幼稚園の頃に遊んでた女の子のお母さんの思い出

この体験談は約 2 分で読めます。

幼稚園の頃に遊んでた女友達に「好きだ」って言われた。

「じゃあパンツ見せて」って言ったら、「いいよ」って言って、幼稚園の制服のスカートをピラって捲ってみせてくれた。

じゃあということで、「ちょっとこっちきて」って言って、茂みに連れて行き「パンツ脱いでよ」って言ってみた。

そしたら「あなたのためなら」って言われて、パンツを下ろしてくれた。

当然、可愛い割れ目が顔を出す。
縦にスジが一本。

「触らせて」って言ったら、「はい」って。

そこでまだスジの奥にメインがあるとは知らなかったので、表面のスジをすりすりと触らせてもらった。
そこで親に見つかって、その場でこっぴどく怒られた。
だが、その子とはそれからも仲良しだった。
そういったエッチなことはしなかったが。

ある日、その女の子の家に行くと、おばさんしかいなくて、女の子はまだ帰ってないから家で待っててって言われた。

待ってると、おばさんに「うちの子のあそこ触ったでしょ」って言われて、怒られると思って身構えると、「おばさんのも触ってみる?」って言われた。

おばさんは太ってたイメージがあった。あとは覚えてない。
“おばさん”と言われると“これ”というイメージのおばさんだった気がする。

断ると怒られそうな気がしたから触ることにした。

スカートを捲り、パンツを脱ぐと、女の子とは全く違うものがあった。
スジに代わって毛がボーボーして、なんか女の子らしくなかった。

女の子のを触ったとおり、毛の上からなでなでしてみたが、なんか子猫を撫でてるような感覚。
女の子のをすりすりした時はもっと肌触りが良かった気がした。

手を退けようとすると、「ここを触って」って、毛の奥の部分のなんか湿っぽい部分に手を押し付けられた。
このときはよく分からなくて、“なんか汚いな”という印象が残った。

「指を立てて」と言われ、立ててみると、なんかおばさんが声を出したような気がした。

でもよく分からないでいた。

指を立てた手を掴まれ、あそこの部分をぐりぐりしていくと、なんだかじめじめ感が増して、余計気持ち悪くなった。
そしておばさんがいきなりおしっこを漏らした。
あまりに汚くて泣いてしまった。

「ごめんなさいね。このことは内緒だからね」と言われ、お風呂に入れてもらって、お菓子いっぱい買ってもらった。

「お菓子あげたんだから話しちゃだめよ」って言われて、女の子に会う前に帰った。

その後は、その女の子とも話をしなくなりました。