幼い頃、ロリータモデルをさせられていた

この体験談は約 4 分で読めます。

私が幼少から小学低学年にかけての話です。

母に連れられ、よく雑誌モデルのような事をしていました。
可愛いお洋服を着て、写真撮ってもらったり・・・。
そのこと自体はとても楽しかったんです。

でも、だんだん撮影の内容が変わってきてしまいました。
夏はプールや海で真っ白な小さいビキニを着てのビデオ撮影。
何故かお着替えするところからバッチリ撮られてました。
水鉄砲でアソコの部分だけ集中的に水かけられたり。
くすぐったかったのと、濡れたところがスケスケになって、恥ずかしかったのを憶えています。

そして、小学2年生の時。
私はいつものスタジオとは違うマンションに連れて行かれました。
中に入ると男の人が3人くらい居て、奥の部屋で待ってるように言われました。
部屋には大きなベッドが1つあり、クローゼットが開いていて色んな可愛い洋服が掛かっていました。
私は単純に、“また可愛いお洋服がいっぱい着れる!”ってはしゃいでいました。

一番若いお兄さんが入ってきて「これ着てね」と言って、その中から小さなセーラー服を渡してきました。

私はそれを手に取り、その場で着ている服を全部脱いでそれに着替えようとしました。

「あ、ゆっくり着替えて、パンツは穿かないでね」

お兄さんが慌てたようにそう言うと、手にビデオカメラを構え始めました。
私はお兄さんの言う通り、なるべくゆっくり着替え、セーラーの下はノーパンになりました。

「ベッドに横になって」「脚をもうちょっと開いてね」とか言われ、その通りにしてました。

「今度はコレに着替えて」

淡い水色の、シースルーのミニのドレスでした。

「わぁ~綺麗、可愛いー」

ウキウキして、それに着替えました。
ちょっとした、お姫様気分になりました。
色んなポーズで写真やビデオを撮ってもらってると、部屋におじさんとお兄さんが入ってきました。

「今日はね、僕達とビデオ撮るんだよ」

そう言われました。
おじさんが、私の横に座ってきました。

「恐くないから、大丈夫。僕、お母さんとお友達だから」

おじさんは私をゆっくり寝かせると、ドレスの上から胸の辺りを舐めてきました。
くすぐったいのと、少し恐いので硬直してました。
そしてスカートを捲られ、私のアソコが露わになってしまいました。

「ヤダッ・・・恥ずかしい!」

私は抵抗しました。

「大丈夫だから、脚を広げて・・・膝を曲げてごらん」

おじさんは耳元で頭を撫でながら、優しく囁きました。
何故か心地良くて、言う通りに足を広げました。

「そうそう、みいなちゃん、偉いぞ・・・もっと広げて、力抜いて」

まるで魔法を掛けられたように、素直に言う事をきいていました。

「すこーし、指入れるけど、大丈夫だからね」

おじさんの指が、アソコに触れてきました。

「・・・ゃん」

くすぐったくて脚を閉じようとしたら、もう1人立っていたお兄さんが、私の足をそっと抑えてきました。

「みいなちゃんの、ココ、綺麗なピンクだよ。食べてもいいかな?」

私のアソコを、ぴちゃぴちゃと舐め始めました。

「・・・ぅ・・は・・・ぁ・・・ン・・・」

そんな声を漏らしてしまいました。

「どう?気持ちいい?」

「うん・・・」って答えました。

そして、今度はアソコに指を入れてきました。
あまり痛くなくて、おじさんが指を動かす度に、クチャクチャ・・・と音がしてました。
同時に、アソコの穴のちょっと上を軽く擦られました。

「・・・きゃ・・・ん・・・はぁ・・・あっ」

凄く気持ちよくなってしまって、凄い息が乱れて、はぁはぁ・・・となってしまいました。

「みいなちゃんの、ココ、凄いなー。いっぱいヌルヌルしたのが出てて、ぴかぴか光って綺麗だよー」

おじさんは、アソコを舐めながら、指の動きを激しくしてきました。

「・・・ぁっ・・・みい・・・な・・・、ぁ・・ダメに、な・・・ちゃぅ・・・」

何がダメになっちゃうのか分からなかったけど、こんな風に口走っていました。
その瞬間、頭の中が真っ白になって、体中痙攣を起こしたように、びくんびくんとなってしまいました。

「うっ・・・すげぇ。指、抜けねえよ」

おじさんがそう言うと、脚を抑えていたお兄さんが何か持ってきて、私のアソコにクリームのようなものを塗りました。
それでようやく、おじさんの指が抜けました。

「みいなちゃん、すごいお利口さんだったよ~。モデルさんみたいに、綺麗に撮れたよ~」と褒められ、丁寧にアソコを拭いてもらいました。

洋服を着せてもらってジュースとお菓子を出してもらい、しばらくすると母が迎えに来ました。
おじさんから何やら封筒のようなものを受け取っていて、それから私を連れて部屋を出ました。
帰り道。

母「恐かった?」

私「ううん・・・、優しかったよ」

それだけ言いました。
ビクンビクンして気持ち良かったことは、言ってはいけない感じがしたので言いませんでした。

母「・・・そう」

母はニッコリ笑うと、デパートのレストランで大きなチョコレートパフェを食べさせてくれました。

その日以来、何度もそのお部屋に行って、おじさんとお兄さん達からそういう事をされてビデオを撮られてました。
あの(イク)感覚が気持ちよかったのと、帰りに母が弟には内緒で、必ず美味しいデザートを食べさせてくれたので、それが嬉しくてされるがままになっていました。
その頃は何も分からなかったけど、今考えると私は“ロリータモデル”だったのかなと。
母はその人達から、お金を受け取っていたんだと思います。

お父さんいなかったし、生活のために仕方なかったのかな、と思っています。