僕の中の幼い狂気 小学4年編

この体験談は約 2 分で読めます。

僕が、小学4年生くらいになる時、僕はとある女の子を好きになる。

その子は、色白で、身体がとても魅力的だ。
僕ととても仲良しだったので、冗談で「今日はブラしてない」とか「胸が出てきたー」とか「毛が生えてきたー」とかお知らせをしてくれる。
僕は、ふ~んとだけ言うけれど、意識してしまって暴走を抑えるのに必死だった。

何かと理由をつけては、それを見せて欲しいと言ったこともある。
ブラをしてないといわれたときは、でも全然分からないんだけど!とか触ってみたり、毛が生えてきたと言われたときは、興味津々に「見せてよ!」とトイレに強引に誘って見せてもらおうとした。
途中まで、見た。
興奮した。
自宅だったので、トイレに2人で入ったのを不審に思った僕の母親が「何してるの?」と聞いてきたのを覚えている。

彼女は4年生の割りに、胸の発達がとても早くて、僕はもう我慢が出来ないで居た。

とある日に、僕の家に彼女を呼んだ。
ゲームをしよう!と持ちかけた。
罰ゲームは、エロイ命令を言えるというエロイゲームにした。
ゲームをしたら、案の定僕が勝った。

僕は「胸を60回揉む」とかなんとか言って、彼女の胸を揉むことに成功した。
僕は、勝つ度に「胸を60回揉む」とか言い続けた。
とても柔らかくて、もみ応えがあって、興奮した。
そして今度は「胸を吸う」とかなんとか、好き勝手にした。

彼女は、手で顔をうずめて、しまいには上着を顔にかけた。
僕が「どうして顔を隠すんだよ」と聞いたら、「これが現実だと思いたくない」と笑って言われた。
しかし、僕も負けた時も、もちろんあり、彼女は「じゃああたしも揉んじゃうし!」と言って僕の胸を揉んできた。
・・・が、彼女は特に興奮することもなく、なんとなくやることないからするという感じだった。

あの時は、欲望を我慢する事が出来なかった。
今は、とても後悔している。