いじめられっ子だったユミ

この体験談は約 3 分で読めます。

中三の秋頃の話。

放課後に図書室で時間を潰し、そろそろ帰宅しようと教室に戻ると、教卓の陰に誰かが隠れているのに僕は気付いた。
誰だろう、と近づいてみると隣のクラスのユミ(仮名)だった。

驚いたことに、ユミは下はスカートで上は下着(キャミソール)姿だった。
慌てて後ろを向き、理由を聞くと「ちょっと、汚されて」と答える。

教卓の上には黒板消しで散々叩かれ、真っ白に汚されたセーラー服があった。

女子の間で陰湿ないじめがある事は聞いていたが・・・。

「体操服に着替えなよ、持ってきてあげるから」

僕がそう言うと・・・。

「体操服は真っ先に隠されちゃったから・・」とユミ。

あまりに気の毒だったので、僕は詰め襟の学生服を脱いでユミに渡した。

「ありがとう」

そう言ってユミは学生服を着て、僕らは体操服を一緒に探すことにした。

体操服は校舎外に捨てられていた。
少々汚れてはいたが、制服程では無かった。
着替えるために教室に戻る。
ユミが教室に入り、僕は廊下で待っていようとすると、「一緒に入って」とユミは言った。

「お礼がしたいから、見てていいよ」

ユミは僕の目の前で着替えを始めた。
僕はそれをただ見ることしか出来なかった。

学生服を脱ぎ、スカートも脱ぎ、キャミソールとショーツ姿になる。

「もっと見たい?」

ユミが聞いてきた。

「うん」と僕。

キャミソールも脱ぎ、ブラを晒すユミ。

「少しくらいなら、触ってもいいよ」

ユミは赤くなりながらそう言った。

僕は近寄り、手を伸ばした。
僕は『おさわり』を楽しんだ。

そして僕は次第に自制がきかなくなり、ブラを上にずらしユミのおっぱいを曝け出した。

「あ・・・」

ユミは小さく声を上げたが、拒否も逃げもしなかった。

僕は乳首にしゃぶりついた。
赤ん坊のように吸い付くくらいしか出来なかったが、ユミは甘いあえぎ声を漏らしてくれた。
調子に乗った僕はショーツへ手を伸ばす。

「ダメ」

さすがにユミは拒否をする。
けど、僕も止まらない。

「じゃあ、せめて見るだけ」と懇願。

ユミ自身もかなり興奮していたのだろう、それを承諾し、僕の目の前でショーツを膝の辺りまで下ろす。

僕はかぶりつくように見入った。
ユミの陰毛はまだ薄く、割れ目がくっきりと見えていた。
そこから汗ともおしっことも異なる匂いを感じた僕はさらに興奮しする。

「もっと見たい」

「でも・・・」

「お願いだから」

僕は先刻脱いだ学生服を床に敷き、ユミをそこに座らせた。
ユミももう立っていられなかったようで、倒れ込むように腰をおろした。
開かれた脚の間からユミのおまんこが顔を出した。

「セックスしたい」

僕はユミににじり寄った。

「ダメ、ダメだよ・・・」

「もうオレたまんないよ」

僕はズボンを下ろした。
トランクスの前がパンパンに張っていた。

「じ、じゃあ、手でしてあげる」

ユミはそう言った。

冷静な判断力を失っていた僕はそれで手を打つ事にした。
トランクスを下ろし、屹立したちんちんをユミの前にさらけ出す。
僕のモノは見事に剥け上がり、亀頭も真っ赤で艶やかだった。
ユミの掌が僕のモノを優しく握り、前後に動かされる。

「ああっ」

僕は情けない声を漏らし、直後に射精した。
飛び散った精液はユミの指先と身体のあちこちを白く汚した。
しかし僕のモノは固く勃起を続けていた。

「もう一回」

僕はユミにお願いした。

ユミは特に逆らう事も無く、僕のモノを再び握る。
さすがに2回目だけあって、僕も長持ちできた。

「口でもしてよ」

またもや調子に乗った僕はユミにそう言った。

「うん」

ユミは素直に僕のを口に含んでくれた。

そのまま僕はユミの口内へ2回目の射精をした。
ユミは教室の床に僕の精液を吐き出し、僕はその場にへたり込んだ。
ユミは手早く体操服を着込み、僕も身なりを整え、校舎を出た。

校門の所でユミは、「今日のことは誰にも言わないでね」と言い、走り去った。

翌日、ユミは欠席をした。
その日だけでなく、一週間近くユミの欠席は続いた。
女子によるいじめが原因だと囁かれたが、僕の行為が原因に思え、しばらく夜も眠れなかった。
その一方でユミが売春まがいのことをしているという噂も、聞こえてきていた。

数日後、ユミは登校して来たが、僕はもう彼女に話し掛ける事は出来なかった。