息子が見ていた母子相姦AVに刺激されて

この体験談は約 5 分で読めます。

息子とセックスしてしまいました。
31歳の専業主婦です。
パパは46歳、単身赴任で新潟に行っています。
月に1回か2回しか帰ってこないので、正直欲求不満でした。
先週、息子の隼人くんの部屋を掃除していたら、ベッドの下からアダルトDVDを見つけてしまい、(子供のくせにこんなの見るんだ)って、ドキドキしながらリビングのテレビで早速鑑賞してみたんです。

ちょっと中学生には見えない男の子と母親がセックスして、最後は中出し。
そんなAVを見ながら昼間のリビングのソファーでオナニーしちゃいました。
下半身丸出しで、画面と同じ四つん這いになって自分を攻め立てちゃいました。
違うのは、向こうは生身のペニス、私は自分の指・・・。

(隼人くんもこんなの見るんだ・・・したいのかなぁ?)

そう想いながら自分で自分を弄って攻め立てて、いつの間にか夢中になって、「はやと!はやと!」って、隼人くんの名前を呼びながらイッちゃいました。

夕方、隼人くんが帰ってきても、なんか顔見るのが恥ずかしくて、色んなことを想像しました。

(隼人くんのペニスってどんなんだろう・・・あたしのことを想像しながらオナニーするのかなぁ?)

その晩はベッドの中で、旦那が単身赴任してからネットで買ったバイブで2回もオナってしまい、声を上げて絶叫しちゃいました。
隼人くんの部屋にも聞こえたかも?
それくらい大きなヨガリ声を上げて・・・。

それから、火、水、木って、毎晩オナニー狂い。
どんどん妄想が広がって、徐々に我慢できなくなって・・・。
先週の金曜日の夜、とうとう隼人くんのペニスが欲しくなって、隼人くんが入ってるお風呂に全裸で侵入したんです。

「え!ママ・・・何?」

当然恥ずかしがる隼人くん。
一緒にお風呂に入るのは2年ぶりくらいです。

「寂しいから、たまには一緒に入ろうかと思って・・・嫌?」

「・・・嫌じゃないけど・・・」

慌てて湯船に入る隼人くんに、わざと見せつけるように立ったままでシャワーを浴びて、そして体を洗いました。
ちらっと見ると隼人くんの顔が真っ赤、でもあたしの方をガン見してます。

「久しぶりよね、一緒にお風呂に入るの」

浴槽の縁に片足をかけて、わざと隼人くんにあたしのあそこが見えるようにして湯船に入りました。
隼人くんは手で隠していましたが、ペニスが大きくなってるみたい。
あたしのあそこもじんじん疼いて、もうじゅるじゅるに濡れてました。

それから散々見せつけるようにしておいて、知らん顔して先にお風呂から出ました。
その後、ちょっと長めにお風呂から出てこなかった隼人くん・・・。
隼人くんが出た後に行ってみたら、お風呂場に栗の花みたいな匂いが・・・。
どうやらオナニーしちゃったみたい。

その晩、なんだかぎこちない夕食を済ませると、隼人くんはさっさと自分の部屋に。
9時過ぎに部屋のドアの側まで行ってみました。
部屋の中から荒い息と連続する何かの音が微かに聞こえました。
ゆっくりドアを細く開けると、ベッドの上で裸の隼人くんがオナニーしていました。
ペニスを包んでるのは、あたしが今晩脱いで洗濯機に入れたショーツでした。
目を瞑って荒い息を吐きながら一生懸命にペニスを擦っています。

「・・・ママ・・・ママ・・・」

(あたしの裸を思い出しながら・・・してる・・・)

あたしのあそこはもうヌレヌレで、少し動いただけでも太腿に滴り落ちそう。
実は、あたしもTシャツ一枚で、下には何も着ていませんでした。
乳首もぴんぴんに立って、シャツで擦れるだけで声が出そうでした。

(もう、だめ・・・)

あたしはTシャツを脱ぎながらドアをゆっくり開け、隼人くんのベッドに滑りこみました。
それからはもうぐちゃぐちゃ・・・。
驚いて固まる隼人くんのペニスにあたしの指が触るとびくびくって震えて、1、2回擦っただけですぐに射精!
でも、いっぱい出しても萎えないんです。
硬いまんまのペニスはちょっと濃い目のピンク色。
あたしが持ってるビギナー用のバイブより大きくて、15、6センチはありそう。
太さはキュウリくらいだけど、バナナみたく反り返ってて、カリは歪んだゆで卵みたい。
そんなペニスがびくんびくん震えてました。

それから先はオッパイに吸い付いてこられただけであたしの体に電気が走って声が出ちゃったし、DVDで覚えたのか、あたしのあそこに顔を付けて舌を使いはじめられると、もうダメ!
さすがに舌の使い方はぎこちなかったけど、もうすっかり尖がってたクリちゃんに隼人くんの鼻がグリグリ当たってくるだけで、あたしは喘いじゃいました。

「・・・もう入れて!」

M字開脚になって、焦る隼人くんのペニスに片手を添えて・・・迎え入れました。
すごく硬いペニスがあたしの肉をえぐるように押し入ってきて、動きはじめて、先っぽがあたしの子宮を突き上げるようで思わず仰け反りました。
隼人くんが何か呻きながら本能のように腰を動かし、あたしもいつの間にかお尻を振ってそれに応えていました。
バイブとは違う熱くて硬い肉棒があたしの中で暴れて掻き回してくる!

「はやと!はやと!」

体の芯から熱い波が押し寄せて、あたしは叫び声を上げて隼人くんの細い体を抱き締め、腰に両足を絡めて狂ったように喘ぎました。

「はやと!もうダメ!ママ、イッちゃう!イッちゃう!」

頭の中が真っ白になって、隼人くんより先に絶頂しちゃいました。

気がつくとキスされてました。
隼人くんのペニスはまだあたしの中、そのまま2回目をされてるみたい。
隼人くんの両手があたしのオッパイを揉んでて気持ちいい。
隼人くんのファーストキス。
舌も入れてこない初心者マークのキスだけど親子で初めてのキス。
あたしの方から舌を入れて隼人くんの舌に絡めてあげると、あたしの中の隼人くんのペニスがググって一段硬くなりました。
興奮高まったみたいで腰の動きが速くなります。

「アッアッ・・・はやとくん、2回目?」

あたしも合わせるようにお尻を揺すりながら、なんとか声を絞り出してみます。
隼人くんは夢中で腰を動かしながら、荒い息を吐いて黙ったまま、それでも頷きました。

「ママ!ぼく出ちゃうよ!出ちゃう!」

すごく激しく腰を動かして、あたしの子宮を突き上げる隼人くん。

「あたしも!ママもイッちゃう!」

ガクガクって下半身を痙攣させて隼人くんが射精。
一瞬、『妊娠』って文字が頭に浮かんだけど、止められませんでした。
体の奥に向かって隼人くんの熱い精液が打ち込まれ、中でじわって広がるのを感じながらあたしも両足を突っ張らせて絶叫しちゃいました。

気がつくと私は無意識に隼人くんのペニスを弄ってました。
また硬くなってきました。
オナニーで1回、あたしの中に2回も出したくせに。

「また・・・したい?」

3回目はあたしの大好きなワンワンスタイル。
四つん這いになると、あそこから隼人くんの精液が太腿に伝って落ちてきます。
あたしのあそこはもうヌルヌル、沸騰してるみたいに自分でも熱いんです。
隼人くんにあそこを見せつけるようにお尻を上げると、すぐに隼人くんがペニスを挿入してきました。
ズン!って一気に入れられると、それだけで声が出ちゃう。
気持ちいい。
すごい気持ち良くて感じまくり。

「ママ、気持ちいい?感じる?」

3回目になると隼人くんも余裕が出てきたみたいで腰を動かしながら聞いてきたけど、気持ち良くてあたしの方が返事もできないで喘ぐばかりでした。
すごい攻められちゃった。
最後は隼人くんの名前を絶叫して、隼人くんもほとんど同時に射精しました。

タイトルとURLをコピーしました