クラスで一番巨乳の彼女と

この体験談は約 4 分で読めます。

あれは高校二年生の夏休みだった。

夏休み直前に俺から告白して付き合った、人生で二人目の彼女。
高校に入ってからは初めての彼女だった。
当時、俺は4月生まれだから17歳、彼女は3月生まれだから16歳。
見た目も超童顔で、幼く背もかなりチビだったが、胸だけはクラス一の巨乳だった。

俺達は三回目のデートでディズニーランドに行くことになった。
閉園までいると彼女が終電を逃すので、その日は俺の自宅に泊まることになった。
親父は仕事でいないが、母親と弟は家にいるからちょっと恥ずかしかった。
最寄り駅に着きチャリで2ケツして俺の家へ行った。
家に着いた時刻は0時を過ぎていた。

とりあえず疲れてるので布団でゴロゴロした。
彼女は携帯でブログを更新したり、俺の中学の頃の卒業アルバムを見てゲラゲラ笑ってた。
しばらくして彼女を先に風呂へ入れ、その後俺が風呂に入った。
真夏だし汗をかいていたのでサッパリした。
そして疲労から睡魔も襲ってきた。
お菓子を食べながらしばらくは話してたが結局寝ることになった。

人生で初めて女性と寝ることに俺は興奮していた。

彼女は「寝顔見られたくないから見ないでよー!」と言ってきた。

俺はわざと寝顔を見ようとし、彼女は照れて抵抗した。
結局、しばらく寝ないでじゃれあってた。
すると彼女が手を握ってきた。

童貞である俺は「キスしていい?」とさりげなく聞いた。

返事の代わりに、彼女は俺にキスしてきた。
ちなみに初デートの時にキスをしてるから、これはファーストキスではない。
でもやはりドキドキはした。

しばらくして俺は異変に気づいた。
なんと彼女は舌を入れてきたのだ!

「舌入ってるよ」

俺は頭が真っ白になりこう言った。

彼女は「やだ?」と聞いてきた。

(とんでもない!)と思い、今度は俺から再びキスをした。

舌を入れた。
俺は17歳にして人生初のディープキスをした。
お互い夢中で抱き合いながら舌を絡ませてた。
キスだけで30分以上してた。
抱き合ってたため彼女の巨乳が俺に何度も当たる。
もうこの際言ってやった。

「胸が当たってるよ。つうか大きいし」

「別にいいよ、てか触る?」

俺は彼女の背後にまわり、ブラジャーの上からオッパイを揉んだ。
この時はフルボッキでチンコが爆発しそうだった。
シコらなくても射精しそうなくらい。
途中でブラジャーを取り、生でオッパイを触った。
乳首も摘みまくった。

すると、ついに彼女は喘ぎ声を出し始めた!

俺は背後から前に移動して彼女のオッパイを初めて生で見た。
乳首が薄ピンクではない事にやや萎えたが、彼女の喘ぎ声に完全にやられて俺は半分壊れていた。
もうどうにでもなれと吹っ切れて、乳首を吸ったり噛んだりもした。
彼女の喘ぎ声はさらに大きくなった。

俺はついに彼女のスウェットを脱がしてしまった。
パンツの上から股間を触ると、あり得ないくらいビショビショに濡れていて驚いた。
この時まであまり信じてはいなかったが、女は興奮するとマンコが濡れるのだと改めて知った。
しばらくずっとディープキスをしながら、オッパイを揉んだり乳首を摘んだり、パンツの上からマンコを触ってた。

もういいだろうと思いパンツを脱がした。
抵抗は全くなかった。
初めて同い年の女のマンコを見て驚いた。
幼い顔をしてるが、AVで見るのと変わらず、普通にマン毛がボーボーに生えてるという事実に。
俺はついにマンコに指を入れる決意をして人差し指を入れてみた。

(温かい・・・むしろ熱い!)

真っ先にこう思った。
グチャグチャしてて指にキュッと吸い付いてくる、そして温かい。

(これがマンコなのか・・・)と感動した。

その後は指マンをしばらく続けた。
エロ知識を生かして、傷つけないようになるべく優しく長時間やった。
マンコを舐めてみたくなり初のクンニもやってみたが、口にマン毛が入ったり、しょっぱかったりで、指マンをメインに切り替えた。

俺も股間が熱くなってきた。
彼女に再び密着して、熱くなった股間を彼女の尻の割れ目にグリグリ擦り付け、「俺のも舐めてよ」と思わずこう言った。
ぶっちゃけかなり恥ずかしい。

彼女に笑顔で「いいよ」と言われ、俺はズボンとパンツを脱がされた。

初めて女性に勃起してるチンコを見られた。
正直、死ぬほど恥ずかしかった。

彼女は最初、舌を使いチンコの先端を舐めてた。
次第にチンコ全体を口に咥え始めた。
思った以上に口の中が温かく、唾液がローションのように気持ち良くてフェラに感動した。
想像より何倍も気持ち良い。
フェラの“にゅるっ”て感覚が気持ち良すぎて鳥肌がたった。

もう今夜童貞を捨てるしかないと思い、俺は彼女を押し倒して生のままチンコをマンコに入れた。

彼女は「中には出さないでね」と言っていた。

俺は念願の初セックスを楽しもうと正常位とバックを何度も吟味した。
ちなみにバックだとケツが覆い被さり穴が見えにくく、マンコとアナルの位置を間違えそうになってしまい、彼女から厳しい指摘を受けた。

結局、バックは童貞の俺には難しいため、正常位で彼女と抱き合いながらキスをしてずっと腰を振ってた。
彼女の喘ぎ声とマンコのグチャグチャ感と温かさ、チンコに吸い付く感覚がとにかく気持ちよく、ついにムズムズ感が我慢出来なくなり彼女の腹に射精した。
勢いのあまりに精液は彼女の顎にまで届いていた。
ティッシュで精液を拭き取り、裸のまま抱き合い再びキスをした。

俺が「生だといつ出るか分からないからなんかプレッシャーがかかる。ゴムがあればな?」と言った。

話し合い、俺達は二回戦に向けて近所のコンビニにコンドームを買いに行くことになった。
パッケージが黒くて馬の写真が入ってる三個入りのを買った。
そのまま部屋に戻って二回戦を始めた。
二回戦が終わった頃には4時を過ぎていた。

母親も弟もまだ寝てるため、こっそりと一階の風呂に入ってイチャイチャした。

一晩にして女の身体を物凄く知った一日だった。

タイトルとURLをコピーしました