堅物だった妻が覚えたエッチな夜遊び・前編

この体験談は約 3 分で読めます。

私たち夫婦の、変な夜遊びを教えます。

結婚18年で、私達は39歳と37歳の年を迎えました。
妻は元々真面目で、男は私1人しか知りません。
私はエッチ好きで、妻には色んなプレーをして欲しかったんですが、なかなか堅物で、了承を得ることが出来なかったんです。
私が言うのも何ですが、妻は身長163cmで、体重53kg、胸はEカップという感じで男好きのする体型をしています。
30半ばから下半身の肉付きも良くなり、もうたまりません。
ちょっと茶髪でショートヘアー、顔も美人系で吉瀬美智子さん風でしょうか!

そんな妻とも人並みに夜の営みはしていました。
妻は昼間はなかなか言う事を聞いてくれませんが、夜の営みが始まるとなかなかいい声で鳴いてくれます。
道具も使わせてくれるんですが、写真はNG!
もう少しで・・・なんて思うんですが、いざとなると堅物に戻ってしまい計画破断。

数年前、私は気づいたんです。
妻は本当はエッチ好きで、私の望みを受け入れてみたい、という願望があることに・・・。
しかし子供に知れたら・・・、そう考えている事を知りました。

そんな時、息子が高校進学し学校の寮に入ることが決まったんです。
1人息子が居なくなり、家は何だか淋しくなりましたが、妻との夜の営みも激しくなって、NGだった写真も撮らせてくれる様になったんです。
なので、「外でやってみたくないか?」と聞くと、「恥ずかしいわ!誰かに見られたら」と言うのです。
しかし、「じゃ、離れた土地なら良いだろ!」と聞いてみると、「ん~、考えてみるわ」と今までとは大違いな発言。
数日間、妻を説得し、妻がOKを出しました。

シャワーを浴びた妻に肌の露出が多い服を着せ(あらかじめネットで購入)、車で30分程走った公園で私は妻を連れてベンチに座りました。
夜9時を過ぎ、人影はありません。
妻にキスをしながら胸に手を当てると既に乳首が起っていました。

「誰か来るんじゃなの?」

そんな心配を他所に、妻のスカートの中に手を入れると既にびしょ濡れです。
M字に座らせ私は妻の股間に口を近づけ、濡れたマンコを舐め始めました。

「あ~気持ちいいわ・・・でも見られてないか心配」

「大丈夫だよ!俺達のことを知っている人は居ないんだし」

「そうだけど・・・」

ゆっくりと妻を責めると、「あなた!もう欲しいわ!早く入れて」と息を荒らす妻。

私もズボンを脱ぎ、妻にフェラチオさせていると、一瞬誰かと目が合った様な・・・。
そんな中、妻は必死に俺のチンポにしゃぶり付き、「あなた美味しいわ」と声を出す妻。
やはり何か気になった私は、もう一度生垣の方を見ると、やはり男性らしき男が1人こっちを覗いています。

(どうするか?)

悩みましたが、見せつけることにしました!
妻は全く気付いていない様子で、喘ぎ声を上げていました。

妻を全裸にしてベンチに四つん這いにさせ、バックからパンパンと音を立てながら責めまくり、覗く男に見せつけてやったんです。
ハァハァ息を荒らす妻は、「あなた!最高に気持ちいいわ。こんなの初めて」と悦びを表しています。
妻が何度かイキ、私も限界に近付いたので、妻の口内へ射精して飲ませたんです。

お互い服を着てベンチで休みながら、以前はこんなプレーを拒否した事を聞いてみると、やっぱり子供には変態な母の姿を知られたくなかったと言います。
エッチな姿を見られてみたいという願望もあっても、知られたら困るという感じでしょうか。

「誰も知らない土地だったら・・・子供も近くに居ないし」

そう思ったと言います。

いつの間にか覗いていた男性の姿もなくなり、帰路に就きました。
この公園には、その後も何度か訪れてプレーを楽しんでいますが、同じ男性に何度も覗かれています。
妻も2回目の時には男性の視線を感じた様で、恥ずかしいと言いながらも大胆に見せている様に思えます。
帰りの車中では、「見られている方が興奮するわ!そのうち私、犯されるのかなぁ」などと犯され願望まで明かす始末。

最近は、妻にエッチな姿をさせ、夜な夜なアダルトショップに出掛けたりしています。
妻もすっかりエッチになり、男達の視線に酔いしれている様です。
その内容は後日また・・・。

<続く>