初不倫相手は最初はただのメル友でした

この体験談は約 3 分で読めます。

相手の男性とは最初はメル友でした。

お互いメル友になって1ヶ月を過ぎると、相手から「会おう」と。
待ち合わせに来たのは180cm以上の長身の男性が。
外見も素敵だし、同級生で話も合うので映画を見ようとデート開始。

久々に夫や子供を忘れ、上映中は手を繋いで鑑賞していました。
人気の映画でしたが、平日の昼間というのと、上映終了間近な為か空いていました。
上映が終わり、彼に手を引かれ人気の無い映画館の隅に連れて行かれ、いきなりキスをされました。

優しいけど、凄く上手いんです。

唇が離れ、ぽ~っとしていると耳元で「ホテル行く?」と囁かれ、耳を甘噛みされ、私の身体が一気に熱くなりました。
頷くとそうなる事を予想していたらしく、裏通りのホテルに入りました。
ホテルのエレベーターに乗るとキス。
部屋に入るとまたキス。

お互いの唾液で唇がビショビショになると、彼に「我慢出来ない。風呂に一緒に入ろう」と言われ、お互いの洋服を脱がし急いでお風呂へ。
湯船にお湯を溜めていなかったので、シャワーで洗いっこをしました。
たくさんの泡で、私の胸を優しく洗ってくれ、乳首もすぐに立ってしまいました。
お互いの性器を丹念に洗うと、身体を拭きベッドに。

「今日は俺に任せて。思いっきり感じてよ」と言い、キス。

首、背中、胸、太ももと丹念に愛撫してくれました。
自分で触らなくても、性器がビショビショに濡れているのは解りました。
いよいよ触られるのかと思ったら、私の横に寝そべった彼。

交代?と思ったら、「俺の顔を跨いで。よく見たいんだ」と。

恥ずかしいけど、どうにかして欲しくて自ら跨いだんです。

ゆっくり腰を落とすと、性器を開き「丸見えだよ。凄いビショビショだ。もっと濡れなよ」と言うとクリを指で刺激しつつ、舐めてくれました。

ずっと、我慢していた声も思わず出てしまい、激しく感じてしまいました。
彼の長くて太い指が私の膣を掻き回し、クリを舐められ、限界なのを伝えると「イッたマンコが見たい。我慢しないでイッて」と言われ、そのまま激しく絶頂を迎えてしまいました。
私のヒクヒクしている性器を見ながら「今度はコレはどう?」と、彼を跨いだまま、私の向きを変え彼の大きくなった性器を見せました。
頑張って竿やタマタマを丹念に舐めると、先っぽからしょっぱいお汁が。

「気持ちイイからご褒美をあげるよ。振り向かない舐めてて」と、言うと枕元に置いてあった、彼の鞄から何かを出していた様子。

「見ちゃダメだよ」
「うん」

少し間があった後、冷たい何かが私の性器にニュルッと入ってきました。

「ヒャッ!」と悲鳴をあげると、
「大丈夫、濡れてるからすぐ慣れるよ。イキそうになったら教えて。ダメだよ、俺のも舐めてよ」

言い終わらないうちに膣に入ったモノがウィ~ンとモーター音をさせながら、掻き回し始めました。

思わず「あぁ~!」と悲鳴に似た声をあげると、

「凄いよ、マンコがヒクヒクしてる。自分で見てみなよ」と、私の両足を抱きかかえながら、大きな鏡の前で見せました。

私の膣の中にはスケルトンタイプのバイブが。

初めてのバイブは私を興奮させ、彼が出し入れする度にジュボジュボと卑猥な音をさせ、愛液がしたたり落ちています。
私を四つん這いにすると、バイブを入れたままクリを舐め、また私だけ絶頂を迎えました。
ぐったり四つん這いの姿勢のまま、ぼ~っとしていると「俺もそろそろ限界。ゆかのマンコ、卑猥で興奮するよ」と言うと、彼の太くて大きな性器が後ろから突き刺さってきました。

ブチュ、ジュボっと卑猥な音と、「思ったとおりのヒクヒクマンコ、最高!」と彼の言葉に酔いしれました。

体位を変え、騎乗位になると「ゆか、腰を使って動いて。マンコが見えるようにだぞ」と、足を開き言われ必死に動きました。

また、私の限界が近付いてくる頃、彼も私たちの結合部分を見て興奮していたようで、

「ゆか、上手いよ、俺イキそう。どこで出していい?このままイキたいよ」

私も限界だったし安全日だったので、中出しOKしました。
私の方が先にイッしまい、膣がヒクヒクしてると「おぉ、凄い締まってるよ!」と、体位を正常位にし、激しく突かれました。
彼の精液が私の膣に放出されたのが解り、彼も果てました。
私の膣からトロリと出た精液を写メでパシャリと撮り、「記念ね」とニンマリ笑ってました。
その日は体位を変え、ベッド、湯船の中と2回しました。

そんな彼と別れて一年、そろそろ激しいエッチがしたい今日この頃です。