姫初めから始まった俺と妹の中出し生活・第2話

この体験談は約 21 分で読めます。

元旦に妹の紀子(ノリ)とやってしまって、まだ1月23日なのにエッチの回数は10回を超えた。
会社帰りに待ち合わせして、ラブホで妹と何度もエッチした。
お互いに慣れてきたのか、妹の好奇心もあり過激なエッチもしてる。

先日の1月18日土曜は、凄いことになってしまった。
妹の生理の関係で5日間おあずけだったからなおさらだ。
ハッキリ言って俺とノリのエッチの相性はバッチリすぎるくらいだ。
兄妹だから体の構造が合うのかもしれないが、合体してる時の安定感は抜群だ。

1月18日。
両親は遅くなったが新年の挨拶で1泊でおふくろの実家に行った。
俺たちも来るように言われたが、二人ともそれぞれ予定があるからって断った。
まあ、これはノリが考えて言い出したんだけどね。

「18日ってさ、お母さんの田舎行くじゃん。私、お兄ちゃんと二人になりたいなあ」

「ははは、いいよ。俺もノリと家に居たいし」

「じゃあ・・・またやろう?お兄ちゃん!ねっ?」

ということで当日、両親を送り出してしばらくしてから。

「ノリ、出かけるぞ!」
「え?お兄ちゃんどこ行くの?一緒に居てくれるんじゃないの?家でやるんじゃなかったの?」

「ばーか、家じゃまずいだろ。一緒にラブホ行くぞ!」
「あ!うん!行こっ!やったあ!!ちょっと待ってね。着替えてくるぅ!」

妹はニコニコで着替えに行った。
しばらくして、白いウールのコートを着てリビングに戻ってきた。
可愛くメイクしてきた。
俺好み。
コートの下は何着てるんだ?わからん・・・。

「お待たせぇ~!お兄ちゃん!新聞なんかいいから早く行こう!」

「おう!」

いきなり抱きついてきた。
キスをせがまれた。
抱き締めてキスした。
それもお互いに舌を絡めてディープキス!
いくらキスしても足りないくらいで激しくなってしまった。
完全に着火状態になった。
チンコはパンツの中でギンギン!

「ハア、ハア、お兄ちゃん早くホテル行こう。ノリ、お兄ちゃんのこれが欲しい。入れたいよぉ・・・我慢できないよぉ~!」

Gパンのチャックを下げてパンツの上から俺の硬くなったチンコを握った。

「俺も。じゃあ、行くぞ。おいノリ、口紅。直せ」

「ああ!うん!」

急いで綺麗に拭いて洗面台で口紅を塗り直してた。
俺も口のまわりを濡れタオルでゴシゴシ。
車に乗って、家から30分のラブホへ。
助手席の妹は右手を伸ばしてずっとGパンの上からチンコを握ってた。
途中コンビニでお昼ご飯や飲み物買って。
もちろんスキンも買った。
2ダースも買ってしまった。

車の中で・・・。

「お兄ちゃん2ダース?ってあり得ないでしょ。そんなにしたらノリ壊れちゃうぅ~。でも嬉しいな♪」

「ははは、勢いで買っちまった。俺、溜まってるからさ」

夕方までの6時間!ノリと一緒に居られる!

チェックインして部屋に直行。
ドアを閉めてソファに荷物を置いて、そのまま抱き合ってディープキス。
ねっとり舌を絡めて、吸いあって。

「お兄ちゃん、我慢できない!このままノリに入れて。早くぅ、オチンチン欲しい♪!」

とチンコを擦った妹のコートを脱がしてソファに置いた。
赤い超ミニスカート!
上はクリーム色のニット姿だった。
黒いストッキングはガータで止めてた。
ストッキングに伸びてるガーターのヒモが丸見えだった。
セクシーで可愛いったらありゃしない。
我慢できなくて、俺はそのままGパンとパンツを膝まで下ろした。

「うひゃあ!おっきくなってるぅ!硬くなってるぅ~♪!」

妹は元気なチンコを見て大喜びした。
ノリに抱きついて、後ろ向きにしてソファに両手を置かせてミニスカートを捲った。
チラチラ見えていたが黒のショーツだった。
黒いブーツ姿でガーターと黒いストッキング、黒ショーツ丸出しの妹見たら興奮してしまった。
俺は黙ってショーツを引きずり下ろすと、立ちバックで入れることにした。
ノリのマンコに手をやると、もうすでに濡れ濡れ状態。
すかさずスキンを2枚箱から出して、チンコに被せた。
俺は安全のために、いつも2枚重ねにしてる。
妹のマンコを指で開いて入口に先っぽを当てた。

「ノリ、濡れてるぞ。一気に入れるぞ!」

「やったぁ!私が入れちゃう!」

妹が腰を突き出して自分からチンコを飲み込んだ。
半分入ったところで俺は妹のお尻を掴むと一気に押し込んだ。
ずっぽり根元まで入った。

「ヒャン!!」
「ウッ!」

俺も声が出た。

「お兄ちゃんのって最高!子宮に当たってるぅ!動いて!」

「俺もノリの最高!ノリお前が腰振ってみろ」

そのまま妹が腰を振って、チンコを出し入れした。
足を閉じさせた。
急に締りがきつくなった。
また妹が可愛い声で鳴き始めた。

「アン!キャン!いい!お兄ちゃん!いい!」

俺はとにかく一発目は早く出したくて、妹の腰の動きに合わせて俺も腰を振って妹の中に勢いよく突き刺した。

パン!パン!パン!パン!!

妹のお尻に俺の下腹が当たる音がすごい!
子宮口に先っちょがぶつかるたびに妹は仰け反って、声を上げた。

「アン!アン!アン!早くぅ!出して!お兄ちゃん!」

「おう!もうちょっとな!」

「いっぱい、いっぱいノリに出してぇ!」

パパパパパパン!
俺は妹のお尻を両手で鷲掴みすると、前後に猛スピードでガンガン振った。

「ノリ!出すぞ!」

「ア!アアアアアア!アン!い!い!よ!」

最後に膣口近くまで抜いて、一気に子宮口まで突っ込んだ。
先っちょを子宮口に押し当てた。
勢いよく精子が飛び出した!

「あうぅぅぅ!イッグゥゥ!」

妹がソファの背もたれを握り締めて、エビ反った。
膣がギューッと締まった。
俺は腰を押し付けてグルグル回転させて、ノリの中に溜まった精子をぶちまけた。
スキンの中だけどね。
出し終わって妹のマンコからチンコを引き抜いた。

妹がこっちを向いて、「お兄ちゃんスゴーイ!出たねぇ。先っちょボヨンボヨンだよ?」と、スキンの先端の溜まった精液を摘んでた。

「出た出た!なあ、スキン取ってくれる?」
「うん!お兄ちゃんの精子だぁ!ねえ、これ飲んでもいい?」

「はあ?後でフェラしてくれよ。その時飲んでくれよ」
「いいよ。じゃあ後で飲んじゃうってことでね」

「ノリ、お前のも拭いてやる」

ティッシュで妹のマンコを綺麗に拭いてやった。

妹が膝のところで止まってたショーツを穿いて・・・。

「お兄ちゃん、お風呂入ろっか?」

「ん?ちょっと一息入れよう。まだまだ時間はたっぷりあるから、慌てるなって」

そう言ってパンツとGパンを穿いた。
とりあえずソファに座って妹を抱き寄せて、ちょっと休憩。
ノリはその間ずっと俺の柔らかくなったチンコを握ってた。
せっかく仕舞ったのに、チャックを下ろして引き出して握った。

「お兄ちゃんのビッグなオチンチン大好き!ノリさぁ、お兄ちゃんとできるなら恋人なんかいらないもん!」

「おいおい!恋人ができるまでの間ってことだっただろ?俺だって彼女作るより、ノリのがいいけどさ」

「じゃあ、お互いに恋人できたり、結婚してからもやろう?そうしよっ?ねっ?お兄ちゃん。ああ~!もう大きくなってる!」

俺は復活してしまった。
ノリが弄りまくるから・・・。
いきなり妹は咥えた。

「おい!焦るなって!」

「う・・・いいの!お兄ちゃんの美味しいな!」

ジュッポ!ジュッポ!

激しいフェラだった。
まるでちぎり取られそうなくらいのバキュームフェラ。
まだ5時間半以上もあるのに・・・30分たらずで2回?
このペースじゃ後半持たないぞ?

「ノリ!ストップ!待てって」

「なんでぇ?精子飲みたい」

俺は時計を見せた。
こんなペースじゃ俺がグロッキーになってしまう。
やっと妹もわかってくれた。

「そっか、男の人って出せる限界があるもんね?でも2ダース買ったよね?限界に挑戦するってのはどう?」

「あほ!あのなぁ・・・そりゃあいくら溜まってるったって24回もできないよ。まあ、ノリは20回ぐらいイッちゃいそうだけどな」

妹は黙ってニヤニヤ笑ってチンコを捻った。

「痛ってえ!!何すんだよっ!」

「へへへ・・・いじめちゃった」

一緒にお風呂ってことで、お互いに服を脱がせた。
妹のおっぱいはやっぱ大きい。
Dカップとはいえ垂れてないし、乳首が上にツンと向いている。

「お兄ちゃん触ってもいいんだよ」

俺は両手でおっぱいを包み込んでみた。
が、溢れてしまう。

「ノリのはほんとに大きいな」
「ええ~、もっとデカいのいるじゃん!EカップやFカップとか」

「いや、俺にはこれくらいがいいや。あんまデカいのは牛みたいだから好きじゃない」
「う、牛!?ひどーい!じゃあ、由紀子や和美は牛なんだなあ・・・」

巨乳の友達の名前を言った。
お風呂でシャワーで妹の体を流して、ボディシャンプーで全身洗ってやった。
洗ってる最中に妹は1回イッてしまった。
そのあと妹が俺を洗ってくれた。

洗い終わって。

「ノリのあそこ、綺麗になってるか見てやるよ」

「え?お兄ちゃんさっき丁寧に洗ってくれたじゃん。イッちゃったけど・・・」

妹を立たせて、床に座って妹の股間を見た。
まだ形が綺麗だ。
割れ目を開いて、顔を近づけた。
あそこは濡れ濡れになってた。
洗ったせいじゃなく、すでに妹の汁が出てきていた。
クリトリスはまだ隠れていた。
指で包皮を退かしてクリを出した。

「いや~ん、お兄ちゃんったら。エッチぃ!」

クリに舌を当てた。

「あっ!きゃん!」

ツンツンと舌でつっついて、クリの周りを舌でゆっくり回すように舐めた。
吸って舌でレロレロと舐めて・・・。

「あん!いい!あ!もっとお兄ちゃん舐めてぇ~!あ!あ!」

妹が腰をくねらせて感じてた。
クリだけじゃなくビラビラを口に含んで舌で舐め回し、膣の入口も舐めた。
汁が溢れてくる。
そのまま飲んだ。

「ああ~、飲んでるぅ!お兄ちゃん・・・いいよぉ。感じるよぉ、もっと舐めて・・・」

だんだん妹の声が大きくなる。
まだ泣き出さないということは、まだまだ攻めてもいいってことだな?
膣口から舌を突き刺して膣内を舐め回した。
出し入れしてチューッと汁を吸って飲んだ。
中指を中に入れて・・・。

「あう!そこ・・・ダッメー!あん!きゃん!・・・」

「気持ちいいだろ?」

コクッと頷いて・・・。

「・・・もっと入れて・・・」

人差し指と中指の2本を入れて、中を掻き回した。
2本の指を交互に動かして、膣壁をトントンと軽く叩く。

「うぅうう!」

妹が俺の肩に手を置いて仰け反った。

「お兄じゃん・・・ウック・・・ヒック・・・イッじゃうよぉ~」

妹が泣き始めた。
もっと気持ちよくさせてやりたい!
クリを舌で舐めながら膣内の指を動かして、少し膨らんだ辺りを指で押してみた。
ここGスポットか?

「あああ!ああ!ダッメー!そこ!あうん!あ!」

妹は膝をガクガクさせて腰を振った。
大当たり!
凄い量の汁が出てきた。
刺激を強くしてみた。
ピュッ!ピュッ!と膣から飛んできてクリを舐めてる俺の顎にかかる。

「ヒック・・・エエーン・・・ダメだよぉ・・・エック・・・エエーン!エーン!」

腰がクネクネ勢いを増した。
妹が大泣きを始めた。
もうちょっとでイクな。
妹が潮吹いたのはびっくりだったが。
指をGスポットでパタパタ動かした。
指が当たるたびに妹は腰をビクンとさせていた。
もうちょい!

「お兄じゃん・・・あう!・・・ああああ!イッグー!イグゥーーーーーー!」

凄い仰け反ったかと思ったら、俺の膝の上に崩れるように座った。
そのまま指を中で動かし続けた。

「ダメ・・・ヤメテ・・・あう!もう・・・イッタよぉ・・・あう!あう!だめっ!・・・また・・・イッグゥーーーー!!!!」

仰け反りすぎて、妹は後ろにひっくり返りそうになった。
慌てて片手で抱きとめた。
股間からは大量に汁が出てた。
また潮吹きが続いていてピュッ!ピュッ!と溢れていた。
同時に温かいものがジャー!と噴き出してきた・・・おしっこだった。
漏らしちゃったのか!
俺の胸に顔をあずけて妹は泣きじゃくってた。

「気持ち良かっただろ?まだイケるだろ?ノリ、おしっこお漏らししちゃったね」

妹は首を横にブンブン振った。

「お兄ちゃん・・・ひどいよ・・・もういい・・・壊れちゃうよぉ」

「いいよ、ノリのイクときの可愛い顔見たいし。もう1回イカせてやるよ」

「あとで・・・またあとでイカせて。ちょっと休ませて」

指をそっとマンコから抜いた。

「ふぅ~」

妹がため息。

「ノリ、俺の指ふやけちゃったよ・・・あはは」

「お兄ちゃんやりすぎだよぉ!でも最高に良かった!連続でイクなんて初めてだったよ。おしっこ漏らしたのも初めてだもん。恥ずかしいなあ・・・でもお兄ちゃんだからいいやぁ!大好きぃ!」

妹が抱き付いた。
妹の体とマンコを入念にシャワーで綺麗に洗った。
床も綺麗に流して、最後におしっこを浴びた自分を洗った。
その間、妹は恥ずかしそうに下向いて・・・。

「ごめんねぇ・・・やっちゃった・・・漏らしちゃった・・・でも初めてなんだよぉ・・・ほんとだよぉ・・・」

バスタオルでお互いを拭いて、俺はバスタオル巻いてソファに座った。
妹はバッグをゴソゴソして、そのまま浴室に戻った。

数分して・・・。

「ジャジャーン!お兄ちゃん見て!」

「おお!なんちゅう・・・」

真っ赤なブラと真っ赤なショーツ姿、黒ストッキングにガーターで立っていた。

「ノリ・・・エロ過ぎだろ・・・」
「へへへ、いいでしょ?お兄ちゃんだけだよ見れるのは。あとでノリのエロエロバージョンを好きにしていいからね」

「好きにしてって・・・え?」
「だからぁ、パイズリとか、顔射とか。あと、私のオナニー見せてあげる。それ見ながらお兄ちゃんもオナニー見せてね。へへへン、知ってるもーん!」

「何を?」
「お兄ちゃん、私のパンティでオナニーしてるでしょ?」

「ブハッ!」

口に入れた缶コーヒー噴き出した。

「いいよ。恥ずかしがらなくても。私、嬉しいもーん。今日さ、このショーツ穿いてオナニーしてみて!見たいよ!お兄ちゃんのオナニー姿。出すときはショーツの中にたくさん出してね。私、そのショーツ穿いちゃう!お兄ちゃんのザーメンまみれのショーツ」

「ノリ!・・・マジ?過激すぎる・・・」

「超マジ!だってお兄ちゃんとなら何やっても恥ずかしくないもん。オナニー手伝ってあげるから。お兄ちゃんの精子まだ飲んでないし」

「ノリ・・・いつからそんな過激なエッチするようになった?誰が教えたんだ?ボコってやる!」

まじに腹立った。

「お兄ちゃん・・・違うよぉ!私が考えたんだもん。今までそんなことしたことないもん。お兄ちゃんだからいいの」

「・・・ノリ。お前、俺のこと好きか?」

「元旦にエッチしてから、お兄ちゃんのことメッチャ好きになっちゃった!!」

「そっか・・・俺もだけどな。ノリが可愛くてしょうがない。エッチするたびに好きになっていくよ」

「やったぁ!じゃあさっき言ったことしようよ!お兄ちゃんならいいよ!ねっ!」

妹が俺に飛びついてきた。
首に腕を回してキスしてきた。
俺も構わずに舌を入れてノリの舌に絡めた。
お互いに舌をチューチュー吸った。
妹が床に座って、ソファに座っている俺の股間に顔を埋めた。
バスタオルを剥いで、チンコを両手で掴むと咥えた。
もう勃起していたチンコを口いっぱいに頬張って、バキュームフェラを始めた。
片手で扱いて、片手で玉揉みをしてきた。
舌で亀頭を舐め回して、吸引しながら咥えて、そのまま抜いて、また亀頭を舐め回して・・・繰り返してきた。
俺は妹の頭を抱えて、奥まで入れたくなった。
チンコがデカすぎるが、無理は承知の上で頭を前後に振った。
妹は見上げながら、されるがままでいた。
2/3を咥えるのがやっと。

「オエッ!」

涙目でよだれ垂らしてた。

「ごめん!ノリ!入れすぎた」
「えへへへっ!平気だよ。こういうのってイラマチオって言うんだっけ?」

「え!あ、そう。無意識にやっちゃったよ」
「イラマチオでいいよ。そのかわり、ノリに全部飲ませてね!」

そう言うと喉深く咥え込んだ。

「ウォ!」

喉の奥に亀頭が当たる・・・。

「ングッ!・・・ゲホッ!ゲホッ!」

咽ながら咥えてた。
目から涙流してた・・・。

「無理すんなよ!苦しいなら普通のフェラでいいからな!」

妹の思いが嬉しかった。
もう一度咥えられるだけ奥まで咥えた。

「ノリ!・・・出る!出そう!」

そのままバキュームで吸ってきた。
ドッピュ!と喉の奥に発射した。

「ムムー!ンー!」

うめきながら妹はザーメンをゴクゴク飲んだ。

「プハッ!・・・お兄ちゃん出たねぇ!美味しかったよ!ごちそうさまぁ!」

「ノリ、大丈夫か?」

「えへへ、平気、平気。綺麗にしてあげるね?」

妹はよだれまみれのチンコを綺麗に舐めてくれた。
根元から扱いて尿道に残ってたザーメンを絞り出して、チューと吸って全部飲み込んだ。

「はい!綺麗になりましたぁ。・・・え!何々?!」

そのまま俺は妹をお姫様抱っこするとベッドに向かった。
ベッドに寝かせると、俺は妹にキスした。
妹の上に被さって全身を舐めまくった。
首筋、耳の後ろ、うなじ、腕から指先まで・・・。
そしておっぱいはブラを外して15分ぐらいかけてじっくり舐めて吸ってしゃぶった。
脇腹、お腹、へそ、下腹部。

「あああ・・・あん!あん!お兄ちゃん全部舐めてぇ!ノリをたくさん舐めて!」

言われる通りショーツを脱がして、太もも、膝と舐めて腿の付け根を舐める。
わざと焦らした。

「きゃん!」

ペロンと割れ目を舐めて、また反対の腿の付け根に舌を這わす。

「お兄ちゃん・・・焦らさないでぇ・・・お願い、お願い!ノリのオマンコ舐めてぇ!」

「ノリはどこが気持ちいいんだ?」

「ええっと・・・クリちゃん!」

クリトリスをジュルジュル言わせてしゃぶった。
舌でツンツンしたり舌で叩くようにした。

「あああああ!!あん!あん!」

妹が仰け反る。
ロングタイム・クンニの始まりだ。
マンぐり返しして、アヌスももちろん舐めまくった。
このクンニで妹は3回イッた。

「あうう!・・・エーン!アグッ!ヒック!エエエエーーーン!・・・イグゥ!」

大声で泣き喚きながら3回目は文字通り昇天。
少し失神してた。
なんせ40分はクンニしたからなぁ。
俺自身こんな長時間クンニしたのは初めてだった。
俺の唾液なのか、妹の汁なのかわからない・・・シーツがお漏らししたみたいにぐっしょりだった。

「はあ、はあ、はあ・・・ゴホッ!はあ、ゴホッ!・・・お兄ちゃん・・・ノリおかしくなっちゃう・・・」
「良かっただろ?」

「良すぎだよぉ!・・・ずるーい・・・これじゃカレシできないなよぉ」
「ははは。ちょっと休憩するか?」

「う・・・うん。休むぅ。お水飲みたい」

俺はテーブルからペットボトルを持ってきて妹に渡した。
妹は汗まみれ、唾液まみれの体だった。

「こんなエッチしたことないよ。お兄ちゃん上手すぎる。ノリの体ベトベトになっちゃった」

「シャワー浴びるか?」

「うん、浴びてくる。あ!その前に・・・っと!」

妹はベッドに転がってる赤いショーツを取った。

「お兄ちゃん、ちょっと立って。はい、片足上げて?」
「はあ?何?」

「これ穿くの。へへへ」
「あほ!こんな小さなショーツ穿けねえよ」

「いいからぁ!」

無理やり穿かされた。

「うひゃぁ!セクシー!ショーツからオチンチン半分以上飛び出してる!このままで待っててね。脱いじゃだめだよぉ!」

妹はシャワーを浴びに行った。
なんでこんなの穿かなきゃならんのだ?
ベッドにひっくり返って妹を待った。

「お待たせぇ~!今度はお兄ちゃんの出す番だよ!パイズリしてあげる!それからノリにまた入れてね?」
「おい!このショーツ穿いたままか?」

「そう!このショーツとブラはお兄ちゃんにあげるよ。可愛い妹からのお年玉ぁ!」
「お年玉・・・って、下の奴から貰うものじゃないがな・・・それにブラとショーツかぁ?」

「嬉しいでしょ!さっ!パイズリしよっ!ねっ?お兄ちゃん」

妹はベッドに仰向けに寝て、おっぱいを寄せて、俺は妹に跨がりうつ伏せておっぱいの谷間にそのままチンコを入れた。
おっぱいをグニュグニュ押し付けたり、おっぱいでしごいたりし始めた。

「気持ちいい?」

「おう!いい感じだ。オマンコとは違うなぁ・・・柔らけぇや」

「ピストンしていいよぉ」

妹の顔はかなり下にあるので、見上げながら話し掛けてきた。
ゆっくり腰を動かしてみた。
マジに柔らかくて気持ちいい。
しばらくパイズリを楽しんだ。
クセになりそうだ。

「まだ、出さないでね?ノリの中で出してね」
「おーい・・・中出しは今日はなしだぞ」

「うんわかってる。スキンつけてね。赤ちゃんできたらターイヘン!お兄ちゃん・・・先っぽからたくさん垂れてきてるね」
「あちゃあ、我慢汁か。お前シャワー浴びたのにな」

どうりで滑りがよくなったと思った。
我慢汁が潤滑液の代わりになって快感倍増。

「ノリィ・・・入れたくなったよ」

「いいよぉ!ショーツ脱いじゃダメだよぉぉ!」

「ええ?このままで?じゃあ横ハメで入れるぞ。ちょっと目、瞑ってろ」

妹は体を横に向けた。
片足を曲げさせて。
俺はスキンを付けた。
1枚・・・いや3枚使って。
試したいことがあった。
1枚目は亀頭のカリから2センチのところでストップ。
それに2枚目をかぶせてストップしたところから4センチぐらいでストップ。
最後に3枚目を根本まで着けた。
カリが3つできた感じになった。
妹の腿に乗ってマンコに当てた。
ゆっくり挿入した。

「ああ!入ってくるぅ!」

亀頭が潜り、次に2段目のカリが潜った。

「ヒャ!何?え?」

妹が驚いた。
3段目が潜った。

「ウヒャァ!なんなのこれぇ!」

「スペシャルチンコ!いいだろ?」

そう言いながらゆっくり出し入れした。
うまい具合にGスポットを刺激できる。

「アウゥ!これ・・・凄い!凄い!・・・お兄ちゃん!・・・良すぎだよぉ!!感じちゃうよぉぉ!」

「ノリへの俺からの愛を込めたお年玉な」

腰をゆっくり動かしてチンコを抜き挿しした。
妹は早くも悶え始めて喘ぎ声をあげた。
3つのカリがGスポットを次々刺激するたびに、腰がビクンビクン動いて、妹は軽く仰け反った。

「いい・・・お兄ちゃん・・・こんなの初めて・・・あん!きゃん!」

「いい感じで当たるだろ?イッちゃっていいからな。何回も」

「いッ!・・・これ死んじゃうゥゥゥ!・・・」

ピストンを速くした。
妹はものすごい声で喘ぎ、腰をくねらせた。
早くもイク感じになった。
泣き出した。

「ダッメー!・・・もう・・・イグッ!・・・イグよぉぉぉ!」

わずか2分足らずでイッた。
俺はピストンを止めずに、そのまま腰を振り続けた。
奥までぴったり入るたびに膣口からピュッと汁が溢れた。

「ハア・・・ハアア・・・お兄ちゃん・・・チョ!・・・ストップ!・・・だめぇぇぇ!」

「もっとイッていいぞ!イク時の顔見せてな」

「アウ!アウ!・・・エエーン!・・・アン!・・・エーンエーン・・・イグッ!イグッ!イグッ!」

また妹は大泣きして仰け反ってイッた。
俺はピストンを止めて奥までグーッと入れた。
子宮口に先端を押し付けた。
妹が落ち着くまで待った。

「お兄じゃん・・・ヒック!エック!・・・良かったよぉぉぉ・・・ヒック!・・・お兄ちゃんも出たの?」
「いや、まだ出てない」

「ずるいよぉ~・・・」
「ノリ、今度は正常位でやろう。ちょっと動けるか?」

「ハア、ハア・・・いいよ」

チンコを入れたまま、ゆっくり体位を変えて正常位にした。
妹は俺の腰に足を絡めてた。
絶対チンコが抜けないように。
動かずに妹のマンコを味わった。

「お兄ちゃん・・・動かないの?なんで?」

「ノリのマンコの中が動いてるから、気持ちいいんだよ。少し動いてやるな?」

俺は腰をグラインドさせてチンコで膣の中を掻き回した。

「あん!・・・あん!・・・優しいねえ・・・これ」

「いいだろ?じゃあ、また気持ちよくしてやるな」

俺はチンコを回しながら、ゆっくり腰を上げて膣口までチンコを抜き、またゆっくり腰を沈めて子宮口に先端を押し付けた。
何度も繰り返した。
妹も合わせるように腰がクネクネと動き喘いだ。

「はぁん!・・・はあ、はあ、あん!あん!いいよぉ!お兄ちゃん、これすごくいい」
「だろ?俺も気持ちいいよ」

「はあ、はあ・・・出すときはショーツの中に出してね・・・はあ、はあ、あん!」
「わかった。じゃあ脱いでいい?」

「うん」

一度チンコを抜いて、ショーツを脱いだ。
ショーツは妹の汁でぐっしょりになっていた。
再度妹に重なり、先っちょで大陰唇をこじ開けて一気に突き刺した。

「うぐっ!」

俺は抜き挿しを徐々に速くした。
妹はキュッキュッと締めてきた。

「お兄ちゃん!早くイッていいよ。ショーツに早く出してぇ!」

「おう!わかった!」

パン!パン!パン!と音を響かせてチンコを打ち付けた。
もうちょっと!もうちょっとで出る。

「ノリ!出そう!」

「うん!あん!あ!あ!」

「出るぅ!」

俺はチンコを引き抜いて3枚のスキンを急いで取った。
妹が飛び起きてショーツを持って、チンコに当てた。
ちょうどオマンコが当たる部分にザーメンをタップリぶちまけた。

「お兄ちゃん!出てる!凄い出てる!」

「はあ、はあ・・・ああ、出た・・・出しちゃった。ショーツがベチャベチャじゃないか・・・」

「へへへ、嬉しいな!お兄ちゃんの射精見ちゃった。ねえ、今度はノリの見ててね」

妹はチンコを根元から扱いて、全部ザーメンを絞り出した。
そしてショーツで俺のチンコを綺麗に拭くと、いきなりそれを自分で穿いた。

「ああ!お兄ちゃんの温かいザーメンがオマンコにくっついてるぅ!」

右手の平をショーツの股間に押し当てて、ザーメンがマンコにくっ付く感触を楽しんでいた。
そのまま妹は俺の前でオナニー始めた。

「ノリ、自分でイケるか?」

「う・・・うん、お兄ちゃん見てて。絶対見てて!お願い!」

「ああ。自分でイッてごらん」

妹はザーメンまみれの股の部分に右手あててオマンコに押し当てて擦り始めた。
左手はおっぱいを揉んでいた。

「お兄ちゃん!・・・あん!あん!見て!・・・あ、あうん!お兄ちゃん・・・もっと見て!」

「可愛いよ・・・ノリ。すごく可愛い」

じっくりと妹のオナニーを見た。
妹はショーツを割れ目に食い込ませて擦ってた。
腰を振って、仰け反って、可愛い声で喘ぎ続けた。

「お兄ちゃんの・・・はあ、はあ・・・ザーメンがたくさん・・・オマンコについて気持ち・・・はあ、はあ、いいよぉ!」

そう言いながら薄目を開けて、股間を覗き込んでる俺の顔を見た。

「お兄ちゃん!見て!もっと見てて!・・・あん!あう!・・・イキそう!・・・あ!あ!あ!あ!」

妹の腰が沿ってブリッジになった。
妹は股間を舐める距離で見ている俺の顔を掴むと、ショーツの股間に押し当てて腰を振った。

「いい!イクッ!イクッ!・・イッチャウ!・・・イッグゥゥゥーーー!」

大声出して、仰け反ってイッた。

「ブヘッ!」

俺は押し付けられながら呻いた。
しばらくして妹は手を離してくれた。

「ノリ・・・お前凄いイキ方したな。俺の顔、凄いことになってる・・・」

「はあ、はあ・・・お兄ちゃんごめん。つい嬉しくて、はあ、はあ・・ほんとだすごいやぁ・・・ごめん」

俺の顔は自分のザーメンと妹の汁でベチャベチャだった。
匂いがたまらない・・・。

「ノリ、シャワー行くぞ。お前もな」

妹の手を取るとバスルームへ行った。
もう一度シャワーで洗って、ボディーソープでお互いに洗った。

「お兄ちゃん、私って変態でしょ?」
「うん・・・アブノーマルだ。なんでそんなになった?」

「え?だーれかさんのせいだよぉ~」と笑った。

「俺?」
「へへへ~ん」

そう言ってコクリと頷いた。

「そんじゃあ、俺も変態になってやる!」

跪くと、妹のマンコを口いっぱいに頬張って、クリをペロペロ舐めた。

「きゃん!何すんの・・・あん!あん!」

クリをジュルジュル言わせて吸った。
吸いながら舌をトントン叩きつけた。
妹はすぐに悶えて、可愛い声をあげた。
指を2本、膣にズボッ!っと入れて中を掻き回した。
掻き回しながら膀胱を押す感じにしてみた。

「あん!あ!・・・お兄ちゃん・・・ストップぅ!おしっこ出ちゃう・・・また出ちゃうぅ!・・・ストップぅー!」

「おしっこ漏らしていいぞ。見ててやるから」

グイグイ膀胱を指で押しながら、片手でマンコを開いてクリと尿道口を剥き出しにした。

「だめぇぇぇ!出ちゃうってばぁ!お兄ちゃん・・・出ちゃう!」

シャー!と勢いよく尿道口からおしっこがしぶきを上げて飛び出し、俺の胸にかかった。

「ほら出た!全部出しちゃえよ!」

「いやあああ!押さないでぇ~!出てるぅ!止まらないよぉ!」

バスルームにおしっこの匂いが漂った。
妹はゼーゼー言いながら、なんとか立っていた。
俺の頭を軽くポコポコ叩きながら・・・。

「お兄ちゃん・・・ヒッドーイ!変態だー・・・ノリのおしっこ浴びちゃってる」

「あはは。シャワーで流せば関係ないって。しかし勢いよく噴出したなあ。ここがノリの尿道口だったのか」

「変なとこ見ないでぇ~」

全部で終わって、シャワーで妹のマンコを綺麗に流した。

「赤ちゃんの時のノリを思い出したよ」

「お兄ちゃん汚すぎるぅ・・・そんなにおしっこ浴びたかったの?」

「いや、ただ、このままおしっこしながらイクかな?って思っただけ」

妹が綺麗に洗ってくれた。
床も綺麗に流して。
シャワーから出て、腹減ったのもあり、ソファに座って二人で買った弁当やら食べた。
妹がサンドイッチを咥えてこっち向いた。
俺の口にサンドイッチを押し当てた。
黙って俺はパクついた。
妹もモグモグと口の中にサンドイッチを頬張り始めて・・・。
最後はお互いにキス。
モグモグと食べ終わって。

「えへへ、面白いでしょ?」

「あほか?」

「そんなこと言っても食べたじゃーん。もう一回ね」

またサンドイッチ咥えて、俺が反対側をぱくっとした瞬間、ガブッ!っと一気食いしやがった。

「ノリィ~・・・何考えてんだよぉ~」

モグモグしながらキスしてきた。
首に腕を回してきた。

「んん!・・・んーーーーー!」

口の中に妹がモグモグしたサンドイッチが入ってきた。
口いっぱいに押し込まれた。

「美味しいでしょぉ?口移しだよぉ」

「ゴホッ!ゴホッ!・・・お前なあ・・・じゃあ、こうしてやる!」

ソーセージを1本取って、妹をソファに押し倒して足を開かせた。
で、ソーセージを半分挿入!

「きゃあ!!何すんのぉ~!いやああ~エッチぃ!ちいさすぎるってぇ!」

「いただきまーす!」

俺はマンコから半分出てるソーセージをムシャムシャと食べた。
吸い出しながら全部食べ終わって。
最後にクリをペロペロと舐めた。

「ひゃん!・・・もう!ノリのここ油まみれぇ~!ひどいぃぃぃ!」

シャワー浴びにバスルームに駆け込んだ。
戻ってきて、「お兄ちゃんもやるねぇ~」とニヤニヤ笑った。
時計見たら、あっという間に残り2時間。

「あと2時間か、どうしたい?」
「お兄ちゃんと普通にエッチしたいなあ・・・優しくして欲しいなあ・・・」

「そうだな。散々変態ごっこしたから、ノーマルがいいな」
「お兄ちゃん、今日はたくさんしたね」

「満足か?」
「もう超満足ぅ!」

「じゃあ、最後にノリを3回はイカせたいな」
「ええ!そんなに無理。1回だけでいいよ。その代わり終わったら抱き締めてて欲しいなあ。普通にスキンつけてね?スペシャルじゃなくていいよ」

「わかった。俺もかなり放出したから1回で十分だ。あんまりやったら俺の方こそ壊れちまう」

妹と手を繋いでベッドに行き、妹を寝かせて俺が妹の上に被さった。
ソフトキスで唇を重ねた。
お互いに唇を吸いあった。
首筋に唇を這わせて下へと移動した。
乳首にチュッとキス。

「ウフン・・・へへへ」

乳首をゆっくり舐めながら、おっぱいを柔らかく揉んだ。
やっぱり大きいおっぱいだ。
20分ぐらいだろうか?おっぱいを吸い続けて、舐めてを繰り返したのは。

「ああ~ん・・・あん・・・気持ちいい・・・やっぱこれだよね」
「ああ、ノーマルが一番いいな」

「変態チックもたまにはしょうよぉ」
「オーケー、クンニして欲しいか?」

「うーん・・・もういい。入れて」
「え?もう?入れちゃうか?」

「うん。そのかわり動かないでノリの中を味わって」
「よし。じゃあ入れるか」

「お兄ちゃん、スキンつけてあげるね」

妹は起き上がって、スキンを2コ持ってきて、俺のチンコに被せてくれた。
安全のために2枚重ね。
というか生以外のときは必ず2枚重ねって決めてるから。
俺はベッドに胡坐かいて座った。

「ノリ、対面でやろう?」

「うん。じゃあ・・・私が入れちゃうね?」

「頼む」

妹が跨いでしゃがんだ。
俺のチンコに手を添えると膣口に宛てがった。

「ゆっくり入れるね?」

「おう!」

「ん!」

亀頭が潜った。
妹はゆっくりしゃがんでチンコを飲み込んでいった。

「あう!・・・いいわあ!」

「全部入れてくれよ」

「もちっ!」

ピッタリ入った。
妹は俺の胸に顔をくっつけ、首に腕を回して抱き付いた。
俺も妹を抱き締めた。

「ノリのを感じるよ。動いてる」
「お兄ちゃんのも。ドクンドクン言ってるね。こういうのっていいわぁ。幸せな気分になるもん」

「なあ、小さくなりかけたら動いてもいいだろ?」
「うん!」

30分ぐらい、そのまま抱き合った。
少し勃起が弱まったら腰を動かして・・・。

「そろそろフィニッシュしようか?」

「そうだね、お兄ちゃん最後もたくさんノリに出してね?」

そのままゆっくり腰を動かした。
妹が喘ぎ始めた。

「あん・・・ああ・・・いいよぉ・・・」

「俺も。なあしっかり掴まってくれよ。足も腰に回してくれるか」

ギュウとしがみついてきた。
妹のお尻を抱えると、よっこらせ!っと。
膝立ちになった。
駅弁をやってみたかった。

「ノリ、激しくいくぞ?」

「・・・これ、駅弁だっけ?」

「そう、駅弁」

俺は妹のお尻を掴むと激しく腰を振った。
途端に妹が悶え始めた。

「お兄・・・ちゃん・・・凄いよ!あん!すごいのぉ!あ!あ!あ!ヒャン!」

5分ほどそのままで突きまくった。

「正常位にするからな」

「あん!あん!あん!・・・う・・・うん」

妹を抱きかかえたまま仰向けにして、俺は上に乗った。
突きまくった。
たっぷり出したので、なかなか射精感が来なかった。

「あう!あう!あう!・・・ダメ・・・エッグ!ヒック!・・・」

妹が泣き出した。
イッちゃうかな?
一緒にイキたかったのもあり、今までにないピストンでチンコを出し入れした。

「あ!あ!あ!あぐ!・・・エーーーン!あぐ!あう!あ!」

妹の体が上下に揺さぶられて、振り回されているみたいになって・・・腰のグラインドが激しくなった。
子宮口に当たっているが、なんかおかしい・・・。
当たるのではなく、何か咥え込まれる感じだった。
突くたびに咥えられる・・・。
子宮口が開いたのか?
亀頭に今までにない感触を覚えて、射精感が出てきた。
膣の締め付け方も凄い!

「あぐ!あう!ヒック!・・・エエーン、あう!イキそー!・・・お兄ちゃん・・・お兄・・・イグゥゥゥーーー!」

今までにない大声を上げると、俺の下で仰け反って腰を振った。
チンコが吸い込まれる!
亀頭が子宮口に咥えられて、子宮口が動いた。

「うぉぉ!俺も出る!」

そのまま射精した。
ドクンドクンとチンコが脈打つたびにマンコがキュッと締り、子宮口が亀頭先端を咥え込む。
終わって、そのまま妹の上でじっとしていた。
ゆっくりと子宮口が締まっていき、咥えられていた先っちょがヌルッと戻された。

「ノリ・・・ノリ・・・おい、大丈夫か?」

妹は失神していた。

「おい!ノリ!」

妹のほっぺたを何度も軽く叩いた。
薄っすらと妹が目を開いた。
目線が定まっていない・・・やばいかも?

「お兄ちゃん・・・私・・・どうしたの?」
「失神してたぞ。大丈夫か?おい、わかるか?」

「うん。なんだか空飛んじゃったみたいだった。フワフワ~って」
「フゥ~・・・びっくりした。焦ったよ」

「お兄ちゃん、私の奥がなんか動いてなかった?」
「え?わかったの?子宮口が開いて、俺の亀頭を咥えてた。一気に出しちまったよ。スキンしてなかったら子宮内に射精してたわ」

「ふ~ん・・・そっか」

まだ妹は現実に戻っていない感じだった。
そのまま妹の髪を撫でながら、しばらくじっとしていた。
妹が俺の背中を軽くトントンした。

「もう大丈夫だよ。お兄ちゃん。元に戻ったから」

「そっか。よかった」

俺はゆっくりチンコを抜いて、妹の横に寝て腕枕をした。

「お兄ちゃん、生まれて初めて失神したよぉ・・・。ウヒャア!だよ」
「俺だって失神した女なんて初めてだ」

「お兄ちゃん・・・もしスキンしてなかったら、私、妊娠したよね?」
「たぶんな。全部子宮の中に放出しちゃう形だったからな。危ないよ」

「うん。ちゃんとこれからもスキン使ってね。安全日だけ生でやろう?お兄ちゃんお願い」
「わかってる。約束する」

そしてシャワーを浴びて、帰宅の準備をした。

「お兄ちゃん、あげた私のパンティ帰ったら洗ってあげるね。ブラも。お兄ちゃん・・・」
「ん?なんだ?」

「今日はとっても楽しかった!それにたくさん愛してくれてありがとうね。これからもノリを可愛がってね?」
「もちろん!ノリのことたくさん愛したいし可愛がってやりたい」

「お兄ちゃ~ん!」と飛びついてきた。

「ノリ。うん、お兄ちゃんと一緒に時間作ろうな?あんまり変態なことはしないようにして」

俺のお腹に顔埋めてコクコクと頷いた。

「あ~あ、なんでお兄ちゃんなんだろ?他人だったら結婚できちゃうのにね?」

「・・・しょうがねーじゃん。俺だって同じこと考えてたよ」

「ぜーーーったい、結婚してもエッチしようね!」

チェックアウトして仲良く帰宅した。
両親は明日まで帰ってこない・・・。
妹がショーツだけ脱いで、ソファに座っている俺の上に背面座位でチンコを入れた。
二人とも服を着たまま合体して、そのままテレビを見た。

「お兄ちゃんの入れていたいから」

「俺もだ。このまま一緒にテレビ見ような?」

「うん!お兄ちゃんの大好き!」

明日、金曜日は妹と会社の帰りにデートです。
もちろん、エッチ付き!
しかも安全日なので中出しデー!
3日前から、お互いに我慢してる。
明日が楽しみ!

まだまだ、妹とは続く・・・いや、続けたい。
妹が手放せなくなってきた・・・困ったもんです。

<続く>