同級生の店で働く恐い男に目をつけられて

この体験談は約 9 分で読めます。

短大を卒業した私は地元企業に入り、受付業務を担当していました。
24歳の時に夫(29歳)と知り合い結婚、夫の実家で暮らしていたんです。
結婚後、すぐに長男を出産し私は会社を辞めたんです。
そんな時、義父が病気で他界し、義母(61歳)との4人暮らしが始まったんです。
義母も子育てを手伝ってくれたり、家事を押し付けることもなく、いい関係にありました。

そんな生活が6年ほど経ち、私は30歳を迎えようとした時でした。
中学時代の友人から、同級会の連絡が来たんです。
義母に話をすると、「いいんじゃない!行って来たら。子供は私が面倒見ているから」と言ってくれて、15年ぶりの再会を楽しみにしていたんです。
田舎なので、同級生と言っても35人程の小さな学校です。

当日、私は薄紫色のワンピースに白いカーディガンを羽織り、慣れないヒールの高い靴を履いて家族に見送られ出かけました。
電車で3駅程乗った所に地元の集落があり、駅から歩いて15分の場所に会場(小さなスナック)はありました。
久しぶりに訪れる地元の商店街は昔と変わらない風景。
店に入ると、既に20人くらい集まっていて盛り上がっていました。

「しおり!こっちこっち」

手招きしていたのは、中学時代に仲良しだったレイナでした。

「久しぶり!みんな元気だった?」

「しおりこそ変わらない?何か凄く綺麗になって・・・」

「そんなことないわ!みんなも元気そうね」

結局35人中26人が出席、9人は遠くに行った人や仕事で都合が付かない人、中には海外で頑張っている人もいました。
はじめはみんなぎこちない感じもあったのに、いつの間にか昔話に大盛り上がりです。
気づけば3時間も過ぎていて、仕事だの家事だので帰る人もいました。
そんな中、料理やお酒を運ぶリナの姿があったんです。
会場のスナックはリナの実家で、母親が経営している店でした。

「リナもこっちで休んだら・・・」

「ん~、一応商売だからね」

「じゃ、私が一時、代わってあげるわ」

リナとは中学時代同じ部活で、ライバル的存在でした。
(仲は良かったんですよ)
リナに代わってカウンターの仕事をしていると・・・。

「しおり!凄っげ~綺麗になったな?しかも色っぽいし」
「もう!お世辞も上手になったのね」

「何!将太、しおりに一目惚れ?」
「馬鹿なこと言うなよ!そうじゃないけど・・・」

「でもさぁ!本当しおり綺麗だし、胸も大きくなったわよね?サイズ幾つ?」
「え~恥ずかしいじゃない・・・秘密よ」

「昔から大きかったけど、ますます大きくなって・・・羨ましいわ」
「ん~子供出来てから2サイズも大きくなったから」

「昔は幾つだったけ?」
「前はFかなぁ」

「じゃ、今はHカップだ!」
「もう!ばれちゃったじゃない」

酒の酔いもあって、そんな話で盛り上がったりしていると夕方6時を迎えていました。
気づけば10人程になっていて、女性は3人しか残っていませんでした。
女性陣3人で酒を飲みながら話をしていると、リナが「ねぇ!しおり、店で働けない?」と聞いてきたんです。

「急に言われても・・・どうして?」
「私、今1人でこの店やってるの?母親が体調崩してね・・・」

「そうなんだ!大変ね」
「ん~、でも私1人じゃ、やっぱり手が回らなくて・・・お客さんに迷惑掛ける事もあるんだ。地元の人達が気を遣って飲みに来てくれても、サービス不足って感じ」

「そうか?リナ頑張ってるんだね」
「しおりみたいに綺麗な店員だったらみんな喜んで来るんじゃないかなぁ・・・」

「それは大袈裟!でも・・・子供も小さいからなぁ」
「専業主婦なんでしょ!お義母さんだって見てくれるんでしょ、毎日じゃなくっていいの」

「しおり・・・ちょっと手伝ってあげたら・・・私は仕事あるから手伝えないけど・・・」
「お金はちゃんと払うし、電車賃も出すわ」

「お義母さんや夫に相談しないと・・・」

リナとは中学時代だけの友達だったんですが、部活帰りにリナのお母さんに夕食を食べさせてもらったり、試合の時は送迎や差し入れなどしてもらって、随分お世話になっていました。
リナもライバルであったけど、お互い助け合って頑張ってたのも確かです。
リナはちょっと不良とも付き合いがあって、怖い部分もあったけど根は凄く優しくていい人でした。

週に2日くらいだったら何とかなるかなぁ?と思いながら家に帰って家族に相談したんです。
義母は、「いいわよ!友達困ってるんでしょ?まだ若いんだから仕事の1つや2つしないとね。子供は私は見てあげるから気にしないでいいよ」と凄く優しい言葉を頂きました。
夫も義母が良いと言うならいいよって賛成してくれました。
翌日、リナに話をすると、「良かったわ?いつ来れる?」と言うので、「水曜と金曜の夜かなぁ」と答えました。

そして水曜日の夕方、私はリナの店に向かったんです。
店に行くと既にリナが準備を始めていました。

「ごめんね!助かるわ」
「ん~ん、いいの、何すればいい?」

「着替えてくれる?普段着じゃね?」
「そっかぁ!服貸してくれるの?」

「もちろん!そこに用意してあるよ」
「じゃ、着替えて来るね」

奥の部屋に入ると着替えが用意してありました。
着替えてみると、いかにもお水って感じの服装で、スカートは超短い白いタイトスカートです。
上着もリナが着ていたのか、胸の辺りが小さくボタンがはち切れんばかりです。

「ちょっと小さいかなぁ?」

「ん~私のだからね?ちょっと我慢して・・・でも色っぽいわよ。お客さん受けは良いと思う」

「もう!リナったら」

初めての接客業に緊張しながら待っていると、中年のおじさん3人が入って来ました。

「おっ、りなちゃん、新入りかい・・・」
「そうなの?今日から手伝ってもらうしおりちゃん、よろしくね」

「初めまして、よろしくおねがいします」
「いいねぇ!初々しくて」

注文を取ってテーブルに運ぶと、「一緒に飲もうよ」と手を引っ張られ男性のもとへ・・・。
お客さんのお話を聞きながら頷く私。
ビールも1杯2杯と勧められ、程よく酔いが回っていました。

「平日はこんなものなの?週末が忙しいのよね」

「そうだよね」

その日は10人くらいが来てくれて、お客さんのお話を聞いて一緒に飲んで、それなりに接客をしていたんです。
でも中にはやっぱり、肩に手を回してくる人や、太腿を擦って「色っぽいね」と言いながら私の胸をガン見する人もいました。
酒の席ですから多少は想像していたんですが・・・。
初日で気合いが入り過ぎて、飲み過ぎた事もあって帰りはタクシーで帰ったんです。
ヘロヘロなりながら家に帰ると夫が待っていました。

「大丈夫か?こんなに酔っぱらって・・・」
「ごめんなさい」

「子供は母さんのところで寝てるから大丈夫」
「そうなの?風呂に入って来るわ」

そうして金曜日の夜を迎え、平日の数倍の客に忙しく働きました。
余りの忙しさに、太腿を擦られたり胸を触れられたりしたんですが、気にしている余裕もありませんでした。
客の前でしゃがんで落ちたツマミを拾ったりしていると、「純白だね。色っぽいね」と冷やかされたりしました。
途中、同級生の姿もあって、私が手伝っていると聞きつけて来てくれた様です。

「はぁ!疲れたわね」
「しおりの評判が良いからいつもより多くの人が来てくれたわ。ありがとう」

「リナ、凄いね!こんなの毎日だなんて・・・」
「そうかなぁ?高校生の時には手伝ってたからね!慣れよ」

そうしてリナの店で働いて1ヶ月程が過ぎ、仕事もだいぶ慣れ客との接し方も随分上手になったと思います。
その頃になると常連客とも顔馴染になり、「◯◯さん、また来てくれたんですね。嬉しいわ」なんて言葉まで出る様になっていました。

そんな客の中に、一見怖そうな常連客がいました。
彼は見た目40代半ばでしょうか?
いつも決まって陰のテーブルに座り、携帯を弄りながら煙草をプカプカ吹かしていました。
リナも彼には気を遣っている様で、時間が空くとすぐに彼のもとに座って話をしていたんです。
彼は決まってリナのお尻に手を回し、胸やお尻を触りまくっていました。
リナも嫌な顔をすることもなく、彼と話をしていました。
そんな2人の行動が気にはなっていましたが、特にリナも何も言わないから、他の客の接客をして彼のもとには近付かないようにしていたんです。

11時を過ぎ、店には彼だけになるとリナが、「ちょっといい?」と手招きして来ました。
嫌でしたが彼のテーブルに向かうと彼を紹介するリナ。
相変わらず彼の手はリナの腰に向けられ、今にもキスするくらいに顔を近づけています。

「しおりって言うんですよ!綺麗な女性でしょ!あなた好みの・・・」

「おぉ~、べっぴんさんやなぁ」

低い声で私の体を舐めるように見ると、「姉ちゃん!胸デカいなぁ!いっぺん揉ませてくれるか?」といきなりセクハラ発言です。

「それはちょっと困ります・・・すみません!」

「そんなツンケンしなくてもいいじゃないか?まぁ一緒に飲もうや」

彼に勧められ焼酎を飲んでいると、眠気が増して意識が薄れていくのが分かったんです。
気が付いた時、私は知らない部屋の椅子に縛られていました。
しかも全裸で椅子の肘掛けに両手を縛られ、足もM字に開いた状態で同じように肘掛けに縛られています。
アソコにはバイブが突き刺さり、ウィ~ンウィ~ンと音を発てて動いています。

「誰か助けて~」

その時、あの男がニヤニヤしながら歩いて来たんです。

「いい身体しちょるのぉ~。前からこうしてみたかったんだよ」
「警察に言いますよ」

「ん~出来るかなぁ!警察行けば、この写真はネットにばら撒かれるし、旦那の会社や子供の幼稚園にも・・・」
「そんな!」

「まぁ少しだけ俺の相手をしてくれれば良いんだって・・・旦那にも言わないし・・・な」

辺りを見てもリナの姿はありません。
あの時、お酒に薬を入れたのは・・・、きっとリナもグルだったんだわ。
そんな事を考えていると、彼は私のアソコに触れながら胸を吸い始めたんです。

「お願いします。許して下さい。主人も子供もいるんです」
「知ってるよ!しおりちゃんって言うんだろ!こんな良い体して旦那1人じゃ勿体無いから俺にも使わせてくれ」

「嫌!嫌です」
「そうかなぁ!ここは凄く濡れているんだけどなぁ」

じつは、気が付いた時から、アソコで動くバイブに私は感じてしまっていました。
不意を突かれた感じにキスをされ、舌を入れられた私は、ただ彼に好きなように弄ばれたんです。
彼は焦らす様に乳首を弄り、舌で体中を舐め回すと、アソコから溢れる汁を見て、「どれだけ出るんだ~?」と指で汁を掬い、私に見せつけて来ます。
バイブを出し入れされ、クリトリスまで指で転がされると遂に限界が訪れ、私は彼の目の前でイカされました。

ヒクヒクしながら意識朦朧となっている私の目の前に、彼は大きく怒り狂った肉棒を差し出して来たんです。
夫のモノとは比較にならないくらいの大きさに驚きを感じていました。
そして彼はバイブを抜くと、自分の巨根を差し込んで来たんです。
身動きできない私はただ彼の肉棒を受け入れるしか無く、メリメリと襞が開かれ奥に奥にと入って来ました。
苦しいくらいに開かれた襞!
子宮の奥まで届いている肉棒に、今まで感じたことの無い刺激が脳裏を巡ったんです。
そんな状況で彼はゆっくりと腰を動かし、まだイッたばかりで冷めないアソコを刺激され、私は2度目の絶頂を迎えていました。

何度イカされたんでしょうか?
私はベッドに横たわり、彼の肉棒を口にしていました。
彼が私の携帯を手渡して、「旦那、心配しているだろうから、今日はリナの家に泊まると言え」と言うんです。

(逆らえば写真が・・・)

私は夫に電話を掛けたんです。

「もしもし、あなた?私・・・今日は忙しくて、まだ帰れないからリナの所に泊まるね。先に寝てて」
「そうなのか?分かった。子供は寝たし、明日ゆっくり帰って来るといいよ」

「ん~ごめんな・・・あぁぁぁ~・・・ん~・・・さ、い」
「どうした?」

「ん~ん・・・何でもないの・・・ハァ~・・・じゃ」

夫との会話中、彼は私のマンコにバイブを差し込み、クリトリスをローターで刺激して弄んできたので、思わず声が・・・。
何とか誤魔化して電話を切った直後、また太い肉棒が口の中へ入ってきたんです。
こんなに長時間エッチをした経験が無かった私は、何度もイカされるうちに初めての潮を噴き上げていました。
まさに絶頂と言うのはこういう事だと思いました。
何も考える事が出来ず、頭は真っ白で、ただ気持ちいいという感覚が体中を巡っています。
ハァハァ息を荒らし、私は意識を失ったのでした。

翌朝、目を覚ますと目の前にリナと彼が寝ていました。
私が目を覚ますと、彼も私に気づき目を開けました。
裸の体を毛布で隠し、部屋から逃げようとした時、彼に腕を掴まれ毛布を剥ぎ取られました。
強引に体を抱き締められ、唇を奪われると同時に舌が入り込んできて、やがて胸を揉まれました。
彼の足元に跪かされると、昨日見た巨根を口に入れて来たんです。

「写真ヤバいよなぁ・・・旦那に見られたくないでしょ」

「写真は消して・・・」

「しばらく、俺の女になるって言うなら考えるよ」

もう彼に従うしかありませんでした。
彼は私を四つん這いにしバックから激しく突きまくると、私の体内へ精液を出し、満足げな表情で、「店、辞めんなよ」と言い残して部屋を出て行きました。

リナを起こし、責め立てると、全て白状してくれたんです。
母親が体調を崩して店を1人で切り盛りしている時、彼が訪れてヤクザ紛いの脅しを毎日されたそうです。
客も彼を恐れて減っていた中、「俺の女になれば何もしない」と言われ、渋々抱かれたそうです。
彼は毎日店に来て、奥の席に陣取る様になったそうですが、客には危害が及ばない事もあって、次第に常連客も戻って来たと言います。

しかし彼に指示され、派手な衣装や、時には客が居る中でノーパンやノーブラで働いた事もあると言うんです。
しかも客が居るのに彼のチンポを咥えさせられたり、時には入れられることも・・・。
客の中には彼との関係を見た人もいるらしく、心配してくれていると言います。
そんな中、同級会が開かれ、たまたま彼が私を見て、目をつけられたんだと。
ぜんぶ彼の指示で私を・・・そう言ってリナは涙を流していました。
最初はリナに恨みを抱いていた私も、彼女の涙に同情して、それ以上は責める事が出来ませんでした。

結局、その夜も彼女の店に働きに行き、私は弄ばれ、彼の性処理をさせられました。
水・金・土と3日間、私はリナの店で働き、夜は彼に抱かれ、深夜2時に帰宅するという生活が続きました。
家族は何も知らず、夜の仕事を理解してくれて、温かく送り出してくれています。
夫はまだ35歳、月に何度か夜の営みを求めて来ます。
しかし彼の巨根に拡張され、毎回絶頂を味わう私の体は、夫の淡白なエッチや二回りも小さな肉棒では絶頂はおろか、軽くイクことすら無くなりました。
彼はまさに絶倫といった感じで、硬くギンギンな状態が何十分も続きます。
そんな状態で、何度も差し込まれ突きまくられると、私が先に絶頂を迎えてしまいます。
正直、彼は女性の感じる所を知り尽くしているんでしょう。
大抵の女性は彼に抱かれたら私の様に絶頂を味わわされるんだと思います。

リナの店で働き始めて3ヶ月が過ぎようとしています。
恥ずかしい話ですが、彼の趣味でSMプレーやアナルまで経験させられ、今ではリナを含めた3Pです。
リナは陰毛も全て剃られました。
私も剃ることを求められていますが、夫との性行為もあるので何とか断っています。
彼は色々なことを考えている様で、青姦や露出を私達に求めています。
先日など、「今度、友達たちも誘って旅行にでも行こうや・・・乱交も面白そうだし・・・」と怖いことを言っていました。

正直、命令されたら断ることが出来ません。
今も彼の手元には多くの写真や映像が握られているし、家の住所も夫の会社も、携帯の連絡先まで知られています。
彼は、「これは強姦ではないぞ・・・和姦だからな」と自信満々に言っていました。

リナの話では、彼は今までも何人もの女性を弄んでは捨て、新しい女性を探してきたと言います。
一日も早く、彼が私の体に飽きて、捨ててくれる事を祈っています。