彼女の友達めぐみさん・前編

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は24歳のサラリーマン。
同僚の同い年の彼女もいる。
でもエッチは満足できない部分があった。
それは、俺がM的願望が強い上に、彼女も責められる方が好きなので、いつもM的欲求だけは満たされない。

そんな俺が東京へ研修に行ったときに見つけた風俗店。
名前は「秘◯倶楽部」という名前で、Mな俺としてはものすごく衝撃的だった。
ヘルスは男がイッたら、あとは時間までお話して終わるというパターンだが、そこは時間ギリギリまでイカせてくれないのだ。
時間のある限り寸止めが続くという、他には無いサービスだった。
そして乱入コースというのがあり、途中でもう一人入ってきて、二人でしてくれるというすばらしい店だ。
東京へ研修に行く度にそこへ行っていたのだが、地元名古屋にもあることが発覚。
給料日後に名古屋の店に行ってみることにした。
そこに行ったときの話です。

サービス内容はほぼ同じで、両手を大の字に縛られて、抵抗できない俺のチンポをひらすら手コキで責め、イキそうになると止められる。
開始からすぐにイキそうになり、寸止めを繰り返されて、全身が痺れる感覚だった。
そして、いよいよ乱入で俺はもう何とも言えない快感を得るはずだった。

「こんにちわ~、あっ、やぱっぱり達也君だ~」と、聞き覚えのある声。

「え?あっ!!・・・」

そう、同じ会社の彼女の友人で28歳のめぐみさんだった。

彼女とは仲が良いので一緒に食事に行くことも多く、二人でもよく話す人だった。
外見はというとお世辞にも「可愛い」とは言えない子で、少しぽっちゃりしている。
そんなめぐみさんがいきなり目の前に現れて、俺はどうしたらいいのか分からず・・・。

「ちょっ!ごめん!!これ外して!!」

焦ってしまって、すぐ外すようにお願いした。

「いいじゃん、遊んでいこうよ~。私この部屋変わるから、美香(今までプレイしていた人)は他行っていいよ~」

そう言うと俺とめぐみさんが二人っきりになった。

俺はめぐみさんと目を合わすことができなかった。

「達也君こういうのが好きなんだ~?香織(彼女)は知ってるの?」と言いながら近づいてくる。

「ご、ごめん、俺、帰るからこれ外して」

「いいじゃ~ん、ココこんなに固くなってるんだし~^^」

そう言って俺のチンポを握ったかと思うと上下に扱きだした。

「あっ!ちょっ!!やめて!」
「可愛いおちんちんね~。でもなんか香織に悪いかしら」

そう言いながらもチンポを扱く手は止めない。
寸止めを繰り返されていた俺はすぐにイキそうになり・・・。

「お、お願い・・で、出ちゃう・・」

「ええ~?もう出ちゃうの~?早くな~い?」と言いながら、扱く手が加速してきた。

「私なんかの手でイッちゃったら香織に悪いと思わないの~?」

更に高速で扱く。

シュコシュコシュコシュコ・・・。

「あ・・もう駄目・・」

出る瞬間、めぐみさんの動きが止まった。

「あら?イキたかったの?でも香織に悪いしな~」

俺をおちょくるように笑いながら言う。

「香織には悪いけど、達也君のおちんちんもっと見ちゃお~っと」と言って、正面に膝を下ろした。

「へぇ~、こうなってるんだ~、達也君のおちんちん」

俺のチンポを握ってゆっくり扱きながらマジマジと見つめるめぐみさん。
恥ずかしくて仕方なかった。

すると突然チンポが温かいものに包まれた。
ふと下を見るとめぐみさんが俺のチンポを咥えていた。
そして“チュパチュパ”音を立てながら頭を前後に動かす。

チュパチュパチュパチュパ・・・。

そして再びすぐにイキそうになった。

「駄目!出ちゃう!!・・・」

そう言うとめぐみさんは激しく頭を前後に動かした。

ジュパジュパジュパジュパ・・・!

「あ、駄目・・」

また寸止めさせるのかと思っていたが今回は止まらずに、めぐみさんの口の中に大量の精液を放出した。
そしてゴックンと俺の精液を飲み込んだ。

「達也君の精液おいし^^気持ちよかった?^^」

勝ち誇ったような顔で言われた。

「香織には内緒にしとくね^^」

そして俺は店を出たが、本当の地獄はこれからでした。