最終電車に乗り遅れて

この体験談は約 3 分で読めます。

はじめまして。高1のサナです。
あたしには付き合って2ヶ月の彼氏Yがいます。

その日は彼氏の地元の花火大会だったのですが、帰りバスが混んであたしは最終電車に乗り遅れてしまいました。
どうしよう・・・という話になって。

Yに「うちに泊まっていく?」と言われました。

うちはその日はたまたま家族旅行で(あたしはデートだから行かなかったんです)家には誰も居ませんでした。

でも、Yに悪いと思って「悪いよ~」と言うと・・・。

「うち、親(母)は海外出張で、姉ちゃんは友達と旅行に行ってるから誰も居ないんだ」と言われたので泊まらせてもらうことにしました。
(Yの家は片親なんです)

家に着くと彼はおねえちゃん(大学1年)のパジャマを貸してくれたり、お風呂を沸かしてくれたり、最高のおもてなしをしてくれました。
そろそろ寝ようという話になって一瞬戸惑ったけど、Yは「じゃあ、サナは姉ちゃんのベッドで寝て。俺、自分の部屋で寝るから」って言われて、あたしは少し残念な気もしたけど、彼が優しくしてるのが嬉しかったので「ありがとう」と言ってお姉ちゃんの部屋にいきました。

でもやっぱり緊張してなかなか寝付けなかったんです。
それで枕を持ってYの部屋に行ったら、Yも寝付けなかったみたいで音楽を聞いていました。

「ひとりじゃ眠れなくて」と言うとYは布団を自分の部屋に運んでくれました。

ちょうど運び終わったときぐらいにあたしはYの部屋に飾ってあったYの小さいとき(幼稚園ぐらいかな?)の写真を見つけました。

「可愛い~」と言ってるとYは恥ずかしがって「返せよ~」と言ってきました。

そのうち追いかけっこみたいな状態になって、不意の拍子にベッドでYがあたしに覆いかぶさるような形になってしまいました。

私が目を閉じてキスを求めるとYは優しくキスしてくれました。
私がYに写真を渡すとYはベッドの棚に写真をおいて今度はディープをしてきました。
そして優しくパジャマのボタンをはずされてあたしはされるがままでした。
そのときすでにオマンコは濡れていました。

ブラをとられて揉まれましたYの唇があたしの首筋から胸にさがってきて、あたしはYの優しさが温かかったです。
Yの指があたしのおマンコにきて「くちゅ」って音が鳴りました。
恥ずかしくて顔をそむけているうちにどんどんピストンが激しくなっていって思わず声が漏れました。

突然Yが「女の人って不思議だね」って言ってきたので、あえぎ半分に「どうして?」と聞くと、「いつもは背が小さくて可愛いサナがこんなに色っぽい顔してる」って言われました。
恥ずかしかったけど思わず笑顔になってしまいました。
そして激しく刺激されてもうオマンコがぐちゅぐちゅで、早く入れてっという時にYが耳元で「いれてもいい?」と囁きました。

「うん」と頷くと、Yはゴムを机から出してハメました。

あたしはほんとにYが好きだったので「ゴムなんてしないで生で入ってきて」と言ったけれど、Yは「もし妊娠したらサナが可哀想だから」と言われました。
そんなYの言葉が嬉しくてますます愛しくなりました。

そしてゴムをした彼は入ってきてピストンされました。
あたしは毎日オナニーしてたせいか痛くはなくて、すごく感じてしまいました。

そのあとフェラをして・・・最高の初エッチでした。

タイトルとURLをコピーしました