体の相性が最高な未亡人

この体験談は約 4 分で読めます。

奥さんのご主人とは飲み仲間だった。
途中経過は長くなるので省略。
奥さんとラブホテルへ行った時のこと。

「何もかも忘れさせて」

奥さんに重なった際にしがみつかれた。

「もっと・・・もっと愛して・・・いい・・・。もっと強く・・・もっと突いて・・・あーっいいー」

他界したご主人と奥さんの3人で飲みに行ったことがあった。
お酒が入り、明るい奥さんが私とベッドで想像もしないほどに乱れた。

「いいーメチャメチャにして・・・淫らにさせて・・・」

「奥さん、いいオマンコだ」

「奥さんなんて呼ばないで・・・恵子って呼んで」

「恵子・・・いい締めつけのオマンコだよ」

「もっとして・・・あーいいー・・・」

乱れ方がすごかった。
正常位に座位、騎乗位にバックと激しく突いた。

「抜いちゃいやー」

抱きつかれ、口を求められ、吸い合った。

「私のオマンコ、もっととろけさせて」

乱れに乱れた後、奥さんが告白してくれた。

「ありがとう・・・よかったわ・・・。主人が亡くなった悲しみを一時でもいいから忘れたかった。・・・何もかも忘れたかったの。だから佐伯さんが来たときつい、泣いてしまって、あなたとなら何もかも忘れさせてもらえると思って、抱かれようと思ったの・・・」

これが去年のお盆の話。
それからは時々奥さんとホテルで愛し合う関係になり、ほぼ毎回、奥さんの中に出させてもらっている。

未亡人の恵子さんと不倫の関係になって、ある平日、その日は駅で待ち合わせてドライブに行った。

「待った?」

「私もさっき来たばかり」

助手席に座った恵子さんがジャケットを脱いだ。
白のブラウスにブラジャーが透けて見えた。

「恵子さん、セクシーだな」

「前を見て運転してね」

「こんな素敵な奥さんを残していくなんて罪だよね」

「もう・・・誰が火をつけたのかしら」

車は市内を走り抜け、郊外に出てちょっと山の方に向かった。

「どこに行くの?」

「あの◯◯の手前からちょっと登った場所。意外と人が来ないんだよ」

「なんで知っているの?もしかして奥さんとそこで・・・」

「そうかもね」

車を停め、恵子さんとキスをしながらブラウスのボタンを外し、ブラジャーの中に手を入れて乳房を揉んだ。

「あっ・・・う~ん・・・」

舌を絡め吸い合い、ブラジャーを押し上げ、乳房を露出させた。
形のいい張りのあるオッパイで、乳首もツンとしている。
車の中は狭いので降りるとトランクからレジャーシートを出し、芝生がある場所に敷くと恵子さんが脱いでくれた。
青空の下で見る恵子さんの色白の肌が綺麗だった。
裸で重なり合い、突き上げた。

「あーっ・・・すごいわー・・・あ~ん・・・いいーもっと・・・もっと突いて・・・」

恵子さんの肌が汗で湿り、オマンコもピストンでいやらしい音を出した。
バックにして激しく突き上げると、恵子さんが仰け反った。
今度は正常位にして重なり、肌を密着して突きまくり、恵子さんのオマンコの奥に出した。
恵子さんもイッたようで、私にしがみついていた。
彼女は私と不倫をするようになってから、以前よりもいい女になった気がする。

最近のこと、平日の休み。
その日は妻は勤めで不在。
散歩がてらと思い、恵子さんの携帯にメールを入れた。

「いいわよ、待っているから」

ちょっと回り道をして玄関のチャイムを鳴らした。

「はーい。今、開けるわね」

鍵が開き、玄関の中に入ると裸にバスタオル1枚の恵子さんが立っていた。

「え!?」

「早く閉めて鍵をして。こっちよ」

部屋に入ると布団が敷かれ、暖房が効いていた。
私は家を出る前に下半身はシャワーをしていた。
恵子さんが布団に入るとバスタオルを取った。
私は急いで裸になり布団に入った。

「恵子・・・綺麗だよ」

口を吸い合い抱き締めた。
時間はまだ午前9時を過ぎたばかりだった。

「あなた・・・抱いて・・・」

恵子さんの方が積極的だった。
口を離し、乳首を吸いながら揉んだ。

「もっと吸って」

そう言って私を抱き寄せる。

「恵子のオッパイはいい香りだよ」

左右の乳首を吸い揉んだ。

「恵子を食べたい」

仰向けになり、顔を跨がせると、自分からオマンコを強く口に押し当ててきた。

「あなた・・・食べて・・・」

オマンコに吸い付きながら下からオッパイを揉んだ。
69でお互いに舐めあい、騎乗位で腰を使い、座位にして強く抱き、乳首を吸ってやると仰け反って悶えた。
立ったまま後ろから突き上げ、オッパイを揉む。
四つん這いでも突き上げ、うつ伏せにしてさらに奥を突き上げた。

「あーすごい・・・いいー・・・感じるわー・・・あー、もっと」

正常位にして突き上げると、恵子さんの喘ぎ声は外に漏れるほどだった。

「あーっ・・・もっと・・・もっと・・・いいー・・・。すごいわー・・・とろけそう・・・あなた・・・もっと・・・奥に届いてるわー・・・」

「恵子、イクぞ・・・」

「あーだめー・・・あーっ」

恵子さんが失神した。
初めてのことで驚いた。

「あーステキだった。もう私を離さないで・・・このままでいて、お願い・・・」

入れたままの膣がヒクヒクしている。
私もこんな経験は初めてだった。
ゆっくりと前後に動きはじめると、恵子さんの体も応じていた。
時間も忘れて愛し合った。
気がつけば午後2時を過ぎていた。

タイトルとURLをコピーしました