妻の不倫から始まった平凡な生活からの脱却・・・中編

この体験談は約 3 分で読めます。

妻とM君の関係がどこまで進んでいるのかを調べるため、すごく抵抗感があったのですが、妻の携帯メールが見ることにしました。

妻も嘘をついているのだからと自分を納得させ、妻が入浴中にハンドバッグの中の携帯に手を出しました。
二人のメールは、簡潔で他愛もないものでしたが、やりとりの数が多くて二人の親密度を知るのに十分なものでした。

例のデート直後のやりとりを見ると。
妻の「若い頃を思い出して楽しかったよ」と、M君の「大人の女性って素敵ですよね」というようなことが書いてありました。

この小僧が、何を生意気なことをと腹も立ちましたが、私は胸がバクバクして勃起しました。
ただ、その時点でセックスはしていませんでした。

その夜ベッドで、M君のことに話を向けました。

「彼は真面目で素直だよな、彼女とかいるの?」
「いないみたいよ」

「そうか、お前ああいう若者好タイプでしょ(笑)」
「タイプってことはないけど、今時珍しいいい子だと思うよ」

・・・と、こんな世間話から入り、だんだん話を核心に近づけていきました。

「◯◯さん(店のオーナー)、お前がよくやってくれるんで助かると言ってたよ。バイトの子の世話までしてもらってありがとうってさ。褒められて嬉しかったよ。どんなことしてやってるの?」

妻は一瞬ドキッとしたようでしたが、平静を装って「1~2度御馳走したぐらいかなあ。あんまりお金持ってないみたいだから」と答えました。

私は心の中で“何度も行ってるくせに”と思いましたが、私は妻の体を弄りながら、耳元で囁くように話を続けました。

「でも、M君も彼女いないのか、やりたい盛りから大変だな。お前のことやらしい目で見てたりしてな(笑)」
「そんなの、あり得ないよ」

妻は否定しますが、愛撫ですでに濡れています。

私は追い打ちをかけるように「でも最近は熟女ブームっていうじゃん。お前のこと考えながら毎晩チンコしごいてるかもよ」と、わざと下品な言葉を囁きました。

妻は明らかに反応し、興奮しているのが分かりました。

「もし、Mがお前を口説いてきたらどうする?」
「変なこと言わないでよ」

そう言いながらも、しっかり想像しているらしく、ジュースをじわじわ溢れさせています。

私は続けて「若いからカチンカチンで反り返ってるだろな」とか「あいつ、どんなモノ持ってるんだろう」などと、下品な言葉と指で攻めたてました。
妻は「そんなぁ、もうイヤ~っ」とか言いながら顔を背けましたが、一段と強く感じているのが分かりました。

快感とともに、ここまで来れば何でも言えます。

「M君にされてると思ってごらん。不倫みたいで興奮するから」と私。
「ハアハア・・・そ、そんなこと思っていいの?」と妻。

さっきから思ってるくせに(笑)

「いいよ、僕もお前が興奮すると興奮するから、若くて可愛いMが、お前のこと思ってチンチンおっ勃ててるよ」

下品な言葉に我を忘れて喘ぐ妻に激しく興奮しました。
妻は我慢できなくなったらしく、いきり立った私のモノに手を伸ばしてきました。

私は焦らしながら「M君としたい?」と囁きました。

喘ぎながらも「怒らない?」と妻、「怒るもんか、すごく興奮する」と私。

ついに「したい」と言わせました。

私はたまらなくなって一気に押し込み、「ほらMにされてると思って、名前を呼んでみな」と言うと妻は何の躊躇いもなく「あああ、M君」と激しく抱きついてきました。
私はモノが破裂しそうなほど興奮しました。

その日セックスは、忘れられないほど激しいものになりました。
そして、それから数日間、私たち夫婦はM君との妄想をおかずに、サルのようにしまくっていました。

その何日か後、いよいよ妻に実行させます。