ヤリマンだった私が教室でエッチした時の話

この体験談は約 4 分で読めます。

これは私が高校の時の話。
その頃はまだガキで、公園でみんなで遊んでるのに、カップルで消えて木の陰でアンアンなんてのはよくあること。
グループ内で彼氏彼女が入れ替わるなんてこともよくあること。
性について無知で、やりまくりの高校時代だった。

私には彼氏はいなかったが、付き合う直前の男はいた。
仮に『A』とする。
Aとは毎日メールするし公園でいちゃいちゃすることもあったが、Aは他校に女がいたので付き合ってるわけではなかった。
つまり私は浮気相手。
そんなAと学校でセックスした話を書く。

<スペック>
私、出身は北の方。
現在24歳、当時16~17歳。
身長162センチ、標準体型。
初体験は中2。

彼(A)、同級生。
中の上くらいのフツメン。
当時はかなりのエロ猿。
ラグビー部、でもガチムチではない。

うちの学校は昼食はどこで食べてもいいスタンスで、いつも仲のいい子のクラスで一緒に食べてた。
でもこの日は1人で食べることに。
私の学年は6クラスあって、6組の隣は空き教室だった。
空き教室は雑品や机や椅子で教室の半分が埋もれている感じだった。
そこで1人でまったりランチをすることに決めた。
空き教室は基本入ったらいけないと言われていたけど、侵入成功。
みんなに見えないように陰で1人ランチをしてた。

お弁当を食べ終わって、携帯でメールしたりしながらまったり過ごしていると、Aが入ってきた。

A「こんなとこで何してんの?w」

私「・・・え?っていうか、何でここにいるってわかった?」

A「◯◯(6組の奴)がここに入ってくの見た。って何してんの?w」

私「いや、1人でランチしたくてこっそり入ったw」

A「ふーん・・・」

Aが近づいてきてゆっくりキスをしてきた。
何回も何回もキスする。
Aのキスはだんだんねっとりしてきて、唇の隙間から舌が入ってくる。

私「んっ・・・」

だんだん激しいキスに変わり、お互いの息遣いが荒くなる。

私「A・・・っ。これ以上は・・・まずくない・・・んっ・・・」

A「うん・・・でも止まんねっ」

私「・・・んん・・・」

Aがキスしながら私の体を教室の隅に押していく。
机を避けながら窓側の教室の後ろ隅に辿り着く。
私たちを隠すように周りに机を集めるA。
机の上には椅子が重ねられていて、床に座ると私たちがいる場所はドアから完全に死角になった。

私「A・・・あと30分でお昼終わっちゃうよ?無理だってぇw」

A「大丈夫だって。いい?お願い・・・」

私もすっかりセックスモードだった。

私「・・・ちょっとだけだからね」

Aがまたキスをしてくる。
ゆっくりからだんだん激しく、うなじや髪を撫でられどんどん感度が良くなる。

私「・・・はぁはぁ・・・んっ・・・」

A「ふっ。静かにね。気持ちいい?」

私「やばい。いつもよりもやばいよ・・・んんっ・・・」

Aが私のおっぱいを触る。
乳首を摘まんだり弾いたり、ガッと鷲掴みして揉みまくったり。

私「はぁ・・・ん・・・ぁっ」

A「・・・?俺のも触って?」

私「ん・・・」

Aのを触るとすごく硬くてびっくりした。
ゆっくり優しくしごく、時々親指で先っぽをヌルヌルする。

A「・・・っっ。はぁ・・・」

私「A、気持ちいい?」

A「やばいね」

私「舐める?」

A「舐めて欲しいけど、時間がないから今度たっぷりして?・・・下触るよ?」

私「超濡れてるかも・・・恥ずかしいよぅ・・・」

Aの手がスカートを捲ってパンツの上から私のを撫でる。

私「声出ちゃう・・・どうしよ・・・んっ」

A「超濡れてるもんね」

私「やだ・・・っ。あっ・・・」

A「手を動かすの忘れてるよ」

私は止まってた手をまた動かす。
上下にしごきながら時々先っぽヌルヌルや、タマを揉んで、また上下するとAの手がパンツの間から直に私のを触りはじめる。

くちゅくちゅ・・・くちゃ・・・。

静かな教室に音が響いてる気がした。
2人で目が合って笑う。

A「・・・すごい音w」

私「もう・・・!っっ!んっ・・・あ・・・っ」

必死に声を押し殺してAにしがみつく。
しがみついたら離されて、手をAのに持っていかれる。
Aのを触りながら全身に力が入る。
するとここで教室のドアが開いた。

ガラガラ。

男1「お!誰もいない!」

男2「ここでやる?」

男1「いや、でも暗くね?」

男2「電気点ける?」

男1「電気点けたらこの教室使ってるのバレるんじゃね?」

男2「だな。他になんかいいとこねーかなー」

ドアが閉まる。
この2人が何をしようとしてたかは不明www
その間、私たちはマヌケな格好で硬直してた。
冷静になって少し盛り下がる。
時計を見ると昼休みは残り10分ちょっと。

私「・・・やめる?」

A「やばいな。もう入れるわ」

私「えっ、う・・・うん・・・」

ぐぐぐっとAが入ってきた。

私「っ!あぁん・・・っ・・・んぁっ」

A「静かにしろよ?w」

私「や・・・っ。うん・・・っ、わかっ・・・」

Aが正常位でガンガン突いてくる。
左手は私の腰を掴んで、右手は親指でクリをコリコリ。
気持ち良すぎてやばい・・・。
ただ教室の床は固すぎて頭が本当に痛すぎる。

私「A、この体勢キツい・・・頭が・・・」

座位ですることになり、私が腰を振る。
今度は膝が痛いwww
なので、机に手をついて立ちバックでIN。

私「・・・あっ。いいかも・・・」

A「俺も・・・」

私「んっ・・・んっ、ん・・・」

A「ごめん・・・俺、正常位がいい・・・」

結局、Aの着てたカーディガンと私のかばんを枕にして、もう一度正常位に。

A「あと5分もないからノンストップでいくな」

私「早く・・・っ!あっ・・・ん、ん、ん、んー」

すごい勢いで突き上げ続けるA。

A「うっ・・・!!!」

Aが床にドクドク出した。

私「はぁはぁ・・・はぁ・・・はぁ・・・」

A「ティッシュある?」

私「・・・ない・・・はぁはぁ・・・」

結果、2人の股間は私のお弁当のランチクロスで拭き取り、床はそのまま精子を拭かずに空き教室を出たwww

タイトルとURLをコピーしました