私の夫は元ストーカー

この体験談は約 3 分で読めます。

私は24歳の時、ストーカーに犯されました。

ずっと私に付きまとっていたんです。
何度も電話を掛けてきたり、待ち伏せされたり。
その時、私には結婚を考えていた彼がいました。
だから何度もそう言って断ってたんです。

すると、ストーカーは夜中に私のアパートに忍び込んできたんです。
窓ガラスをテープを貼って静かに割って。

私はストーカーが覆い被さってきて目が覚めました。
必死で抵抗しようとしたのですが、寝ている間に手錠のようなものをかけられ、ベッドにロープで固定されてしまっていました。
台所から持ち出した包丁をチラつかせながら声を出さないように脅されました。
パジャマを包丁で引き裂くように脱がされ、下着も切られて脱がされました。
包丁を当てられているので恐くて抵抗できず、そのまま足を広げられて、腰の下に枕を宛てがわれたので私のアソコはお尻の穴まで全部丸見えにされてしまいました。

私は今の彼しか男の人を知らず、彼はいつも優しくて、私が恥ずかしいので暗いところでしか裸になりませんでした。
なのに明るいところで、しかもこんな陰湿なストーカー男に見られて私は悔しくて涙が出てきました。

ストーカーは私の唇を奪い、胸を揉みしだきながら、「お前のことがずっと好きだったんだ。こうするしかなかったんだ」と言ってました。

そして私のアソコに顔を埋め、音を立てながら舐め始めました。

もう私は早く済ませて欲しいと、そればかり思っていました。
唾でベトベトになったアソコに、ストーカーは自分のモノを入れてきました。

「中には出さないで!」と言ったのですが聞いてもらえず、子宮の入り口に当たるように出されてしまいました。

私は、これでやっと終わったと思ったのですが、そいつは萎えかけた自分のモノを私に咥えさせてきました。

包丁を顔に当てられ、「少しでも噛んだりしたら切る」と脅されました。

再び固くなってきたところで、ストーカーは今度は私のお尻の穴を舐めてきました。
そしてアソコの穴と両方に指を入れられました。
私は便秘気味だったので、うんちが溜まっていたんです。

ストーカーは、黄色いモノが付いた指の匂いを嗅いで笑っていました。
そしてその指を私に舐めさせました。

それからストーカーは私の下の毛を剃ると言い出し、剃刀やクリームを取り出したんです。
レイプされただけなら彼にも誤魔化せますが、そんな事をされたら彼にバレてしまいます。

「お願いだからそれだけは止めて」と言ったのですが、アソコに剃刀を当てられ、抵抗することができませんでした。

ストーカーはイチジク浣腸まで持っていました。
風呂場に連れていかれた私は、ストーカーの前で排泄行為をさせられました。
それから、お尻の穴も犯されてしまいました。

事の一部始終はビデオとデジカメに全部撮られていて・・・。

「俺と結婚しないと、ビデオと写真を、(私の)彼や家族、親戚、近所、友達、皆にバラ撒く」と、ストーカーは脅してきました。

今、私はストーカーの妻です。
普段は優しい元ストーカーですが、変態的な行為は相変わらず強制されます。