小学生の男の子に私の体をみせちゃお

この体験談は約 3 分で読めます。

はじめまして千葉に住む16歳の高校生です。

私は人に見られたいという願望があるような気がします。
今春休みで家にいるのですがなんか私の体を見てほしいと思ってしまい、すこし冒険してしまいました。
まずミニスカートをはいて黒のタイツでノーパンで散歩しました。
歩いていると向こうから小学生ぐらいの男の子が歩いてきました。

私は「この男の子だったらいいな」と想い思い切って声をかけてみました。

「ひとりでなにしてるの?」と声をかけると「塾の帰り」と答えました。

私は「おねえちゃんとあそぼ」と言うと、「いいよ」と言いました。

そして、男の子といっしょに私の家に向かいました。

家に入り「この男の子に私の体をみせちゃお」と思いました。
その男の子の前にあそこが見えるようにしゃがみ「おねえちゃんちょっと着替えるからそこにいて」と言ってもっと露出してる服にきがえました。
上はノーブラにチビT、下は灰色のストッキングにシロのパンティだけで男の子の前にいきました。
そうすると男の子が私に「パンツ丸見えだよ」と言いました。
私はあそこが濡れてきてしまいました。

私は男の子に「おんなのこのパンツ見るの初めて?」と聞くと「おかあさんのは見たときあるよ」と下を向いて答えました。

私は「もっとじっくりみていいよ」と言って近くによるとちらちらとパンティをみています。

もう私はあそこがびしょびしょです。
そして男の子の前で色々なポーズをしました。

男の子のあそこはちょっと勃起しているようでした思い切って男の子に「一緒にお風呂にはいろうか」と聞くと「いいけど・・」とぼそっと言いました。

「はずかしいの?」と聞くと「うん」と小声で頷きました。

「大丈夫タオルまいてはいれば」と言って風呂に向かいました。

「じぁおねえちゃんが最初に服ぬぐからね」と言って男の子の前で服を脱ぎはじめました。

ちびTをぬいでおっぱいが丸見えになり男の子を見るとちらちらこっちをみています。
私はさすがにどきどきしました。
そして男の子にお尻をつきだしてパンストとパンティを脱ぎました。

「ああ・・私のあそこ丸見えだ」と熱くなってしまいました。

そして男の子に「じぁさきにはいってるね」と言って先に風呂にはいり後から男の子がはいってきました。

そして男のこはタオルであそこを隠しています。

「おねえちゃんの体洗ってくれる?」と言って男の子の前に体を近づけました。

男の子はちゃんと腰にタオルをまき直して私のからだを洗い始めました。
最初は背中。
そしてオッパイを洗い始めて「手で洗って」といいおっぱいを手で洗わせました。
もう私はだんだん気持ちよくなってきてしまい四つん這いになり「お尻のしたの方をあらって」と言うと手でさわりはじめました。

「どうおんなのこの見るのはじめて?」と聞くと「うん」といい私は「どうよくみえる?」と言ってあそこを広げました。

「ここがおちんちんをいれるあなだよ」と言って指を入れて教えてあげました。

「おねえちゃんにおちんちん見せて」と言ってタオルをとりました。

するともうびんびんに勃起していました。

私は我慢できず「さっき教えた穴におちんちんいれて」と言って、また四つん這いなり男の子のおちんちんの高さにあわせて「いいよ」と言うとおちんちんがおまんこにあたってきました。

「アーん」と声が出てしまい「もっと上・・そこ・・」すんなりおちんちんが入ってしまいました。

「おちんちんを動かすときもちいいんだよ」と教えると動かしはじめました。

「きもちいい?」と聞くと「きもちいい・・・」と答えました。

まもなく男の子は「うっ」と言って私の中でいってしまいました。

そして私はおちんちんをきれいになめてあげました。
そして風呂からあがり服をきて男の子に「誰にも内緒だよ」と言うと、小声で「うん・・またあそぼ」と言いました。

「うん、また気持ちいい事しようね」と言って、指切りをして帰らせました。