僕の教え子あゆみとの体験 1

この体験談は約 5 分で読めます。

こんにちは。
僕は25歳で今春から大阪の某市立中学で新米教師をしています。

身長が181cmで、体重が68kgの細身で、職場に若い先生が少ないのもあって生徒にコクられたりもします。
聖職者とあって教え子に手を出すのはタブーだと思うんですが、元々ロリ気味な僕にとって女子毎日中学生と関わりがあるってのはちぃとキツいです。
前置きが長くなりましたが、先日ついにヤッちゃいました・・・。

僕が教えてるクラスの子なんだけど、名前は山鹿あゆみ(仮名)。
背が155くらいで細身の子なんだけど、テスト前ってこともあり、放課後に社会科教室に来て「勉強教えて」って言うから教えてあげてたら、だんだん話が逸れてってそっち系の話をしているうちに・・・。

「先生にやったらあげてもええよ」って冗談っぽく言うから、
「初体験は痛いらしいでぇ」って脅したら、
「先生は経験あるやろから学校の男子とするよりはウマイやろ?」って言うから、
「おれはテクニシャンやで」って言ってやったら、
「じゃあする!!」って。

な~んか本気になってきたみたいで。

僕はロリ系は好きだけど処女は面倒なんでさらさらする気はなかったんだけど、どうせ痛がって入れるのは無理やろうと思ってすることにした。
まず、社会科教室のカギをかけていすを2つ並べて、隣に座る肩を抱き寄せ頭をなでながら優しくキスをした。

「キスも初めて?」って聞くと、あゆみは無言でうなずいた。

それから今度はゆっくり舌を入れてみた。
小さい歯に当たっても動かずじっと固まってたんで「先生の舌舐めてみぃ」って言うと、目を閉じたまま小さく頷き、舌の先で僕の舌を舐めはじめた。
だんだん慣れてくるとディープキスも激しくなってきて、僕の唇があゆみの唾液でいっぱいになった。
恐る恐る胸に手を持って行くと一瞬身を引きそうになったが体を硬直させて耐えていた。
小柄で細身とあって胸は小さいが、確かに膨らみを感じることができた。
ずっとキスしていた唇を彼女の首筋に這わせ、手はカッターシャツのボタンを外しブラのホックを外した。
ブラの下から手を入れ、胸全体を包み込むように揉んでいると小さい小さい乳首がツンと立っていて、手のひらでそれを感じることができた。
あゆみは目を閉じたまま、少し息が乱れてきたので「こしょばいん?」って聞くと、無言で首を横に振り僕の二の腕をしっかり掴んでいた。
ブラを上に上げると、わずかに谷間があり小さい乳首が立っていた。

僕がその乳首を舌を使わずに唇で挟んだり、キスをしたら彼女の口から「んっ・・・」とため息に近いような声が出た。
僕もけっこう興奮状態になっていたので今度は舌も使い無心で彼女の胸を愛撫した。
次第に僕の手は彼女の太ももに行き、撫でたりさすったり揉んで若い肌を楽しんでいた。
そして、いよいよ手をアソコに持って行こうとしたが、あゆみは脚を固く閉じていたので「やっぱり怖いんやろぉ?」と聞くと、無言で頷いたので「もうヤメとく?」って聞くと首を横に振るので「じゃあもう少しリラックスしぃや。途中で痛かったりイヤになったらやめたるから」って言うと彼女は少しだけ脚を開いてきた。
また乳首を愛撫しながら太ももの感触を楽しんでアソコに手を伸ばした。
パンティの上からアソコを撫でるとやわらかくて少し熱くなっていて湿っぽかったが、あれは恐らく汗だったんだろう。
割れ目の沿ってゆっくり指を這わすと彼女は脚を動かし出した。

「少しは感じてるのかなぁ?」と思いながら少しずつ早く、激しく、縦に横に時には振動させながらいじった。

手がクリに当たると「ビクッ!」と反応するので、そこを集中的にいじりまわすと彼女はかすかなあえぎ声を上げてきた。
僕のアソコはギンギンになっている。
彼女のパンティを脱がせて(スカートは穿いている)いすに座った彼女の足を大きく広げさせ、僕はスカートの中に頭を突っ込み彼女の割れ目を舐めた。
わずかに濡れているが入れるにはまだまだなので僕は必死で舐めた。
最初は割れ目全体を舐めまくり両手で太ももの感触を楽しんでいる。
今度は手で割れ目を開きクリを舐めたり軽く噛んだりした。
彼女はかすかなあえぎ声をあげながら僕の頭を押さえつけている。
彼女のアソコは僕の唾液でベタベタに濡れている。
そして人差し指をゆっくり挿入すると、第2関節あたりまで入れた所で彼女が「痛いっ」って小さな声をあげた。
僕は「大丈夫?」と聞くと小さく頷いたので「少しだけ我慢できる?」って聞くと、彼女はまた無言で頷き目を閉じた。
僕は慎重に人差し指を第2関節の手前までゆっくり挿入した。
アソコの入り口附近をゆっくり掻き回した。
次第に、半ば無理矢理だったが人差し指がすっぽり入るようになった。
僕は彼女にフェラとかさせたかったが初めての子にはキツイかなぁと思って我慢した。

「先生の入れてええ?」って聞くと小さな声で「うん。私頑張るから先生も痛くないようにしてね」と言った。

いすに座ったままじゃ入れにくいので僕の机に座らせ脚を広げた。
ぼくは自分のモノを指で持ち彼女の割れ目にくっつけた。
僕はアソコの先で彼女の温もりを感じることができた。

「じゃあ入れるで?」と問うと彼女は頷き目を閉じた。

僕は「一生に一度の初体験やねんから目を閉じんと見ときぃや」と言うと、
彼女は「恥ずかしいやんか!」と言い両手で顔を覆った。

「じゃあ先生の顔を見てて。先生も山鹿の顔見てるから」と言うと、あゆみは目を開いて不安そうな表情で僕の目を見ていた。

僕もあゆみの顔を見ながら「大丈夫。先生を信じて」と言い、ゆっくり挿入を開始した。
意外にも亀頭まではスムーズに入ったのでさらに挿入を進めると、亀頭から1cm程入った所で「痛いっ!」と彼女は声を上げた。
僕が「大丈夫?もうやめるか?」って聞くと、あゆみは横に首を振り「私頑張るから」と言うので、そこから少しずつ挿入するとあゆみは苦痛に顔を歪めて耐えていた。
今にも弾けそうな彼女の処女膜の感触を感じることができた。
僕は早くあゆみを楽にしてやりたいと思い半ば無理矢理、抵抗するあゆみの脚を手で押さえつけて根元まで挿入した。
あゆみの目からはわずかに涙がこぼれていた。

僕があゆみに「一番奥まで入ったよ」と言うと少し引きつった笑顔で「頑張ったもん!」と言った。

「痛くない?」って聞くと、あゆみは「メチャ痛いっちゅーねん!」と言うので、僕は「んじゃ、抜こか?」と言うと、「せっかく頑張ったのにもう少しこのままでいて」と言うので、僕は頭を撫でて優しくキスをした。

締りが良いので挿入してるだけで気持ちよかった。
しかしこのままではイケないので「少し動かしていい?」と問うと「ゆっくりならええで」と言うので少しずつ動かしてみた。
彼女は僕の両腕をつかみ僕が痛いくらいツメを立てて耐えていた。
そして僕は5分も持たずに果てた・・・。
ゴムを着用していたので中で出した。
あゆみのアソコから抜くとゴムが真っ赤に染まって少しグロかった・・・。
僕は血のついたゴムを外しあゆみに見せて「初体験記念に持って帰るか?」と言うと、「あほっ!」と言い僕は頭をしばかれた。

「ぶっちゃけ話全然きもちくないやろぉ?」と聞くと素で「うん」と言うので「先生はきもちかったわぁ」と言うと、彼女は頬を膨らませ「先生だけセコイねん!」と言い僕はまた頭をしばかれた・・・。

「山鹿がきもちくなってくるまでにはあと2、3回はせなあかんのちゃうか?」と言うと、「えぇぇぇぇぇ!?でも、先生が責任持って教えてくれるよね?」と満面の笑みで言うと、僕は少しドキドキさせられたが、「えぇ~どうしよっかなぁ?」と言うと、「あほっ!」と言いながら僕の胸に飛び込んで来た。

あれから3日経つが、放課後になるとあゆみが遊びに来ないかなぁと待っている自分がいる・・・(汗)

タイトルとURLをコピーしました