教え子に性教育を実践してしまういけない私

この体験談は約 3 分で読めます。

菜穂です。
高校で教師をしています。
先月、いけないと思いながら教え子と関係を持ってしまったんです。

生徒の名前は真治君と言って学校内でも女の子に人気があり、かっこいい生徒です。
身長177センチと背が高く、164センチの私を見下ろしています。

真治君と関係を持ったのは放課後でした。
居残り授業をしていたんですが、他の生徒は終わって残りは真治君1人でした。
私はまだ仕事が残っており、夜は彼とデートに行く予定だったので、(早く仕事を終わらせて、今日は思いっきりエッチしよう)と思っていました。
だから補習中も彼とのエッチなことばかりを考えてしまって集中できずにいたのが、今回の間違いを起こす原因だったのかもしれません。

真治君は一生懸命に勉強しているようでした。
15分ほど経ちました。
私が椅子に座って窓の外を眺めていると、背後に気配を感じました。
突然、真治君が後ろから抱きついてきたのです。

「きゃぁっ!」

「先生・・・前からずっと好きだったんだ」

耳元で囁かれると弱いんですよね、私。

「ん・・・」

「頼む・・・」

そう言うと真治君は後ろから私の胸を鷲掴みにしてきたのです。

「やめて!!」

もちろんやめません。
やめるどころかもっと強く、しかも円を描くように揉んでくるのです。

「あっ!!」

「先生、感じてるんでしょ?」

胸を揉みながら、もう片方の手は下半身へ。
人より大きい私の胸は片手に収まりきっていません。
ブラを取られて、ますますエッチな気分になってきました。

「先生、俺のこと好き?『好き』って言わないとこの手、止めちゃうよ」

「やめて」と言った私ですが、ずっとエッチなことを考えていたので、じつは触られる前から少し濡れていたんです。
気持ちではダメと思っていても、体は嘘をつけません。
とうとう私は言ってしまいました。

「大好きよ。もっと激しくして」

真治君は椅子に座っている私の足を広げ、スカートをたくし上げ、パンティーを下ろしクンニをしてきました。

「ああん・・・!」

当然私のアソコは愛液で溢れかえってきていて、もう誰にも止められないほどヌルヌルでした。

「先生、俺もすごくなってるよ」

ズボンを下ろして出てきたのは年齢の割に大きなおちんちん。
私は我を忘れ大股を開き、彼を受け入れました。
相手は経験もない高校生。
でも興奮していた私は、すでにイキそうでした。

「で・・・出そう・・・!!」

彼の精液が入ってきました。

「あっあっ!!!イキそうぅ~!!!!!」

「先生!!!全部出すよ!!!!」

真治君と一緒にイッてしまいました。
真治君は中出しをしました。

それ以来、私達は放課後の教室でエッチを楽しんでいます。
教師としてエッチも教えています。
実践性教育です。
彼は上達も早く、今では彼氏とのエッチよりも気持ちよくて楽しいくらい。

でも、悩みが一つあります。
生理が来ません。
もしかしたら妊娠・・・?

タイトルとURLをコピーしました