姫初めから始まった俺と妹の中出し生活・第1話

この体験談は約 9 分で読めます。

今日は元旦。
昨日から今日にかけて、7歳下の23歳の妹とやってしまった。
まあ勢いというか。
マズいとは思いながらも。
でもこれからも妹とやっちゃいそうな感じかな。

で、昨日の大晦日。
初詣に行こうか!ってことになった。
親父、おふくろは眠いから、二人で行って来いということで。
紅白歌合戦の途中だったけど、除夜の鐘も聞いて、ついでに江の島で初日の出も見ようってことで俺の車で出発。
今日(元旦)の昼ごろ帰るからってことで。

「おい、ノリ(紀子)眠かったら、寝てていいぞ。お寺着いたら起こしてやっから」

「お兄ちゃん悪いねえ。じゃあちょっと寝るね」

妹は着付け習ってたから、正月だってことで和服着てた。
背もたれにクッション当てて帯が潰れないようにさせて。

某お寺に到着して。
凄い混み方だったが、なんとかお参りできた。
お守りも買って。

「お兄ちゃんお腹すかない?なんか食べようよ」

「だな・・・腹減ったわ」

人ごみを掻き分けて駐車場へ向かった。

「うひゃあ、凄い混み方だねぇ」

「ノリ、絶対手を離すなよ。離したら迷子になっちまうからな」

妹の手をしっかり握って、離れないように気を付けた。
なんせ妹は身長149cmとちっこいから、あっという間に見えなくなってしまう。
俺は反対に182cm。
一緒に歩くと子供連れてる感じになる。
まあ身内褒めだが、顔は可愛いかな。
若いときのELTの持田香織っぽい顔。
なんとか駐車場に辿り着いて、車に乗って。

「ノリは何食べたい?」
「うーんとねぇ、お寿司!」

「グルグルでいい?」
「うん!グルグルでいい」

グルグルって回転寿司のことだけどね。
24時間やってるお店に入って、二人でテーブルに座った。

「お兄ちゃん、私さ、少しだけでいいんだけどお酒飲んでもいい?」

「ん?ああいいよ。俺は運転だから飲めんがね」

「ごめん!寒くてさ・・・熱燗飲みたい。体暖めたいわぁ」

で、熱燗頼んで、俺はノンアルコールのビール。

「アケオメ~!」「コトヨロ~!」と乾杯した。

まあ飲んで食べてたんだけど、ちょっと飲むつもりが気付いたら妹は3合飲んでた。
グデングデンになってしまった。
熱燗だから一気に酔いが回ったか?

「お兄ちゃん・・・酔ったぁ・・・」

妹を担いで店出て、車に乗せて。
2時過ぎ・・・。
このまま帰っても近所迷惑になっちまう。

「お兄ちゃん・・・眠い。少しだけ寝たいよぉ~」
「ったて、このまま帰ったら近所迷惑になっちまうし、親父、おふくろ起きちゃうぞ!怒られるのは俺だわ・・・」

「ねえ・・・ホテル行ってぇ・・・」
「こんな時期にビジネスホテルなんて空いてねえよ。ラブホでもいいのか?」

「うん・・・寝れればどこでもいい・・・」

ってことで、国道沿いのラブホテル街に直行。
が、なかなか空いている部屋が無い。
6軒目でなんとか空きがあったので潜り込んだ。
妹担いで、部屋に入った。
とりあえずベッドに妹を座らせて。

「お兄ちゃん・・・着物がぁ・・・」

「ノリ、自分で脱げよ。・・・無理か?」

「うん・・・脱がしてェ・・・帯が苦しい」

大事な着物が皺になったり汚れたらまずいので、妹に教わりながら脱がした。
ピンクのブラとパンティの恰好になった妹をベッドに寝かせて布団をかけた。

「お兄ちゃ~ん・・・一緒に寝ようよぉ。ソファじゃ風邪引くよぉ・・・」
「お前、そんな恰好なのに、一緒に寝れるかよぉ」

「へへへん・・・色っぽいっしょ?お兄ちゃんと寝たいのぉ」
「しゃあないなあ!寝るだけだぞ!」

「あったりまえぇ~。お兄ちゃんのエッチぃ~」

パンツ一丁になって妹の隣に潜り込んだ。
俺も眠かったしね。
妹が抱きついてきた。

「お兄ちゃん・・・温っかーい。おやすみぃ~」

「ほいほい、ノリ、おやすみぃ~」

そのまま妹を腕枕して、俺も寝た。
寝ていてなんだか股間に違和感を感じて、俺は目を開けた。
ウワッ!ボクサーパンツの上から妹が息子握ってた。
ビンビンになってんの!
妹を見ると目を開けてた。

「えへへ、おっはよ!お兄ちゃん!」
「お!お前!おっはよじゃねえだろ!どこ握ってんの?」

「寝てるうちにお兄ちゃんの握ってたみたい・・・すごく大きいねえ!」
「ったく・・・あほ!カレシと違うだろうが!ノリさカレシはどうしたんだよ?」

「ええ~、それ聞くのぉ?うーん・・・この間のイブに別れたよ・・・」
「ごめん、そっか。悪いこと聞いたな。今、何時だ?」

「うーん・・・4時ちょっと前だよぉ」

そう言って、いきなり妹は俺に抱きついてきた。
そして泣いた。
可哀想なこと聞いてしまったと反省。

「お兄ちゃん・・・寂しいよぉ・・・。エッグ!・・・グス!」

「ノリ・・・お前は可愛いから、すぐにカレシできるって!お前を振るような男なんて忘れちまえ。兄ちゃんがついててやっから、今日は泣いて忘れちゃいな」

俺は妹の頭を撫でてた。
妹はしばらく泣いてたけどね。

「お兄ちゃんが・・・カレシだったら、いいのにね?」

泣きベソ顔で言ってきた。

「はぁ?」

「だって優しくて、背高くて、たくましくって・・・ここも大きい!」

妹がまた勃起した息子を握ってきた。

「ちょ!ノリ!紀子!お前・・・」

妹がパンツの上から扱いてきた。

「お兄ちゃん・・・もしかして溜まってる?エッチしてないの?」

「まあね・・・俺も3ヶ月前に別れちゃったしね・・・って、それとこれとは関係ないだろ!こんなことすんなら、俺もノリをいじめてやるっ!」

妹の胸に手をやって、ブラの上からおっぱいを揉んでやった。

「きゃははぁ~!お兄ちゃんのエッチ!・・・アヒ~ン!」
「へえ、ノリって胸あるんだな?Dカップぐらいか?」

「うん、当たりぃ!Dカップ好き?」
「巨乳は苦手だけど、このくらいなら許容範囲だな」

「お兄ちゃん揉んでいいよ。もっと揉んでくれる?なんか落ち着く・・・」

エッチな気持ちはなかった。
いたずら気分はあったけど。

「よし!今日はお兄ちゃんがカレシと別れたのを慰めてやるからな!」

「うん!嬉しい!お兄ちゃんありがとう!ねえ揉んでェ。私も慰めてあげるからね」

妹は俺の息子を握って扱いていた。
妹の上に乗って、ゆっくりやんわりブラの上から左右のおっぱいを揉んだ。
妹は目を閉じて俺に任せていた。

「はあ・・・はあ・・・お兄ちゃん気持ちいいよぉ・・・はあ」

だんだん息が荒くなってきた。
妹はずっと息子をしごいていたけど、パンツの中に手を突っ込んで直接息子を握った。

「ノリ!おい!それはまずいって!」
「お兄ちゃん、出しちゃっていいから。溜まってるんでしょ?」

「お前。俺たち兄妹だぞ。まあ本番するわけじゃないけど・・・」
「うん・・・お兄ちゃんブラ取ってくれる?」

「いいのか?じゃあ取るわ。ノリの裸見るのはお前が中学1年の時以来かな?」
「そだね・・・一緒にお風呂入らなくなってからだもんね。どう?成長したでしょ?」

「ああ!色気たっぷりの女になったな。しかも可愛い」
「へへへぇ、嬉しいなあ。お兄ちゃんに可愛いって言ってもらえた。ねえ、今日は本番無しで慰めてくれる?」

「それなら・・・問題ないっかな?失恋を慰める元旦ってことで」
「あはは、そだね。じゃあ・・・おっぱい吸って?」

俺は、妹のおっぱいに顔を埋めて、乳首を吸って舐めた。

「あひ~ん!お兄ちゃん・・・気持ちいいよぉ」

慰めてやるからな!今日は、兄ちゃんが相手だけどイッちゃっていいからな!って気持ちだった。

徐々に妹の喘ぎ声が大きくなった。
妹が俺の右手を掴んで下に持っていった。
指先がパンティに触れた。
まだ下に持っていって、股の所に手を置いた。
そして俺の手の上に手を重ねて、股を擦る動きをした。
俺はおっぱいを吸いながら、妹のマンコを撫でてた。
クリの部分に指を当てて、念入りに触った。

「あ!いいよぉ・・・お兄ちゃん・・・ああ!」

妹が声を上げた。

「ここいいのか?こっちは?」

割れ目に沿って指で擦った。
パンティに手を入れて、直接クリと割れ目、穴を指で触った。

「お兄ちゃん・・・いいよぉ~・・・アキャ!アン!」

「ノリ・・・感じるか?」

「うん、キャン!・・・アン!クリ・・・いい!」

俺はおっぱいから下へ舌を這わせて、妹の股間に顔を持っていった。
パンティに染みができていた・・・もう濡れていた。
黙ってパンティに手を掛けて下ろした。
妹が腰を上げて・・・。
スルスルとパンティを脱がして、妹の太ももを抱えた。

「お兄ちゃん・・・お願い・・・もっと気持ちよくなりたいよぉ!」

「うん、わかった」

そのまま妹のマンコにキスして、クリに舌を持って行った。

「ウヒャァ~!キャン!・・・アン!」

妹が可愛い声で鳴いた。
一生懸命舐めて吸った。
可愛い声が部屋に広がった。
クンニし始めて10分ぐらいか?

「アーン!アン!お兄ちゃん!おにい・・・ちゃん!・・・イッちゃう、イクッ!ダメェェェェ!」

仰け反って妹はイッた。

「お兄ちゃん・・・ハアハアハア・・・イッちゃったよぅ・・・気持ちよかったぁ!」
「うん、良かったな。ノリはイクときは可愛い声だねぇ」

「エへヘン、はじゅかちいでちゅぅ~」
「バーカ。あはは」

「今度は、お兄ちゃんのしてあげる」

妹は起き上がると、俺をベッドに仰向けにしてパンツを脱がせた。
ギンギンに勃起した息子を両手で握った。

「お兄ちゃんの、ほんとに長くて太いね。大きさどのくらいあるのかなあ?」

寝ている俺の横に正座して両手でチンコ扱きながら聞いてきた。

「え?19センチあるけど。ノリは大きいの見たことないのか?」

俺のが今まで見た中で最大だって言ってきた。
そして扱きながらフェラしてくれた。
妹はフェラ上手だった。
舌使い、吸い上げ・・・上手い。
俺の可愛い妹に誰がこんなこと教えたんだよっ!と、半分ムカッと来たけど。

「ノリ・・・はあ・・・俺もお前のもう一度可愛がってあげるから上に乗って?シックスナインしよう」

「うん・・・しよう!」

そう言って俺の上に跨がって顔にマンコを近づけた。
そのまま可愛いお尻を掴んで、俺はマンコに顔を埋めた。

「ヒャン!アン!」と鳴きだす。

妹は悶えながら息子をしゃぶってた。

「お兄ちゃん・・・ハアハア・・・ねえ、本番したいよぉ!これノリに入れたいの・・・」

「お前・・・まずいだろ?・・・でも今日だけってことならいいか?」

「うん!今日だけお願い、お兄ちゃん・・・これ欲しい」

妹を上から退かして、仰向けに寝かせた。
俺はスキンを息子に被せた。
妹が手を伸ばしてスキンを取った・・・。

「お兄ちゃんの・・・そのまま入れて?スキンはイヤ」
「でも、まずいだろ?ノリ、前回の生理っていつ終わった?」

「えーっと・・・19日前だね。だから今日は安全な日だよ」
「確かにね。じゃあこのままってことで」

「やった!うん!入れよ?これ入れよ?」

息子を握ってきた。

「はは、甘えん坊だなあ、ノリは」

妹の両膝に手を置いて、足を広げさせた。
フル勃起の息子の先端を妹の入口に当てた。
妹は目を瞑った。

「入れるぞ」

コクッと妹が頷いて。
グッと膣内に息子を押し込んだ。
一気に半分入った。

「ウグッ!」

妹が仰け反った。
続けて奥まで息子を入れた。
ピッタリ奥まで入れた。

「アウッ!ウーーーッ!・・・大きいぃぃ!」

そのまま妹の両足を抱えて屈曲位にして、俺は妹の上に乗った。

「お兄ちゃん・・・ハア、ハア・・・大きすぎる・・・お腹押さないで・・・苦しいよぉ」

「すまん。このくらいでどうだ?」

「ちょうどいい」

妹の上に被さってキスをした。
身長差がありすぎるから妹の顔を上向きにさせてキスした。

「お兄ちゃん・・・私、嬉しいなあ。お兄ちゃんと一緒だもん」

「俺もノリが可愛い。ごめんな本番しちゃって」

「いいよぉ。幸せだもん・・・ヒャン!」

軽く息子で妹の子宮口を突いた。
可愛い声が出る。

「兄ちゃん・・・出してね。紀子の中に」

「ああ、出させてもらうよ。ノリも気持ちよくなっていいからな」

コクッと頷いた。
俺は妹の悶える顔を見ながら息子を抜き挿しした。
妹の中は締まる!ってか狭い。
おまけに奥がザラザラだ。
突きながら妹のおっぱいを揉んだ。

「アウ!アウ!・・・ア!アン!・・・おにい・・・ちゃん・・・もっとォ!」

「ノリ!いいよ・・・ノリのマンコ」

ガシガシ突いて、妹のマンコから突くたびに汁が溢れてきた。
俺も妹も股間がビショビショになってた。
よがり声がだんだん泣く感じになってきた。

「ノリ・・・大丈夫か?」

「エグッ!・・・エーン、エーン!・・・おにいちゃん・・・エーン!」

「気持ちいいのか?」

妹は泣きながら何度も頷いていた。
妹は快感が極まると泣くのがわかった。
思わず可愛くて抱き締めて、腰を振った。

「エ!・・・ン・・・アーン!・・・イグゥ・・・エーン!・・・イグゥゥゥ!」

「ノリ、イッていいからな」

妹をイカせてやりたくて、強く抜き挿しして奥まで突き上げた。
俺の下でエビ反ってイッた。
泣きじゃくりながら。
ゆっくり息子を動かした。

「ヒック!・・・エック!・・・おにい・・・じゃん・・・イッじゃったぁ・・・お兄ちゃん・・・イッたの?」

「いいや、まだだよ。気持ちよかったか?」

妹の頭を撫でながらヒクヒク言いながらコクっと頷いた。

「お兄ちゃん・・・お願い、出してよ。私だけなんてイヤッ」

「じゃあ、今度は俺が出すね」

そのまま妹を抱き締めながら腰を動かした。
また妹が喘ぎだして・・・泣き出した。
今度は一緒な!
妹の泣く顔を見ながら膣の中を往復した。
俺もだんだんイキたくなって、素早く息子を出し入れした。

「ノリ・・・俺も出そうだ」

大泣きしながら妹は何度も頷いてた。
妹が不意に仰け反った!

「イグゥゥゥ!イグッ!」

膣内がギューと締まった。

「俺も!」

そのまま妹の子宮口にぴたりと先端を当てて発射した。
出したザーメンが逆流して、妹のマンコから溢れてきた。
妹は泣きじゃくってはいたが、幸せそうな顔で微笑んでいた。

「ノリ・・・俺もイッたよ」
「うん・・・出たね?」

「ノリの可愛い顔見たらたくさん出たよ」
「良かったぁ・・・」

もう一度妹にキスした。
妹が舌を入れてきて、俺も舌を入れて絡めて・・・ディープキス。
唇を離してから・・・。

「ノリ、今年もよろしくな」
「お兄ちゃん!これからも・・・しよう?・・・ねっ?」

「ははは・・・そうだな。今年はノリとのエッチ元年だな。泣き虫ノリのエッチに付き合うよ」
「ひどーい!へへへ・・・ウヒャヒャヒャ!」

俺が妹の脇腹をくすぐった。
時計見たら6時半だった。
そのまま一緒に風呂に入って。
お互いに洗って。
朝8時にチェックアウト。
初日の出は間に合わなかったが、江の島に行って江の島神社にお参りした。

江の島神社・・・。
そっか縁結びの神様だっけ?

俺と妹は、顔見合わせて爆笑してしまった。
妹が俺にもたれながら、一緒に片瀬海岸で海見て。
妹が眠い・・・ってことで、そのまま自宅に帰ってきた。

今年は妹とどんな風になるのか・・・。
カレシまたはカノジョができるまでの相手ってことで、一緒に楽しもうかと考えてる!

<続く>