還暦前の母を犯してしまった

この体験談は約 2 分で読めます。

還暦を目の前にした母を犯してしまった。

飲み会で酔いつぶれた母を迎えに行った。
帰り足に吐き気がするといい車を一度降りて吐いた。
再び車に乗せて走り始めると今度は苦しいと言う。
車を停めて背中をさすった。
思いつきで、窮屈な下着を脱がせることにした。
この場所ではまずいと思い近くのラブホテルまで走り、ラブホテルに入る。

母は気がついていない様子。
気持ち悪い、苦しいの連発だった。
部屋まで抱きかかえて入る。
ベッドに仰向けにすると全てを脱がせてスッポンポンにした。
背中をさすり、お腹を摩ったりした。

私は全裸の母親に欲情を模様してきた。
母とは言え立派な女を感じた。
後は夢中だった犯したのだ。
割れ目顔を押し付けて汁を吸いだした。

イクときは母の中に射精した。
母は入れられたことを知っていた。
帰りには酔いが醒めつつあった。
その後で母とのセックスを何度か経験した。

母親60歳、最高のセックスパートナー、万歳です。

タイトルとURLをコピーしました