佳菜と店長、後日談

この体験談は約 7 分で読めます。

次の日の月曜日、自分はいつも通り佳菜の家に泊まりに行きました。

土曜の出来事で頭がいっぱいでした。
聞こうか聞くまいか悩んだ末、全て打ち明ける事にして佳菜にデジカメを見せました。

佳菜は大声で泣いて謝りました。

自分は本当に好きでしたが、別れようと伝えました。
佳菜は嫌だと必死に抵抗していました。
この姿を見ていると本当にあの時の喘いでいた姿が信じられませんでした。
結論が出ないままでしたが、とにかく全部話してくれと伝え、佳菜は黙って頷きました。

自分「いつからああいう事してたの?」
佳菜「◯◯(自分)と付き合う半年くらい前」

聞くと、店長(実は既婚)とは不倫の関係で付き合っていたそうです。
本当に好きになって最初は普通に付き合っていたとのことです。
彼女はそれまで男性経験は2人であまり気持ちいいセックスはしたことが無かったそうです。

店長で初めてイクことを覚え、初めてセックスの気持ちよさ覚え、フェラやその他もろもろ仕込まれたそうです。

自分「おれと付き合うこと店長に伝えたんだよね?何で別れなかったの?」
佳菜「もちろん別れようとしたよ、けど店長にかなり長いこと言われて・・・」

性格的に押しに弱いタイプだった佳菜は断りきれずズルズル関係を続けたようでした。
店長もこんな若い、しかも自分の仕込んだ女を手放したくなかったのでしょうか。

自分「今まで何人の男とした事あるの?」
佳菜「えーと・・・・7人くらい」
自分「え!?そんなにいるの?どういうこと?」

高校の時付き合った彼氏2人以外の5人は店長絡みということでした。
店長との行為を洗いざらい話させました。

佳菜「付き合って最初の3~4ヶ月は2人だけで会ってたんだけど突然店長が知らない人(A35歳くらい)を連れて来たの」

店長は「こいつがどうしても佳菜に会いたいって言って聞かなくて連れて来ちゃった」
・・・みたいな事を言って、結局家で3人で飲んでいたそうです。
(と言っても佳菜は全く飲めないのでたぶん2人だけ)

しばらくすると部屋の明かりを消し店長が佳菜にキスして胸を触ってきたそうです。
聞いた話をなるべく詳しく報告します。

佳菜「ん、チュパ・・・ちょっとやめてよ」
A「えーいいよ2人がしてるとこ見せてよ」
店長「だってさ、いいだろ佳菜」
佳菜「ダメッ、恥ずかしいよ、無理無理」

佳菜は抵抗して逃げようとしましたが、店長はそのまま佳菜の舌を舐めまわし、体の力が抜けてしまったそうです。
服を脱がされAの前で恥ずかしい格好もさせられたとのことです。

A「佳菜ちゃん乳首立ってるよー」

Aは参加はしてこず少し離れたところで見ていたそうです。
佳菜は恥ずかしくて死にそうだったと言っていました。

店長「佳菜、いつもみたいにしゃぶって」
佳菜「やだ~恥ずかしいよ」

そう言いながらも抵抗は出来ず、目の前で仁王立ちする店長のチンコをしゃぶったそうです。

A「お~エロいね佳菜ちゃん、Sさんに仕込まれたな」

そんな感じのことを言っていたみたいですが、佳菜は早く終わって欲しく懸命に舐めていたそうです。
すると店長はギンギンに勃ったチンコを佳菜のマンコに擦ります。

佳菜「えっ、ヤダッ、入れるの?恥ずかしいよ、やめようよ」
店長「いいじゃん、Aに見せてあげよう」

そういうと正常位で店長は生で佳菜のマンコにズブリと挿入しました。
この後はあまり覚えていないと言っていました。

佳菜「ハァッハァッ、恥ずかしいッ、あッあッ」

店長は腰をリズミカルに動かし、佳菜は何も考えられなくなっていったそうです。
5分くらいして店長がゆっくりチンコを引き抜くと、いつのまにか全裸になっていたAがチンコを勃たせて、佳菜のマンコにあてがいました。

店長「いいでしょ?佳菜、おれに他のチンポでよがるとこ見せて」
佳菜「やだあぁぁー、イヤッイヤッ」

抵抗しましたが、既に佳菜のマンコはヌルヌルで抵抗する間もなくAのチンコが入ってきたそうです。

A「あ~気持ちいいー生マンコ最高」
佳菜「イヤァッ、店長ッ、やだぁ」

この後は、どうなっているのか分からなかった感じだったそうです。
初めて3Pというものを経験させられ、口に突っ込まれながらマンコも出し入れされると何が起きているか分からない感じだったそうです。
2人とも射精し、佳菜は優しく慰められたそうです。

店長「佳菜ホントごめんな、どうしても見たかったんだ」
A「佳菜ちゃんごめんねー」

店長のことを本当に好きだった佳菜は、しばらく経って少しだけ機嫌を直したそうです。
それを見計らった店長が聞いてきます。

店長「佳菜、ホントはちょっと興奮した?」
佳菜「してないよッ、何がなんだか分かんなかったし」

店長「でもA、佳菜はかなりのMなんだよ、慣れれば複数の男に好きなように体使われるっていうシチュエーションは絶対興奮すると思うんだよなー」

佳菜はその時、ドキッとしたそうです。
自分も佳菜がMなのは分かっていましたのでセックスの最中にそういう言葉攻めをしたことがあります。

しばらくすると店長が佳菜を後ろから足を抱えて股を広げたそうです。
あらわになったマンコにAの顔が近づいてきます。

店長「どう?佳菜、興奮するでしょ?Aに舐めてもらおうね」
佳菜「こんな格好恥ずかしいよ」

Aはジュルジュルといやらしい音をたてて佳菜のマンコを舐めまわします。
ピチャピチャと音をててすぐ濡れたそうです。

店長「ほら、興奮するでしょ?こんなに濡らして、このままオマンコ使ってもらおうね」

この時から抵抗はしていなかったそうです。
自分で興奮するのが分かってしまったと言っていました。
そのままの格好でズブリと挿入され、後ろで抱えた店長に恥ずかしい言葉をたくさん言われながら突かれていると味わったことのない興奮覚えたとのことです。
その後、Aは月1回のペースで来て今まで3回して、その内1回は自分と付き合った後だそうです。

自分「じゃあ、残りの2人は?」
佳菜「もういいでしょ、もうやめよ」

当然それで許すはずはなくさらに聞き出しました。
残りの2人は自分と付き合う1ヶ月前くらいの話で、おまけに2人の内1人は自分達と同じバイト先の先輩でした。

彼女は、自分と付き合ってから最初の行為は本当に悩んだと言っていました。
申し訳ない気持ちでいっぱいだったと謝りました。

そしてその日は店長が1人で来たそうです。
いつものように店長に責められていましたが、その日は珍しく電気をつけたまましようと言われたそうです。
店長が正常位でゆっくりながら大きく腰をグラインドさせながら佳菜に言います。

店長「今日さぁ、もう2人連れて来たんだけどいい?」
佳菜「んッ、あッ・・・えっ何?」
店長「佳菜の為に2人連れて来たんだけど入れていい?」
佳菜「えっ誰?もう来てるの?」
店長「いいよね?」

そういうと店長は部屋の明かりを消します。
どうやら外にいる2人の合図だったらしいです。
店長はソファに座り、佳菜を反対向きにして足を開かせたままチンコを挿入しました。
佳菜の腰を持ってゆっくり上下に動かします。

佳菜「あッ、あんッ、ハァッハァッ」
店長「ほらこの格好でドアの方見ててごらん」

ドアが開いてすごくドキドキしたそうです。
2人の男が入って来ました、最初は暗かったので誰だか分からなかったそうです。
後から聞いたそうですが2人にはすぐ脱いで参加しろと言っていたそうです。
脱ぎながら1人の男が口を開きます。
B先輩(32歳)、C(Bの友人、32歳)が来ました。

B先輩「佳菜マジかよー、たまんねぇなー」
佳菜「えっ!?誰?」

正体が分かりそうになると店長は大きく突き上げます。

佳菜「ああッ、あッあッ、ハァッハァッ、誰?」
店長「B先輩とその友達だよ、2人とも佳菜とヤリたいって」
C「うおーこんなカワイイの?」
佳菜「嘘?、イヤぁ、無理だよぉ」

2人は佳菜の胸を片方ずつ舐めたり揉んだりしました。
店長はいつも私が逃げれないように入れてしまってから他の人を参加させたと言いました。
しかし、先日見た時は入れられる前から店長の言うことを聞いていました。
この後の数ヶ月で佳菜は変えられていったのだと思いました。

佳菜「あッあッ、ハァッハァッ、あぁん」
B先輩「店長、すごいっすね、おれマジで興奮するんすけど」
C「たまんねぇなー」
店長「佳菜、B先輩達興奮するってよ」
佳菜「恥ずかしぃよぉ、あッハァッ」
店長「B先輩とC君のしゃぶってあげな」

両脇にB先輩とCがチンコを佳菜の前に突き出したそうです。
2人とも勃起していてフェラを始めると邪魔をしない感じで店長は軽く突くだけになったそうです。

B先輩「うわっ、マジ気持ちいいんだけど」
佳菜「ジュルジュルル、チュパチュパ」
C「おー、あー気持ちいい」
佳菜「ジュルル、チュパチュパ、んッんッ」

またその後はあまり詳しくは覚えていないと言っていましたが、だいたいこのような内容でした。

店長がチンコを抜くとすぐに正常位でB先輩が入れてきたそうです。
Cのチンコも咥えていたと言っていました。
B先輩はかなり激しい腰使いで、何度も濃厚なキスをされたそうです。
Cは結構うまくて、入れて1分しないくらいでイカされたそうです。
店長はほとんど参加せず、B先輩とCが交互に佳菜のマンコを楽しんだようでした。

C「こんな顔してんのに、マジでエロいな」
B先輩「こいつ普段と全然違うんだけど」
佳菜「ハァッハァッ」

B先輩は座位で佳菜を向かい合わせにしM字に足を抱えて激しく突き上げたそうです。

B先輩「ハァッハァッ、気持ちいい~、顔見せろ顔、うぁマジ興奮すんな」
佳菜「あッあッ、ハァッハァッ、あぁん」
B先輩「あーイク、出すぞ、あーイク」

そういうとビクッビクッとしながら中に熱いのが出されたそうです。
今度はすぐにCに四つん這いにされ、お尻を突き出した格好をさせられ突かれたそうです。

C「あー気持ちいい~、ケツの穴丸見え、マジ最高~」
佳菜「イヤッ、あッあッ、あぁ~ん」
C「あー出る、あーイク、うっうっ」

奥まで挿入されたまま中で出されたそうです。
こんな内容でした。
この2人とは自分と付き合ってから1回だけしてしまったそうです。
同じバイト先ということもあり罪悪感に耐えられず本当に後悔したと言っていました。

この話の後やはり彼女とは別れました。
2人ともバイトもやめ、佳菜はすっぱり店長との関係も絶ったようでした。
文面では自分の気持ちには触れませんでしたが、簡単にいうと怒りより驚きが大きかったです。
世の中にこんな事があるんだなと本当に驚きました。

いつか彼女は自分との会話でこんなことを言っていました。
確か避妊とかそんな感じの話の時だったと思います。

佳菜「1人の人に中で出されても、すぐ別の人に中で出してもらえば妊娠しないんだよ」

たくさんの彼女との会話ですごく違和感を覚えた佳菜の発言でした。
今思えばあれはきっと店長に教わった事だろうと思います。
あまりにギャップのある上手すぎるフェラ、腰使い、もっと早く気付こうと思えば出来たかもしれません。

しかし、本当に信じられない真実でした。
それくらい普段の姿はカワイイコでした。

タイトルとURLをコピーしました