女子大の美術の講義でモデルのお仕事

この体験談は約 14 分で読めます。

僕がプロのモデルを目指していた19歳の時の、ちょっと恥ずかしいけど楽しかった出来事を話します。

僕は身長178センチ、体重68キロ、小学生の頃から水泳をしていたので逆三角形の引き締まった体形でした。
将来モデルになりたくてモデル養成スクールにかよって、表情、ポーズ、歩き方などのレッスンをしていました。

そんな時、「某女子大の美術の講師からモデルの依頼が来てるんだ。仕事は絵画のモデルでギャラはあまりよくないけど女子大生相手の芸術的な仕事だから、筋肉質の体の君にぴったりだと思うけど、やってみないか?」と校長から言われ、内容もよくわからないまま引き受けることにしました。
僕のモデル初仕事だし、モデル料は安くても、とても嬉しかったのを覚えています。

約束の時間に女子大の美術クラブ担当の先生を訪ねると、まだ20代なかばの可愛らしい人。
名前は山木由佳さんといい、とてもしとやかで、すごくまじめそうな感じでした。

「宮田です。モデルの仕事は初めてなのでよろしくお願いします」

責任者の50代の主任教授が、半年間ギリシャに出張中なので彼女が講義をまかされているそうでした。

「絵画の授業のモデルをお願いしたいんですけど、生徒は皆うちの学生です。ヌードになっていただくんですが、よろしくお願いします」

ヌードとは聞いていなかったのでびっくりしましたが、そこで断るわけにもいかず引き受けました。

今日は男性のヌードを描く授業ということで、女性のヌードはもちろんですが、男性のヌードを描くことも絵画の基本すごく大事なのだそうです。
由佳先生に案内されてアトリエに入ると既に女子学生が15人ほど画板をもって待っていました。

「今日は男性の人物画の勉強をします。モデルの宮田さんです」と由佳先生が紹介すると、「よろしくおねがいしまーす」と一斉に女子学生の元気な声。

7月だったので、ミニスカートやノースリーブのシャツを着た若い子ばかりなので一瞬びっくりしました。
由佳先生は僕に「洋服を全部脱いで段の上に置いた椅子にすわってください」と言ったので、戸惑いながらシャツと靴下を脱ぎもじもじしていると、「ごめんなさい、パンツも脱いでください」と言いました。

僕は服を全部脱ぎ、生まれたままの格好になって、用意されていた背もたれが45度ほど起きている足まで乗る長いソファーベッドに乗りました。
よく浜辺で日光浴する時に使う長い椅子のような感じで、白い毛布のような布がかけてありました。

しかし、15人近い若い女性に見られてると思うと恥ずかしくて、足を閉じて両手を股間の上に置いてチンポを隠していました。

由佳先生が、「これからポーズを決めますので、私の言うようにしてみて下さい」。
最初に、ベッドを全部倒して仰向けになったり、ひざを立てたりしましたが、ああして、こうして・・・と言われながら、結局背もたれを半分ぐらい倒し、腕を頭の後ろに組んで背もたれに寄りかかり、胸をはって足を軽く開いたポーズをとらされました。
ひざの部分で椅子を倒したので足は床につきました。

ひざを閉じていると先生が

「ごめんなさい、足を大きく開いてください、その方が男性の肉体美と力強さが出ますから」

これで僕の大事なところは丸見えです。

由佳先生が「それでは初めてください」と言うと、少し離れて立っていた女子学生たちが一斉に僕の近くに寄ってきました。
何人かは僕の横に立ちましたが、ほとんどの学生が正面に集まってきて描き始めたのでビックリしました。

最初は緊張していて何がなんだかわかりませんでしたが、少しすると落ち着いてきて周りをみる余裕が出てきました。
学生は皆真剣な表情で画板と向き合ってましたが、よくみると中に何人か可愛い学生がいて、こんな若いきれいな子たちにみられてると思ったらそれまで縮んでいた僕のペニスが反応し始めてしまいました。
自分ではこんなところで立ってはダメ・・・と思うのですが、15人近い若い女性に何も着てないところをみられていると思うと自然に大きくなってきてしまいました。

僕の横に立っていた女子学生が半立ちになった僕のチンポに気付き、ポーッと赤くなったのを見たらもうだめでした。
グングン膨らみ、天を仰ぐ状態になってしまいました。

みんなに謝ろうかと思いましたが、由佳先生も学生も気にしてない様子なので黙ったまま、チラッと僕の股間をみると皮もすっかりむけて、硬くおっ立っていました。
みんなわざと気にしてないふりをして僕の裸を描いていたので、僕も真面目な顔をしていましたが、ビンビンに立ったチンポを若い女性に見られるのって結構気持ちいいのを初めて知り、好みのタイプの学生の顔をじっと見つめながらチンポに力をいれてビクンビクンとさせると、さすがに顔を赤らめて下を向いてしまいました。

由佳先生と目が合ったので、ちょっと大胆になり、腕を頭の上で組んだまま腰を前後に振り女性のあそこを攻めるしぐさをしました。
ほとんどの学生がその動きの意味がわかったらしく、顔を赤らめたり、下を向いてしまいましたが、先生は恥ずかしそうに、「みんな真剣に描いているんです。これは授業ですからそんなことはしないでください」と顔を赤らめながら僕を叱りました。

しばらくして一人の学生が・・・。

「由佳先生、ここのところもはっきり描くんですか?」

僕の陰毛と硬く張った性器のことを聞いてるようでした。

「きょうのテーマは『男性の肉体美と力強さ』です。ここのところをぼかさないでもっと正確に力強く書かないと、よく見えない人は近くに来てよくみて書きなさい」
「亀頭、ヘアー、性器の角度がいいわね、凄い、逞しくていいわね。全体のバランスがいいし、性器の力強さをとてもよく表わしている。そりぐあいや艶もうまく表現できてる」

・・・などと学生に細かくアドバイスしてました。

絵を書き終わって由佳先生からOKを貰った学生は順次帰って行きました。
しかし、一人の学生だけがなかなかOKがでず、最後まで残ってしまいました。
名前は、横山梓さんといい、将来プロの画家を目指しているらしく、卒業後、絵画の勉強のためにフランスに留学する事になっているそうです。
ロングヘアーを肩まで垂らし、清楚でおとなしく良家のお嬢様という感じでした。

由佳先生が「あなたは何を書いても上手なのに今日はどうしたの?この絵も全体像は素晴らしいのにここだけがだめね、もっと正確に描かないと」。

どうやら性器の周りが上手く描けず、最後まで残されたようです。

梓「すみません、私、男の人のあそこみたの見たの初めてなので恥ずかしくて」

・・・と、少し緊張して俯いてしまいました。

先生「そう、それじゃ無理もないわね。私も美大の学生の時、初めて男性ヌードを書いた時は恥ずかしくてなかなかうまくかけなかったもの。美大の教授に教えてもらったんだけど、そういう時は自分も裸になって書くとリラックススできてうまくいくそうよ。梓さんも脱いでみたら」

そう言って由佳先生は優しくアドバイスしました。
梓さんは素直に由佳先生のアドバイスに従い、白のTシヤツと長めの黒いスカートを脱ぎ、ブラジャーとパンティー姿になりました。

先生「全部脱いじゃったほうがいいわよ」

梓「でもー」

そう言って、僕の目を気にしてるようなので・・・。

僕「ブラとパンティーも脱いだ方がいいよ、そこまで脱いだら同じだよ、僕も硬く大きくなったチンポ見せたんだから梓さんもおまんこ見せて、由佳さんのあそこも熱くなってるんじゃじゃないの?その方が涼しくていいよ」

そう言うと、二人は「アハハ、やだ宮田さん」と言いながら笑い、雰囲気が和みました。

梓さんは白いパンティーと水色のブラジャーを脱ぐと、僕の正面に来て再度描き始めました。
オッパイはあまり大きくなく乳首はへこんだままで、まだ一度も男に揉まれてないのがわかりました。
ヘアーはかなり濃く、お手入れはしてなく自然のままでしたが、僕の視線に気付くとちょっと恥ずかしそうに微笑みましたが真剣に描き続けました。
若い女性の裸を見たので僕のチンポが一段と硬く大きくなってしまったのが自分でもよくわかり、意識しなくても時々ビクッ、ビクッと脈打ちました。
そんなペニスをよく見せてあげようと腰を出来るだけ突き出しました。

由佳先生も僕の正面に来て画板を覗いていましたが、僕と目が合うとさすがに恥ずかしそうに目を逸らせ・・・。

先生「だいぶよくなったわね、ヘアーとペニスの角度は最高ね、でも亀頭をもっと大きくしたらどう、あんなに張ってるでしょ。あと硬さと力強さを表現できたら完成ね」

・・・と梓さんに言いました。

梓「はい、でも力強さとか、硬い感じがうまく出せないんです。難しいですね」

先生「じゃー目で見るだけでなく触ってみたら、感じがよく掴めるわよ。私も学生のころ触らせてもらったらうまく書けたわ。それまで一度も触ったことなかったから。あなたも一度触ってみるといいわ。やっぱり見ただけでは駄目なのね」

二人は僕には断らずに股間に近づき、由佳さんが遠慮がちに指先で軽く僕の完全勃起状態のチンポに触れました。

「そんなんじゃ分からないわ、手全体で包むように握りなさい」

言われるまま梓さんは白い可愛い手で僕の反り返ったチンポを握りました。
最初は軽く触っていましたが、硬さを確かめるように強く手のひら全体で強く握ってきたので、僕もチンポをビクンビクンとしてあげました。

由佳先生は「どう、どんな感じ?」と聞きます。

梓「すごく硬いんですね。それに熱いぐらい」

由佳さんが手を離すと、今度は先生がチンポに手を添えて、「この反り具合や艶もよく見てね、この血管も忘れずにね」などと言いながら、指先で浮き出た血管をやさしく撫でたので、僕が「ウッ、ウッー、フッウー」と声を出すと先生は慌てて手を離しました。

僕が感じて、イキそうになったのがわかったようです。
もう少しで二人の若い女性の前で発射してしまうところでした。
直接触ったせいかまもなくに由佳さんの絵にもOKが出て僕も梓さんも服を着て三人で雑談しました。

先生「由佳さんうまく書けたじゃない合格よ。よかったわね」

梓「先生のおかげです有難うございました」

先生「宮田さんもお疲れ様でした。本当に有難うございました」

僕「若い女性に見られてると思うとつい大きくなっちゃって、どうも失礼しました」

先生「気にしないでください。学生たちもいい絵の勉強になりますから、でも若い男性はそれが普通みたいですよ。モデルさんお願いするとみんなビンビンになりますよ。中には見られただけで射精しちゃう人とかもいて。女子学生の中にはよく見せてもらうふりをして真面目な顔をしてペニスをしつこく触って発射させるのを楽しみにしてる子もいるんですよ。困っちゃう」

僕「じゃー、先生は男性の裸はたくさん見てるんですね。やはりおまんこが濡れることってあるんですか?」

先生「やだー、変なこと聞かないでください。でも私が学生の頃の友達なんか、みんなすごかったわ。授業の後、『今日のモデルさん顔もスタイルもかっこよかった。立ったチンポも大きさ、長さ、色、つや、それにそりぐあいも最高だったわ。あんなの入れられたら私すぐいっちゃう』とか『あんなの一度咥えてみたい。私濡れちゃってパンティーまでぐちょぐちょ』なんて、すぐ彼氏に電話して抱いてもらったりとか、彼氏がいない子は家に帰ってからオナニーしたりとか、みんな若いから元気よかったですよ」

僕「梓さんごめんね、梓さんにはこんな話つまらないよね」

梓「いいえ、かまいませんけど」

先生「梓はどうだった?」

由佳先生が聞くと、顔を赤らめて・・・。

梓「私も体が火照ってきて、触らせてもらった後ずっとあそこが熱いんです」

先生「若い女の子なんだからそれが普通よ。そのぐらいじゃないといい絵は書けないわ」

梓「あのー、私、お二人にお願いがあるんですけど」

先生「なーに?遠慮しないで言いなさい」

梓「私、男性と女性のヌードを別々じゃなくて同時に書いてみたいんですけど、由佳先生と宮田さんにモデルお願いできませんか?」

梓さんの突然の依頼に二人ともびっくりしました。

先生「でも、宮田さん時間は大丈夫ですか」

僕「まだ4時だから僕は大丈夫だけど先生は?」

先生「私も時間はあるけど・・・。梓だけならいいけど、宮田さんと一緒だとちょっと恥ずかしいな。でも梓のためだからいいわよ」

誰も入ってこないようにアトリエのドアに鍵を掛けステージは冷たいので毛布を敷いて準備完了。

僕が裸になりながら、「梓さんも脱いでくれる?」と言うと・・・。

梓「はいわかりました」

梓さんは素っ裸。

僕「先生も脱いでください」

先生もアトリエのすみで脱ぎ始めました。
パンティーストッキングは穿いていません。
白いやや短めのタイトスカートがお尻にぴったりくっ付き、もっこりしたお尻がとても魅力的。
ビキニパンティーのラインがくっきり浮かび上がりとてもセクシーでした。
白いブラウスを脱ぐと白のブラジャー、スカートを脱ぐと予想通り黄色の小さなビキニパンティー、ゆっくり全部脱いで素っ裸になってこちらに歩いてきました。
胸は思っていた以上に大きくヘアーも黒々と股間を覆っていました。

学生への講義とはいっても、やはりそこは若い女性。
右手で股間を、左手でオッパイを覆っていました。
僕は毛布の上に座ると由佳先生も少し離れて座り、ちょっと照れくさくお互いの顔を見ません。

梓「先生の下着素敵、これも一緒に書きます」

そう言って、さっき脱いだばかりの由佳先生の水色のブラとパンティーを拾ってきて二人の前に置くと・・・。

先生「いやだー、梓やめて、そんなの恥ずかしい、でも裸体だけより何かアクセントがあったほうがいいわよね」

先生が脱いだ黄色のビキニパンティーとブラジャーを受け取り、二人で並んで座り、パンティーを裏返し、大事なところにあたる部分広げてみると見事に濡れていました。

僕「ごめなさい先生、僕が勃起しちゃったので先生のおまんこまで濡らさせちゃって」

先生「やだー、やめて、梓こんなこと他の人に言っちゃだめよ」

梓「はい、誰にも言いません。ポーズをとっていただいてもいいですか」

先生「梓は何を書きたいの?」

梓「私、今度は、若い愛し合う男女の肉体美をテーマに書いてみたいんです。恋人同士の感じを出してください」

二人は擦り寄ってぴったりとくっついて座り、僕の左手を先生の肩に回し、先生は右手を僕の腰に回しました。

梓「もっと大胆なポーズお願いしてもいいですか」

先生「大胆て言われても、私、他の人のポーズつけるのは出来るんだけど自分のことは出来ないわ。宮田さんの方が慣れてると思うからお願いします。言う通りにしますから」

僕は由佳先生に仰向けに寝るように言いました。
やはり恥ずかしいのか両手を股の上に置いていたので、両手を頭の上に上げ万歳させて膝を立てさせ「股を開いて」と言うと、もじもじしながら「あそこをパンティーで隠して」と言うので、パンティーをヘアーの上に乗せると足を少しずつ開き、僕が「もっと大きく」と言うと、「もうこれ以上は無理です」と言うところまで開きました。

由佳先生は仰向けで大股開き、辛うじて秘部を隠すものは股の上の小さな脱いだパンティーだけでした。

僕「どう梓さんこんな感じで」

梓「すごい、由佳先生、素敵、でもパンティーは無いほうがいいみたい」

・・・と、小さな布を取ってしまいました。
これで先生のおまんこは丸見えです。

先生のあそこ、すごく綺麗。
由佳先生のヘアーは思っていた以上に豊富でおまんこの周りまで生えていました。
閉じた花びらは少し黒ずんで少し開いた隙間からピンクの中身が見えてそれがまたとてもエロチックでした。
僕も先生のとなりに横向きにねて右手を先生のお腹の上におくと、僕の熱い肉棒が先生のへその辺りに押し付けられました。

僕「これでどう?」

梓「色々やってみて下さい。気に入ったポーズを選びますから」

僕は思いきって体を先生に密着させました。
先生の肘もって腕を頭の上にあげさせ腰を太ももの間似いれました。
由佳先生の股はいっぱいに開き、お互いの陰毛と、性器を密着させ、思いきってキスをすると最初は唇を硬く結んでいましたが、右手でオッパイをやさしく揉んであげると口を開き僕の舌を受け入れ、先生も僕の口の中に舌を差し込んできました。
しばらくディープキスを続け、お互いに舌を絡ませて舐め合い、梓さんみると画板と筆を投げ出し二人の行為に見入っていました。

僕「今は乳首がへこんでいるけど男に揉まれたり座れたりすると気持ちよくなって膨らんでくるんだよ」

そう言って右のおっぱいを口で舐め、左の乳首を指でソフトに揉んであげると・・・。

先生「ハアー、ハッ、イヤッ、ダメッ、ウーン、アッ、アッ」

声を上げて仰け反ってきました。

梓「あ、本当に大きくなってきた」

先生「梓、恥ずかしいからもう見ないでアトリエから出て行って」

教え子にエッチな姿を見られるのは若い女性講師にとって、恥ずかしいのか屈辱なのか?
それともまだ男の体を知らない梓さんには刺激が強すぎると思ったのか?

僕「梓さん、見てていいんだよ、由佳先生ちょっと恥ずかしがってるだけだから」

梓「はい。先生、私もっと見ていたいんです。お願いします」

僕「由佳先生、愛し合う若い男女の肉体美を梓さんにもよく観察してもらいましょう。僕のチンポはこんなになって先生のおまんこに入りたがってますよ」

そう言って硬くなったものを先生のお股に擦り付けました。

先生「いやん、アフ。それはだめ、梓が見てる。ハアーフン、アーンン。いや、だめーん」

梓「由佳先生見せて下さい。私こんなの初めて見るんです、とても良い絵の勉強になります」

梓さんは絵を書くのを忘れて二人の脇に座りこんで二人のエッチな仕草に見惚れていました。

僕「どう?先生のオッパイかわいいでしょう」

梓「ええ、乳首が大きくなってる。男の人に揉まれてる女性のオッパイってすごくきれい」

僕がお腹、へその周り、アンダーヘアーにキスすると・・・。

先生「アーン、いや、だめ恥ずかしい」

両手で股間を覆いましたが、「だめだよ。僕と梓さんに先生のおまんこよく見せてください」と両腕をまた頭の上に上げさせ手を退けました。
最初は腰をひねり、股を閉じようと少し抵抗しましたが、太ももの内側を撫でられると感じてしまうのか足を大きく開かれてしまいました。

僕「梓さんこれが先生のおまんこだよ。凄いね。よくみて」

まだびらびらが合わさったままですが、すっかり濡れて、愛液が溢れてきているのがわかりました。
いきなり花びらに触らずわざと太ももから秘部の周りをなでいよいよ穴を攻めます。
花びらを指で開くと中はきれいなピンク色、今までの愛撫ですっかり濡れて愛液がお尻の穴まで濡れてます。

指を割れ目に沿って動かすと「ハッ、ファーン」と声を出し、指を穴にいれると腰を浮かせて仰け反りました。
指を抜き、「由佳先生おまんこ舐めさせてください」と言ってお尻の穴と濡れたおまんこを舐めて綺麗にしました。

まずは正常位ではめようと先生の股を大きく開かせ、ひざを先生の腰の脇において攻撃態勢完了です。

僕「梓さん、よく観察して、若い男と女がの肉体がひとつになって愛し合うからね」

梓「わー凄い、見てみたい。よろしく御願いします。でも由佳先生、私に見られたくないみたい」

僕「大丈夫だよ、ちょっと気取ってるだけだから。僕も由佳先生も梓さん見られてたほうが興奮するよ」

僕は砲身を右手でもち先端をしたにむけ割れ目こすり付けました。
僕のチンポは我慢汁で既にヌルヌルでしたが由佳先生おまんこ汁をつけようと思ったのですが、先生は「アッツ、ハアーーン」と、挿入しやすいように腰を上げてきました。
僕はわざと入れずに、砲身の先端で割れ目に沿って、上下にこすりました。

先生「御願い、御願いします」と腰を振りました。

僕「何が御願いなの?どうして欲しいの?」

先生「いやーん、意地悪、入れて」

僕「何をどこに入れるの?」

先生「イヤーーン、宮田さんの熱いオチンチン、私の、あっ、穴に、おっ、おまんこに入れて、アーーハッン」

僕「梓さんが見てるけど、いいの?」

先生「御願い、ハッ、アッウン早く入れてお願い早く」

少しずつ入れることにし、やや黒ずんだビラビラを掻き分け、いよいよ挿入です。
中に入れるとはじめはゆるい感じでしたが、僕の突き方が上手いせいかだんだん締まってきてチンポに絡みついてきました。

僕「梓さん二人が愛し合うところをよくみといてね。先生の顔よく見てね。とても素敵でしょ?」

梓「先生の表情とても素敵、恍惚の表情ってこんなお顔なのね」

僕「先生、そんなに締めないでください」

先生「ア、アッーン、わっ、私、締めてめてない」

体位を変えました。
仰向けにねかせたまま股の間に座り足を先生のわき腹のところに出して太ももを抱えるようにしてはめました。
こうすると結合している二人の性器が梓さんにもよく見えます。

僕「梓さん二人が愛し合ってるところよく見てね、先生のおまんこと僕のチンチンすごくきれいでしょ」

先生「だめ、いや、梓さん見ないで」

そんな声も僕が深く2~3回突くと「アハー、アハー、ヒッ、ヒッ、フーーン、いい、いい」に変わり、腰を浮かせて仰け反るため、二人の結合部が余計よく見えてしまいました。

梓「凄い、私初めて見ました、先生のおまんこ、おちんちんを優しく包んでるみたい。それにおまんこからお汁がいっぱい出ていてエロチック。そんなに激しく出したり入れたりたりして痛くないんですか」

僕「ぜんぜん痛くないよ。こうすると男も女もすごく気持ちいいんだ」

動くのをやめ、半分ぐらいいれた状態で・・・。

僕「梓ちゃん、ここがクリトリスだよ、すごく敏感で触られると気持ちいいんだよ。さわってごらん」

先生「アーン、だめだめ、梓やめて」

梓「えー本当にさわってもいいんですか」

そう言って、手を出し、僕の肉棒にさわり・・・。

梓「すごい、カチンカチン、ヌルヌルしてる。由佳先生のおまんこチンチンにぴったりくっついてる」

僕「クリトリスにさわってみな」

梓が細く白い指でクリトリスを撫でると「ハアーーーン、ヤッ、イヤッ、ダメ、ダメ、」と言いながら、手で梓さんの手を払おうとするので、由佳先生の両手の指に僕の指を絡ませ手を退けると、後は梓さんの思いのまま。

梓「先生のおまんことてもきれい、あたたかいしすごく濡れてる」

先生「ハアーーアーン、イヤ、ヤメテ」

そう言いながらも梓さんのクリトリスへの刺激に耐え切れず、おまんこをキュッ、キュッと収縮させました。

僕もそろそろ限界が近づき再度正常位ではめ込みました。
ゆっくり突きながら

僕「先生お腹の上に出していいですか」

先生「アッ、今日は大丈夫、私のおまっ、おまんこの、イヤッ、ハッフーン、なか、中に出して、ハッーハッー、穴、あっ、穴の中にたくさんだして、ビクンビクンて」

それを聞いて僕はピストン運動を速めました。

先生「アッ!だめだめやめて、いい、いい、気持ちいい」

僕「どこが気持ちいいの、教えてください」

先生「おまん、おまんこ」

恥ずかしい言葉を連呼しました。

僕「梓さん、先生のオッパイを揉んであげて」

梓「こんな感じでいいんですか?」

先生の胸に手を伸ばし、こねるように揉み始めました。

先生「アン、梓、だめ、ヤメテ」

手を振り払おうとしたので・・・。

僕「揉んでもらおうよ」

そう言って両方の手首を掴み、頭の横に押し付け、「乳首も揉んであげて」と言いました。

両腕を頭の横に押さえつけられ下半身に僕のゆっくりした出し入れを受け先生は抵抗できません。
梓さんの乳首を転がすような刺激におまんこは一段ときつくなってきました。
僕がしたように、梓さんが右のオッパイの乳首を口でなめ、左のオッパイをこねるように揉むと、由佳先生はあごを上げ、仰け反って、「ハーン、ファー、ファーウン、だめ、だめ」一段と声もセクシーに。

僕「どう、梓さんに、男のチンポ咥えてるおまんこ見られて恥ずかしい?オッパイ揉まれて気持ちいいんでしょ。イクところも梓さんに見てもらおうね」

先生「アッ、ハッフン、早く、早く、いかせて、もう、もう、だめエーーーーアアアンダメーー」

由佳先生は僕の動きに合わせて自分から腰を振り、爆発寸前の肉棒を締め付けてきた。

先生「宮田さんイクときは一緒にお願い、穴の、おまんこの一番奥で、ビクンビクンさせて」

僕「はい先生、一緒にいきましょう。僕の精液を先生の穴の中にぶち込みます・・・先生、僕もうもうだめです、出ちゃいます」

先生「ハーハー、私ももうだめ、いきます、きてきてアーイクイクイク」

僕は先生のおまんこの一番奥にチンポを入れて、激しかった腰の動きをぴたりとやめ・・・。

僕「アッ、ウッ、出ます、オーッ、オーッ、いきます、ウッ、ウッ、ウッフッ、ウッフッ、ハアッ、ハアッーーーーーー」

溜まっていた精液をドクンドクンと由佳先生のおまんこの一番奥に放出しました。

先生「アツ、ファーーーン、ハッーハッーハッー、いい、いい、アーーーいきます、いくーーーーー」

竿のビクンビクンという動きに合わせて先生は仰け反り、腰を浮かせて秘部を僕の腰に押し付けてきました。
静かになり先生にぴたりと重なり余韻を楽しんでいると、最後の一滴まで絞り取るようにおまんこが僕のチンポを優しく締め付けてきました。

三人で服を着ながら、今日のことは内緒にしようと約束してキャンパスをあとにしました。