悟られました。
出したり入れたり擦りつけたり楽しんでいます。
ついに私の腰がビクビクとしてきてしまいました。
恥ずかしくて耐えられませんでした。

男はバイブレーターを抜いて、自分のモノを挿入しようと私の腰を持ち上げたりしてますが、後ろに手を繋がれてるのでうまく入りません。
バイブレーターでグチョグチョになっているアソコに男は入れる前に、私の太ももに擦りつけて果てました。
精液が私の足を流れるのがわかりました。

私は入れられなくて良かったと安心してました。
でも、まだ悪夢は終わりませんでした。

手を解かれ洋式便器の上に手をつかされ、お尻を高く上げた状態でスカートを捲り上げられました。
後ろから私の陰部は丸見えです。
またバイブレーターを腰がビクビクなるまで入れられ、またイク寸前で抜かれて、今度は男のモノが一気に入ってきました。
バイブレーターより太く痛いので、「やめて!痛い!」と何度も叫ぶと、男は私のお尻を叩き、「嘘つけ、こんなに濡れてるくせに!」と言われてしまいました。

悔しいのにだんだん感じてくるみたいで、男が突き上げる腰の動きに私の体も合わせて、気付いたら「アッ、アッ」と声が出ていました。
ブラウスの中で胸を揉みながら、男は、「あ~イク」と凄い腰の振り方で、私のお尻に精液を吐き出しました。

どうやら一時間程経過してたようです。
私もクタクタになり、自分でトイレットペーパーでアソコやお尻を拭きました。
でもパンツが見当たりません。
男は写真とパンツで私を脅し、次の日も近所の公園のトイレに来るよう言われました。

親や学校にばら撒かれたら困るので、次の日はお金を持って公園に行きました。
男はお金は受け取らず、またトイレで私を犯しました。
二回目は、やはり私は感じてしまい、その日はフェラもさせられました。
公園や駅トイレでは飽きたとベンチにノーパンで座らされ、人前でバイブレーターを入れられてイッたこともあります。
数ヶ月、そんな事が続きました。

あれから5年経ちますが、彼が出来ても普通のセックスでは満足できず、でも自分の体験とレイプ願望は言えずにいます。
今も、たまに電車に乗ると期待してしまいます。
やっぱりレイプされたら普通には戻れないのでしょうか?