私好みの男の子に仕上げるまで・後編

この体験談は約 3 分で読めます。

今では、毎日、朝、夕方に、性交、というより“交尾”と言ったほうがぴったりするような激しい性交です。

多いときで、一日の性交回数は6回以上に及び、少ないときでも4、5回してるでしょうか。
若いって貪欲で、すごいですね。

続けての性交での射精は、精液の量は少し少なくなって、濃さも薄くはなりますが、何回でも続けて射精出来るのですね。
それでも、まだ物足りないようで、いつも、陰茎を勃起させているようですわ。
そのため、あの子の陰茎の皮は完全にむけ、いつも亀頭露出しています。
そして、陰茎は、私の淫水で淫水焼けして、少し黒ずんできたかしら。

あの子が、学校へ行く前に立ち寄る朝は時間が無いので、玄関でしますの。
私がお辞儀をするような格好で床に手をついた姿勢で、あの子が背後に回り、私のロングスカートを大きく捲り、パンティを脚から抜き去って、私の脚を大きく開かせて、足の間に潜り込んで、私のおまんこを両手で大きく開いて、おまんこの匂いを嗅ぎ、そして舐めて、膣の中のお露をすするんです。

成熟した女性は夜のうちに、たくさんのおまんこ汁が膣の中に溜まり、それが、夜寝ている間に、おまんこの体温でチーズの様に蒸れて、朝方はあの女性特有の分泌物の白いオリモノとなって、パンティや性器を汚すのですが、この子は、このオリモノをすべて舐めて、飲みこんでしまうんです。
それほど、男の子にとっては、おいしいものなんでしょうか。

男の子が、おまんこをキレイに舐め終わるころには、おまんこへの舌の愛撫と、吸引の心地よさで、新しい淫腋がトロトロと、膣から溢れ出すのです。
この頃になると、男の子はズボンとパンツを下ろし、後ろからおまんこに固く勃起した陰茎を挿入し、激しく突いてくるのです。
最初の射精はすぐやってきます。

男の子が射精するときはすぐ分かるの。
なぜって、体が少し震わせたかと思うと、腰を強く押しつけて、出来る限り膣の奥、そう、子宮口に精液をかけようとするの。

動物の生殖本能なのね。

そして、陰茎が膨らんだ様な感覚があって、それから、ドク、ドク、ドクって射精が始まるの。
暖かい精液の射出を膣の奥に感じる快感は女性でなければ、わからないと思います。
その快感で膣がキューって締まるんです。

男の子は、一回射精しても、そのまま、突いてきて二回目に突入するんです。
男の子が挿入したまま、腰を前後に動かすと、さっき射精した精液が、膣の中で、男の子の陰茎にこねくりまわされて、ネチャネチャと卑猥な音がおまんこから漏れるんです。
そのうち、最初の精液が膣から流れ出して、太ももを伝います。
やがて、2回目の射精が始まるんです。

この頃になると、あまりの気持ちよさに、陰茎を膣できつく締め上げたまま、腰がくねくねと、自然に動いてしまうのです。

やがて、男の子の陰茎が萎み、膣から抜け出るのと一緒に大量の精液が、床の上にポタポタと垂れます。
私は、すばやく、生理用品のナプキンをおまんこに当てて、その上から、洗濯済みのパンティを穿きます。
男の子には、それまで穿いていた私のパンティを穿かせて、学校に送り出すのです。

私がナプキンを使うのは、大量の精液が膣から流れ出して、パンティを汚すのが嫌なのと、ナプキンに染み込ませておけば、いつでもあの子の精液の匂いが嗅げますから。
それから、学校から帰って来たら、それまでおまんこに付けていたナプキンを男の子の顔に押しつけて、私のおまんこの匂いと精液匂いの混じった匂いを嗅がせることもできるでしょ。

私の匂いも自分の精液の匂いも好きになってほしいんです。

男の子に私のおまんこ汁で汚れた、パンティを毎日穿かせて、学校にいかせているのは、私のおまんこの感触を、授業中も忘れないようにするためなの。
そして、学校から帰ってきた時、より激しく交尾をするためには、いつも欲情させておくことが必要なの。

「学校で我慢できなくなったら、穿いている私のパンティの匂いを嗅いだり、舐めたりしてもいいけど、オナニーをして、自分で出してはだめ。あなたのおちんぽも、精液もみんな私のものだから、射精は私の膣の中だけ」と、きつく言ってあるの。

学校で射精すると、パンティにも精液が付くからすぐわかるの。
完全に射精が終わっても、尿道に溜まっている精液は時間をかけて、ゆっくり出てくるから、パンティを汚すのよ。

こうして、男の子の辛くて長い学校生活が始まったの。

これから、私好みの男の子に仕上げるまで、調教はまだまだ続きます。

悦子

タイトルとURLをコピーしました