笑顔のままで・・・

この体験談は約 13 分で読めます。

これは俺が二十歳の時の話です。

当時、俺は大学生で、雑居ビルの雀荘でアルバイトをしていました。
彼女はそのビルのオーナーさんで、店にも客として遊びに来ていました。

彼女はバツイチの42歳。
旦那の浮気で離婚。
慰謝料代わりにブン取ったマンションと雑居ビルの家賃収入で生計を立てているようでした。
垂れ目で、顔だけ見るとやさしそうな印象を受けますが、身体はかなり大柄です。
身長は170近くあり、かなりふくよかな体格をしています。
服は少し派手めの物が多かったですが、ケバケバしい印象はありませんでした。
タレントで言うと斉藤由貴に似てると思います。

その店はSETの客が多いため、彼女の相手はいつも俺の役目でした。
そのうち自然と仲良くなり、晩飯をご馳走になったり、彼女の部屋にも招待されるようになりました。
招待といっても彼女の麻雀仲間の数人も一緒で、徹夜で麻雀をする為に呼ばれていただけのことなのですが。

その日も彼女がやって来ました。
深夜12時に閉店になるまで打ちましたが、その日の彼女の成績は散々なモノでした。
多少、気性の荒い人なので、かなりのご機嫌ナナメです。

「このままじゃおさまらないから、この後家で続きをしましょう!」と言うと、すぐに麻雀仲間に連絡しました。

当然俺も連れて行かれるわけです。
近くの飲食店で軽く腹ごしらえをし、彼女の部屋に向かいます。
彼女の部屋は3LDKのマンション。
1人暮らしには広すぎる間取りです。
麻雀仲間は30代くらいの水商売風の女性Aさんとその友人(ヒモみたいな男20歳後半か30くらい)の2人です。
ほとんど毎回このメンバーです。
2人は彼女の家の中で待っていました。
自動ジャン卓に座ると挨拶もそこそこに麻雀が始まりました。

そのまま朝になってしまいました。
このメンバーでやるとほとんどの場合朝7時くらいでラストになります。

麻雀が終わるとAさんが「今日部屋借りるね。このまま店に行くから昼間で寝かせてよ」と彼女に尋ねました。

「いいよ。いつもの部屋使って」と眠たそうな顔で答えました。

よくあることらしい。
男もAさんに着いて奥の部屋に入って行きました。

自分もそろそろ帰ろうと、ソファーで横になる彼女に帰りの挨拶をしました。

「じゃ、俺も帰りますね。おつかれさまでしたー」

その声を聞いて彼女がこちらを向きました。

「まぁゆっくりしていきなさいよ。休みなんでしょ?コーヒーでも入れるわ」

彼女は、ソファーから起き上がりキッチンへ歩きながら言いました。

「少し休んだら私が車で送ってあげるから」

俺は冬休み中だったので、講義もないし、その日はバイトも休みだった。

「じゃ、お願いします」

俺もソファーに座りコーヒーを頂くことにしました。

しばらく朝のワイドショーでも見ながら取り留めの無いことを話していました。
しかし徹夜の後ですので当然睡魔が襲ってきます。
眠くて仕方が無くなってきました。
頻繁にあくびをする俺に「あ、眠いならちょっと寝る?」と彼女も少し眠そうな声で言いながら、寝室を指差しました。
寝室はどうやらさっき2人が入っていった部屋のようです。

「あ、でも2人が寝てますよね?悪いじゃないですか・・・ソファーでいいです」

俺が言うと彼女が少しい笑いながら言いました。

「そうねwたぶん真っ最中だから入らないほうがいいわねw」

実は俺も気付いていました。
奥の部屋からSEXの雰囲気がします。
トイレに行く時に部屋の前を通ったらあからさまに声が聞こえました。

「まったく・・・人の家を何だと思ってるのかしらw」

コレもいつもの事らしく、彼女は呆れ顔で笑っていました。
俺は隣の部屋で性行為が行なわれていると思うと、何だか変な気分になってきました。
自分の顔が赤くなっているのがわかりました。

「あ、じゃココで少し眠らせてもらいます・・・」

赤面しているのを彼女に悟られるのが嫌で、ソファーに横になり彼女から顔を背けました。

「まってて、何かかけるもの持ってくるから」

彼女は寝室とは別の部屋から毛布を持ってきました。

「じゃおやすみ。お昼くらいには起こすから」

言いながら俺に毛布をかけました。

「はい、おやすみなさい」

そう言って俺は目を閉じました。
彼女は「うん。おやすみ」と言いながら俺の頭を撫でました。

目を閉じてしばらく経ちましたがなかなか寝付けません・・・。
頭を撫でた彼女の手がそのまま顔から肩、腕や背中とずっと撫でているからです。
目を閉じていますが、彼女の顔が俺の顔のすぐ近くにあり、俺の顔を見ているのがわかりました。
彼女が発する女性の匂いと身体を這い回る指の動きに、俺の下半身が自然と反応してしまい寝付けないのです。

そのまま寝たフリを続けたいのですが、履いているジーンズが苦しくなってきました。
俺は薄っすら目を開けて彼女の顔を覗きました。
彼女は観察するように俺の顔を眺めています。

「あれ?眠れない?子守唄でも唄ってあげましょうか・・・」

そう言ったかと思うと俺の顔に近づいて、そのまま唇を重ねました。
突然のことでどう対処すれば良いかわかりません。
その間、彼女の手が俺の胸元を撫でています。
はじめは軽く唇をあわせているだけでしたが、少しずつ彼女の舌が深く、いやらしい動きに変わってきました。
とても長い時間キスをしていたような気がします。
彼女が少しだけ唇を放し、「私で良かったら初めて・・・させてあげようか・・・」と小声で言いました。

実は俺は情けない話ですがハタチにして童貞で、以前彼女と酒を飲みながらその話をしたのを思い出しました。
彼女は再びキスをしながら、今度は俺の下半身に手を伸ばしました。
ジーンスの上からでも俺が勃起していることがわかったのでしょう。
彼女が少し笑ったように思えました。
彼女がジーンズを脱がそうとしているのがわかりました。
しかし、ジーンズが固めのボタンホールで、なかなか上手く外れません。
もどかしく思った俺は、横になったまま自分でボタンを外しました。

「ははっw、私でイイって事ねw」

うれしそうに笑いながら、彼女もソファーに横になりました。
それほど大きなソファーではないのでかなり窮屈です。
彼女の身体が半分近くソファーからはみ出ています。
俺は彼女がソファーから落ちないようにと腕で彼女の腰を支えました。
ピッタリと密着して、抱き合っているような格好になりました。
彼女の胸が俺の身体に押し付けられます。
そのやわらかい感触が俺の股間をさらに緊張させます。
その股間を彼女の手がさすります。
パンツ越しとはいえ、初めて他人にペニスを触られる感覚は、何とも言えないモノがありました。
彼女は俺の顔を観察するようにマジマジと見ています。
恥ずかしくなった俺は目を閉じました。

彼女は俺のパンツの中に手を入れました。
既に全開に勃起していた俺のペニスからは先走り汁のような物が出ていたようで、彼女が先っぽを触るたびにヌルヌルした感触が伝わってきます。

「ねぇ、ズボン脱いで・・・」

彼女が俺の耳元でささやきました。
寝たままでは脱ぎにくいので、俺は一旦ソファーから立ち上がり、ジーンズを下ろしました。
自分でも恥ずかしいくらいに勃起したペニスが露わになりました。
上着は着たままです。
今思うとなんとも間抜けな格好ですが、その時の俺にはそんなことを考える余裕は無かったのだと思います。

彼女はソファーに座って俺を見つめています。
真冬で、朝とは言えまだ薄暗かった外がいつの間にか明るくなっていました。

「外から見えちゃうよww」

彼女は窓際に行き、カーテンを閉めました。
遮光カーテンと物なのか部屋の中からほとんど光がなくなりました。

薄暗い部屋の中で突っ立ている俺に彼女が近づいて来ました。
立ったまま彼女ともう一度キスをしました。
俺は男にしては小柄で、身長も165cmしかなく、体重も50㎏前半で細身。
大柄の彼女と比べると明らかに見劣りします。
部屋にある姿見の鏡に映った2人の姿は、大人と子どもの様に見え、何ともアンバランスな感じでした。

彼女はそのまま俺の上着に手をかけました。
何枚か重ね着していたのですが、全部一辺に脱がされ、俺は完全に全裸になってしまいました。
彼女は一枚も服を脱いでいませんのでこれも何だか違和感がありました。
俺は、童貞ながらに(女の服は男が脱がすものなのか?)と考えましたがどうしてよいかわかりません。

彼女はキスをしたまま俺のペニスをさすります。
俺はほとんど直立のままで彼女の手の動きを感じていました。
最初は軽く触る程度だった動きが、少しずつ激しくなり、裏スジや根元の部分を念入りに擦ります。

「きもちいいかな?」

彼女は何度か俺に聞きましたが、俺には「はい・・・」と答えることしか出来ません。
彼女の手はますます激しく俺のペニスを扱きます。
自分が毎晩の様にしているオナニーとは微妙にポイントがずれていて、射精まではいきそうに無かったですが、ガマン汁が出まくっているのが自分でもわかりました。

しばらくすると彼女は立っている俺の前にしゃがみ込みました。
彼女の目の前にガマン汁が滴りそうなペニスが物凄い角度で起っています。

「すごいねwお腹に付きそうだよw」

彼女はそう言ったかと思うと、パクリとそれを口に含みました。
当然フェラをしてもらうのも初めてです。
何をしているのかよくわかりませんが、彼女の舌が俺のペニスに巻き付いているような感覚です。
とにかく気持ちよくて、彼女が少し吸い上げる度に精液が登って来るのがわかりました。

(これでイッてしまうのは情けないことなのだろうな・・・)

頭ではそんな事を考えながらも、身体は射精したくて仕様が無くなりました。
しゃがみんでいる彼女の頭を少し強めに握って、自分で腰を動かしました。

すると彼女がペニスから口を離し、

「もう、コレで出したらダメだよwおいで・・・」

彼女は立ちあがりソファーの方に行きました。
歩きながら上着を一枚脱ぎました。
ソファーに腰掛け、今度はスカートを脱ぎました。
上はまだ服が一枚ありますが、下は下着だけになりました。
俺も彼女に近づき、横に座りました。
彼女がソファーに横になります。

「脱がせて・・・」

彼女が俺の手を取り、下の方に手を持って行きました。
睡眠不足のせいもあったのか、ドキドキして頭がくらくらしてきます。
脱がせる前に少しだけ彼女の下着を指で触ってみました。

「もう、エッチねw」

彼女は笑っていましたが、下着はしっとり濡れていました。
俺は彼女の下着を脱がせ、ソファーの下に落としました。
彼女は上着は着たままです。

「上は・・・脱がないんですか?」

俺が尋ねると、

「あー、すっごい太ってるから嫌なのよねwお腹とか見たらチンチン小さくなるかもよww」
「え、大丈夫だと思いますよ・・・」

俺は言いながら彼女の上着を脱がせました。
彼女も別に抵抗するわけでもなく、自分から腕を上げて脱げやすくしてくれました。
暗いのでよく分かりませんが白っぽいブラでした。
サイズが小さめなのか胸の肉がはみ出そうになっています。

「おっぱい、すごいですね。コレも取っていいですか?」

童貞の俺でも、背中側にホックがある事は知っていたようです。
彼女の背中に手を回し、必死でホックを外しました。
すごいボリュームの2つの肉の塊が、ボロリと現れました。
確かにスレンダーとは言えない身体ですが、それを差し引いても巨乳には違いありません。
おなかが少し2段腹なのは、しばらく関係を続けているうちに多少気にはなってきましたが、その時は全くどうでもよい事でした。
むしろそのやわらかい肉感に喜びすら覚えるほどでした。

俺は露わになった彼女の乳首を舌で舐めました。
乳輪が大きめのためか、乳首自体は小さく感じます。
しばらく舐めていると少し乳首が大きく突起してきました。

「唇で噛んでみて・・・」

少しため息まじりで彼女が言いました。
俺は言われたと通りに唇を窄め軽く噛んでみました。
乳首が大きくなって少しコリコリします。
彼女も少し息が荒くなっているように感じました。
今度は彼女が俺の手を取ります。
手首を掴んで下半身の方にあてがいます。

「今度はコッチも触ってみて・・・」

指先に彼女の陰毛があたります。
自分でもう少し下の方に手を持って行きました。
ヌルっとした感触が手に伝わりました。
温度も高くて熱いくらいでした。

AVやエロ本で得た知識ですが、クリトリスが女性の性感帯であると知っていた俺は、ソレを探しました。
なんとなく位置はわかるものの、ソレらしいものがありません。
彼女も察したのか自分で性器のヒダを広げ、俺の指をソコにもって行きました。
少し突起している部分がありました。
すでに彼女の液でヌルヌルのその部分を指でゆっくり擦ってみました。

「あぁ、キモチイイよ・・・」

俺に気を使って言ってくれていたのかもしれませんが、その時の俺にはとてもいやらしく、うれしい言葉に聞こえました。
彼女は俺の股間に手を伸ばし、軽くシゴく様な動きをしました。
さっきの唾液が残っていてまだ少しヌルヌルします。

「じゃ、そろそろ入れようか・・・おいで・・・」

彼女に覆いかぶさるようにして、ペニスを彼女の性器にあてがいました。
はじめは少しずれていましたが、自分でペニスを持ち、亀頭を滑らせるように動かしていくと、彼女の穴の位置がわかりました。
ソコまで来ると、自然と滑り込むように半分くらいが中に入っていきました。

「うん・・・」

少しだけ彼女が声を漏らしました。

「いいよ・・・あってる・・・そのまま奥まで・・・」

俺は身体ごと前に動かしてペニスの全てを彼女の中に入れました。

「すごい・・・温かいです・・・熱い・・・」

彼女の中は物凄く熱くて、ヌルヌルしているのに少しザラザラした様な、不思議な感覚です。
しばらくは入れたままの体勢で抱き合っていました。
ほとんど動いていないのに俺のペニスに彼女の液が滴ってくるのがわかりました。

「ねぇ、動ける?」

彼女が言うので、俺は慣れない腰つきで前後に動きはじめました。
腰を動かすというより身体で全体を前後に移動している感じです。

「うん・・・うん・・・うん・・・」と俺が動く度に彼女から声が漏れます。

初めてだからすぐにイッてしまうだろうと思っていたが案外大丈夫で、調子に乗ってガンガン彼女を突きました。
「勃起し過ぎると射精しにくい」のは俺だけかな・・・。
間もなく30を迎えようとする現在の俺には無い感覚です・・・orz

バフッ!

彼女の下半身から妙な音が聞こえました。
一瞬ドキッとしましたが直ぐに理解しました。
彼女の膣の中に空気が入った音でした。
当時、トンネルズの石橋が「おならじゃないのよ。空気が入っただけ」というギャグを言ってたのを思い出しました。

「もうw、◯◯くん激しいから・・・」

少し恥ずかしそうに彼女が言いました。

「はじめてなのになかなかイカないね・・・私ユルいかな・・・」
「そんな事ないです。すごく気持ちいいです」

確かに結構長いこと入れてるような気がする。
部屋は暖房が効いていて熱いくらいだ。
重なり合った2人の身体は汗だくになっていた。

「体勢変えてみようか?私が上になると重いかな・・・後ろからしてみる?」

彼女はペニスを抜いて床に膝をついた。
両手はソファーの上においてこちらにお尻を突き出す格好です。

「お尻・・・大きいでしょ・・・好きな人は好きなんだけどねw」

少し苦笑いをしながら彼女が言った。
確かに物凄い大きさだ。
少し垂れ気味だろうと思っていたが、思ったよりキュッとしている。
お尻の谷間が深すぎて肛門辺りは良く見えない。
俺は彼女の後ろに同じように跪き、ペニスをあてがった。
彼女が足を閉じたような格好で膝立てているので、さっきの穴の位置がわからない。
間違えてお尻の穴の方にペニスを持っていってしまった。

「コラ、ソコはまだ早いぞwもっと下ね」

俺はかなり慌ててしまい・・・。

「ご、ごめんなさい・・・」

言いながらペニスの位置を修正した。
彼女も少し足を広げてくれたので、今度はうまく入れる事ができた。

彼女のお尻の肉を掴みながら必死で腰を動かした。
近くで見るとホントに大きなお尻だ。
細身の俺の腰廻りの倍くらいあるように感じる。
俺が腰を打ち付けるたびに、目の前一面の肉が波打つように震える。
肉の海の中で溺れている様だ。
しかも正常位の時よりも格段に締まりが良い。

「どう?さっきより締まるでしょ?私、後ろの方がイイみたいなのよね・・・」

彼女は少し開いていた足を閉じた。
入口が急に狭くなり、ペニスが膣の入口でシゴかれている。

「あぁ、コレきもちいい・・・きもちいい・・・」

あまりの気持ちよさに俺はそう何度も口走っていたらしい。
(中に出してはいけないとハズだ・・・)と思いながらも腰の動きは止まらない。

「イきそうなの?中でもいいよ・・・」

彼女はそう言ったかと思うと、自分も腰を動かしはじめた。
前後上下に動き俺のペニスを中でシゴく。
俺もその動きに合わせて動きを速めた。

間もなく、ペニスから今まで味わったことのないような射精感が襲ってきた。
童貞の俺にソレをコントロールする術はまだ無い。
彼女のお尻に思い切り腰をぶつけ、物凄い勢いで精子を彼女の中にぶちまけた。

「あぁ、すごいっ・・・出てる・・・」

一言呟いて、彼女はソファーに顔を突っ伏して脱力してしまった。
しかし俺は、そんな彼女の様子を気にも留めなかった。
尿道に残った若くて大量に生産された精子を吐き出したくて腰を動かし続けたのだ。
ドクドクと止め処なく出続けるような錯覚にとらわれた。
ペニスも全然小さくならない。
彼女のお尻の肉を思い切り掴んで精子を吐き出し続けた。

俺はしばらくの間動き続け残り汁を全て絞り出した。
少し落ち着いて我に返り、やっとグッタリして動かない彼女に気が付いた。

「あ、ごめんなさい!大丈夫ですか?」

つい謝りながらペニスを引き抜いてしまった。

「あん・・・」

抜いた瞬間、彼女が声を漏らしました。

「大丈夫よ・・・なかなか止めないからどうなる事かと思ったわw」

彼女は笑いながらこちらを向き、ゆっくりと床に腰を下ろしました。
彼女の足元からは、俺が今吐き出したばかりの精液が大量に流れ落ちていました。
彼女もソレを見て少し驚いた様子で、

「おぉっ、すごい量だねw何日分よw」
「いえ・・・そんなに溜まってたわけじゃ・・・」

実際毎日のようにオナニーしていましたし、溜まっているわけじゃないのですが、自分でもビックリするほどの量でした。
さらに驚くことは、俺のペニスは全く小さくなっていないことでした。
自分と彼女の液でヌラヌラ光ながらギンギンに勃起したままなのです。

「すごいねwソレw大丈夫?」

彼女は笑って言いました。

「私でいいならいつでもイイよ・・・」

言いながら彼女は俺のペニスを口に含みチュポンと吸い上げました。

「じゃ、今からもう一回いいですか・・・」

少しうつむきながら俺は彼女に尋ねました。
彼女は苦笑いをしながら「いいよ・・・おいで・・・」と、ソファーを背もたれにして、床に座ったまま足を広げました。

そのまま正常位で挿入し2回戦突入。
我ながら若かったと思います。
1回目の俺の精液が中に残っているので、さっきとはまた違う感覚です。
俺は狂ったように腰を動かしました。
彼女は上にかぶさる俺の乳首を舐めています。
コレがまた気持ちいい。
男も乳首がきもちいい物だとこのとき初めて知りました。
乳首とペニスが繋がっているような感じです。
舐められる度にペニスも固くなります。

「あぁ、何で?すごい気持ちいい・・・」
「あ、乳首イイんだw」

彼女の口の動きが激しくなり、乳首を吸ったり軽く噛んだりしはじめました。
そのまま動き続けるとアレだけ長かった1回目がウソの様に呆気なく射精してしまいました。
5分も経ったでしょうか?たぶんそんなにもたなかったと思います。

さすがに俺のペニスも落ち着いたようです。
2人とも汗だくです。
風邪をひくといけないと、彼女が一緒にシャワーを浴びようと言いました。
断る理由も特にありませんので2人でシャワーを浴びました。
風呂場の明るい所で彼女の裸を見ると、また勃起しそうになりましたが、さすがに恥ずかしくて「もう1回お願いします」とは言えませんでした。

「徹夜の後でよくやるよねw私たちもw」

そんな話をしながら2人でソファーに横になりました。
相変わらず窮屈なソファーですが2人で寄い添うように抱き合って眠りに就きました。

俺が目覚めたのはもう夕方でした。
辺りは既に暗くなりかけていました。
彼女は先に起きていました。
例の2人も帰ってしまったようです。

「あ、ごめんなさい。こんな時間まで・・・」

俺が言うと、

「いいよ。今から家まで送る?用事無いなら晩御飯食べていかない?」

結局俺はその日夕飯をご馳走になり、そのまま彼女の家に泊まることになりました・・・。

その冬休みの間ほとんどの時間を彼女と過ごしました。
バイトからの帰りも直接彼女の家へ向かいました。
毎日、毎日SEXをし、バイトが無い日は誇張ではなく、本当に朝から晩までしてました。

冬休みが終わってもその関係は続き、俺はアパートを引き払って彼女の部屋で一緒に住むことになりました。
あんなにもSEX漬けの毎日を送った期間は後にも先にもあの時だけでしょう。

しかし、そんな時間も永遠ではありませんでした。
彼女との別れの日を思い出すと今でも胸が苦しくなります。
大学4年の時、俺に後輩の彼女ができました。
俺の部屋に来たいと言います。
さすがに43歳の女性と同棲してるとは言えません。
最初はうまく誤魔化していましたが限界があります。

ある日、俺は彼女にアパート暮らしに戻ろうかと切り出しました。
卒論が忙しいので集中したいとソレっぽいウソまでついて・・・。

「いいよ。部屋は私があたってあげるから。卒論がんばってね・・・」

彼女はあっさり受け入れてくれました。

その日の夜もいつもの様にSEXをしました。
彼女の身体を抱いていると何故だか涙が出てきました。
何処かに罪悪感があったのかもしれません。
涙を彼女に悟られまいと、俺は彼女の胸に顔を埋めました。
彼女は俺の頭を撫でながら言いました。

「ん?彼女は年下?いいよ、私のことは。普通の彼女のがいいよ」

そうだと思ってました。
彼女は全てわかった上で承知してくれていたのです。

「でもSEX教えたのは私だからねw」

冗談交じりで話している様に聞こえましたが、少し涙声なのがわかりました。

「なんだかヒナが巣立つみたいでうれしいような、哀しいようなw」

笑いながら話す彼女の目からも涙が流れていました。
顔は笑顔のままで・・・。

タイトルとURLをコピーしました