家出少女に性教育

この体験談は約 2 分で読めます。

土曜の夜中、友達と遊びその後別れ、車を取りに駐車場へ。
ふと車の後ろで袋の開ける音がしたので後ろを見ると女の子が居た。

「どうしたのと?」と聞いたら見事に家出。

とりあえず車に乗せてファミレスへ行き、話をきいたら中2。
何も持たず出てきたらしく、お風呂入りたいのと服と下着を洗いたいと言ったのでアパートへ連れて行き風呂に入れた。
その間に彼女の服や下着を洗濯機へ。

終わるまでテレビを見ていると風呂場から「一緒に入る?」と聞いてきたので自分も風呂場へ。
お互いに体を洗いっこした。
胸は小さく下も薄い念入りに洗ってあげたら見事に乳首が立っていた。
先に上がり彼女の服と下着を乾燥機へ。
彼女も上がったのだが、着るものがないので自分のTシャツを貸し、下はバスタオルを巻いていた。

「眠い」と言ったので、自分のベッドへ寝かせた。

乾燥機も終わり、一通りのことをして自分もベッドに入った。
彼女は熟睡していた。
自分もかなり眠たくすぐ爆睡した。

朝なぜか下半身がくすぐったかったので見たら彼女がフェラチオしていた。
びっくりして彼女に聞いたら、彼女が起きたら息子が朝立ちで元気になっているのに気付き、興味本意でしてみたらしい。
彼女の友達はみんなフェラチオの経験があるらしく、彼女だけなくてしてみたくなったらしい。
彼女にどこを舌で舐めたらいいかとか、咥えながら手でしごく事を教えた。

彼女も「舐めて欲しい」と言ってきたので、69になり彼女のクリを舐めたらビクッビクッとなった。

彼女も一生懸命フェラチオをしていたので、自分も指や舌でクリを集中的に舐めてあげた。
ここで処女を奪っては可哀想と思い、自分はその後彼女の口の中で出してしまった。

彼女も「イッてみたい」といったので、クリを吸ったり舐めたりして10分くらいでイッた。

その後駅まで送って行き、今では土曜の晩は必ず泊まりにきて同じことをしています。
近々自分の誕生日があり、彼女のプレゼントは処女をあげるという事なので楽しみでしょうがありません。

タイトルとURLをコピーしました