友達がやりはじめたその横で

この体験談は約 6 分で読めます。

20歳くらいの頃。
彼氏と別れたばっかでちょっと自棄になってて、毎晩のように飲み会を渡り歩いてた。

冗談で「一発やらせろ」「ヤダよ」とか言う程度の、知り合ってから2年くらいの、『まさと(仮名)』という男友達がいた。
まさとは卒業したら田舎に帰ることが決まってて、当時は親元から離れて一人暮らしをしながら学校に通ってた。

まさとからある日、「学校の仲間と飲みに行くから一緒に来ないか」と電話で誘われ、もちろん行った。

男女入り混じったまさとの仲間はノリが良く、下ネタもバンバン出て、楽しかったせいかいつもよりハイペースで飲んでしまった。
掘りごたつみたいになってる居酒屋の席で、隣にいたまさとの手が何度が太ももに触れるたび、なんとなくドキッとした。

24時を過ぎ、各自バラバラと自然解散になり、残った男女5人で一番近かったまさとの家に行くことになった。
ワンルームの部屋に男女5人は狭く、ベッドに2人、床に3人という感じで腰掛けた。
私は床に体育座りをして、まさとが隣に腰を下ろした。

夜中の2時~3時を過ぎると、1人、また1人と寝始めて・・・。
まさとは「俺んちなのに何で俺は床なんだよ~」とか言いながら、床に横になった。
もちろん私の隣。
至近距離に顔が迫って、なんとなく照れ臭かった私は仰向けになった。

30分くらい過ぎて、酔ってぼんやりしながらフッと覚醒すると、ベッドで寝てた男女二人が何かモゾモゾしてる。
飲み会で誰かの家に行くと、こういう場面は珍しくないので、またかと思いながら寝返りを打つと、眠ってるまさとの顔が近くにあった。
まさとの顔が好きだった私は、ラッキーとばかりにまさとの顔を見つめてた。
ベッドの方からはギシギシという音と、ため息が聞こえてきて、意識しないようにすればするほど、その音は大きく聞こえた。
彼氏と別れたばっかだし、酔っ払ってて人恋しくなってたし、なんか変な気分になってきてしまって、周りに気づかれないようにと出来る限り音を立てないように唾を飲み込むと、まさとの目が開いた。
心臓が飛び出るかと思った。

「お前気づいてる?」とまさとは小声で聞いた。

「ベッドの?」と私も小声で返す。

まさとは頷いた。
ベッドの二人に話し声が気付かれないようにするためか、まさとは顔をさらに近づけた。

まさと「サカってるな~」

私は苦笑いをして頷いた。

平静なふりをしていたが、心臓はバクバク音を立てていた。
まさとは眠かったのか、目を擦って腕組みをすると、ごろりと私に背中を向けて寝返りをうった。
背中を向けられたことで急に寂しくなってしまった。
じりじりとまさとのそばに移動して、ピタッとくっついた。
頭の片隅で、(私は酔っ払ってるんだ)という言い訳をしながら。

ちょうどまさとの背中に胸を寄せるような形でくっつき、腕は回さなかったけど、久しぶりに触れた男の人の背中は大きかった。
まさとの背中が少しだけ固くなって、私の動きを窺ってるのが伝わってきた。
そおっと腕をまさとの腕に回した。
私とまさとは左腕を下にして寝ていたので、まさとの右側の二の腕あたりに手をかけた。
拒否されたら手は引っ込めるつもりだった。
まさとは拒否しなかった。
自分の左手を私の右手に重ねて、優しく握ってくれた。
急に泣きそうな気持ちになって、ぎゅうっとしがみついた。
まさとの右腕の下に自分の右腕を滑り込ませて、胸に触れた。
まさとは、私の腕をそっと撫でてくれていた。

嬉しい気持ちと、正直言うと少しエッチな気持ちになっていた私。

(こういう時、男の人はどういう反応をするんだろう?)

悪戯心を起こして、まさとの下半身に手を動かした。

身体を軽く『く』の字に曲げていて、分かりづらいかと思ったけど、家に帰ってきてすぐにスウェットに着替えていたのもあって、少し手でなぞっただけで勃起しているのが分かった。
なんだかちょっと嬉しくて、まさとの首筋に顔を寄せた。

まさとは顔をこちらに向けて少し起こすと、小声で「すけべ・・・」と囁いた。

その声で私は自分で分かるほど濡れてしまって、すごくしたくなって、「知らなかったの?」と耳元で囁きながら、まさとのTシャツの下に手を入れた。

胸を触ったあと、スウェットの上から触った。
少しまさとの身体がピクンとして、その様子がすごく可愛くて、閉じた脚の間に手を入れてゆっくり上下に動かした。
まさとは拒否しない。

左腕をついて身体を起こすと、「触っていい?」と聞いた。

返事を待たずにスウェットの下に手を入れる。
トランクス越しにそっと握ると、まさとはまたピクッとした。
包むように手を添えて動かして、先を指先で弄った。

トランクスが少し濡れてて、まさとが小さく「はぁっ」と息を吐いた。

トランクスの前のボタンを外して、そこから手を入れた。
袋を優しく握って、さわさわすると、まさとがまた息を吐く。
どんどんエッチな気分になってきて、親指と中指で輪を作り、きゅっと棒状になってるところを握って、ゆっくり上下させた。
まさとの身体がビクッビクッと動きにあわせで反応して、その様子が可愛くてたまらなくて、普段の口の悪いまさとのギャップに、ものすごく興奮してどんどん手の動きが早くなった。
右手で上下にしごき、たまに袋も手の平で軽く刺激する。

息が上がってきたのが分かったし、(このまま出しちゃったらどうしよう)という気持ちと、(このまま出ちゃったら面白いな)という意地悪な気持ちで迷っていたら、まさとがごろりと身体をこちらに向けて、上半身を起こした。

まさとが急に起きたので驚いて、嫌だったんだと思って手を引こうとすると、まさとはぎゅっと私の腕を掴むと、「おさまりつかねぇよ、どうすんだ?」と小声で言った。
ベッドの方もギシギシいってるし、布団が変な形に膨らんでるし、最後の1人はいびきをかいて眠ってる。

私とまさとが起きてることは気付いていないみたいだったので・・・。

「どうするって、どうしよう?」と小声で返した。

「どうしよう?じゃねえよ、こっちの台詞だよ」とまさとは小声で言った。

私はまさとの股間に手を置いたままという間抜けな体勢で、目線を自分の手に向け、またまさとの顔を見た。
まさとは拗ねたような顔で、私の顔を見ていたかと思うと、しびれを切らしたのか、私の両腕を掴んで立たせ、トイレに連れて行った。

狭いユニットバスに入り、私は便座の上に腰かけた。
まさとは後ろ手で鍵を掛けると、荒っぽくキスしてきた。
口の中があったかくて、今度はまさとの手で触らされた。

「こんななっちゃったよ・・・どうにかしてくれよ」

そう囁くまさとの息が荒くて、それがすごくいやらしくて、私はまさとをバスタブの淵に腰掛けさせると、床にひざをついて今度は両手で触り始めた。
右手は竿、左手は袋を触って、上下に動かす。
狭いし膝が痛いけど、そんなことより自分の腕の動きに合わせて反応しているまさとが愛しくて、もっと気持ちよくしてあげたいと思った。
もうここまできたら戻れない、と、唾で唇を濡らし、思い切って亀頭部分を口に含んだ。
初めてまさとが小さく声をあげた。

私は頭のどこかで、こうなる日が来ることを待っていたような気がしていた。
まさとが初めてあげた声にたまらなくなって、舌を使いながら口をすぼめ、顔を上下させた。
その動きに合わせて、手も上下させた。
ため息が頭の上から聞こえてきて、それがさらにいやらしい気分を煽った。
彼氏にもしたことがないようなやり方で、必死にフェラチオをした。
歯が当たらないように、痛くないように、とにかく必死だった。
心臓が耳元で鳴ってのるかと思うくらい大きく聞こえて、唾をいっぱい垂らしながら、まさとのおちんちんを舐め続けた。

まさとは私の両脇に手を差し込んで抱き上げるとバスタブの中に立たせ、壁に向かって手をつかせた。
どうなるか私も分かっていたから、自分から下着を下ろしてお尻を出した。
まさとも大急ぎでスウェットとトランクスを膝まで落とすと、私の腰を掴んで後ろから入れてきて、あっという間にイッてしまった。
背中からお尻に伝う温かいものが、まさとのものだと思うと、不思議な気分だった。

終わったあとハァハァしながら軽くキスをして、音がうるさいからとシャワーではなく水で濡らしたタオルでお互いの身体を拭いた。
部屋に戻るとベッドの方も大人しくなっていて、少し酔いが覚めて照れくさくなってしまったので、何も言わずにまた床で眠った。

その後、何度かそういうことがあって、『付き合おうか』っていう話もあったけど結局友達のまま、恋人として付き合うことはありませんでした。
仲間と旅行中に車の中でこっそり手コキしたこともあります。
とにかくあの頃は若かった、って感じ。

性的関係はあったけど、友情もあった、と思う。
下手したら、それまで付き合った彼氏より強い信頼関係があったし。

ただ、一度関係を持ったあとって、適度な距離を保つのが難しいかも知れない。