五十路でもまだまだイケてる元レースクイーンの妻

この体験談は約 3 分で読めます。

結婚して30年が過ぎた。
私は57歳で、カミさんは53歳になる。
子供たちが小さいうちは毎日のようにカミさんを抱いていたが、子供たちが大きくなるとカミさんを抱く回数が減ってきた。
だから、今まで浮気ゼロとは言わないが、カミさんを愛さなかったことはなかった。
最低でも週2回はカミさんを抱いてきた。
子供たち2人を育て上げ、再び夫婦2人になると、家が広く感じるようになった。

休日、2人きりだと暇を持て余すこともある。
横になってテレビを見ていたカミさんの背中から、ブラが透けて見えたらなんだかイチモツが大きくなり始めた。
カミさんの後ろに横になって、勃起したイチモツを押しつけてみた。

「なんか当たってるよ~」

「お前の匂いを嗅いだら大きくなっちゃった~」

カミさんのお尻にイチモツを擦りつけると、モゾモゾしだした。
乳房に手を回し撫で回すと、乳首が硬くなっているのを感じた。
シャツの裾から手を入れて、少しブラをずらして乳首を摘まむと、カミさんの体がピクッと反応した。
乳房を持ち上げるように揉みながら乳首をコリコリすると、カミさんの呼吸が変わった。

「ハッ、ハァ~」

「感じる?」

カミさんの手が私のイチモツをむんずと掴んだ。

「あなたが大きくなって困ってるんじゃないの?」

「お前が色っぽくてムラムラしちゃったんだ」

カミさんを抱き寄せ、唇を重ねると、カミさんから舌を絡めた。
しばらく舌を絡め合いながら服を脱がせていく。
20歳前後の若い頃、レースクイーンなんかやっていたカミさんはベッピンで、体だって53歳でもかなりイケてる体型を保っていた。

しばらくして素っ裸になったカミさんの乳首を愛撫すると、勃起は最高状態になっていた。
それを握ったカミさん。

「すごいわね。どうしちゃったの。元気がいいのね」

「お前の裸見たら、こりゃあ条件反射だよ」

太腿を広げると、部屋に射し込んだ冬の低い太陽光が当たって、ドドメ色の秘唇がはみ出すワレメが愛液で輝いた。
ドドメ色の秘唇を開くと、太陽光を浴びた秘穴と秘尖が思い切り照らされ、秘穴の奥まで丸見えになった。

「洗ってないんだから舐めないのよ・・・」

「わかってるって」

秘尖を指で転がすと愛液がトロトロ出てきて、我慢できずにイチモツを挿入した。

「ンアァ~・・・す、すごい!・・・いったいどうしたっていうの?」

ブジュジュジュプチュプチュブバブジュ・・・。

イチモツと秘穴の間を圧縮空気が愛液と共に噴いていやらしい音を立てた。

「アッ、アアアッ・・・」

カミさんがガクガクしながら私の腰を引き寄せ、結合部を回転させるように擦りつけてきた。
イチモツが秘穴の中で暴れて、カミさんが唸りながら仰け反っていった。
閉経した秘穴が俺のイチモツを締め付け、精液を欲しがった。

「イクぞっ!」

「来てっ!中にいっぱい出してっ!」

ドッピュルルルルル~~ドピュドピュ・・・。

一気にカミさんの中へ射精した。

「クハァァァァァァ・・・」

カミさんの秘穴から俺の精液がトローリと流れ出た。
使い古したドドメ色の秘唇がヌメリ、なんとも卑猥な光景だった。

「やっぱりあなたと結婚してよかった・・・」

32年前、カミさんを狙っていたカメラ小僧の数人がしつこくカミさんに言い寄ってきていた。
その中に金持ちのボンボンがいて、俺とそのボンボンが張り合っていた。
ボンボンはBMW、俺はセリカ、オートマだったボンボンの車は俺の改造したセリカに追いつけなかった。
カミさんはその加速に目を白黒させてた。

かなりのベッピンだったカミさんは、21歳ですでに男を知っていた。
まだ昭和の時代、性は今ほどオープンでなかったが、誠心誠意前戯に尽くし、射精をとことん我慢して女本位のセックスをした。
カミさんは、「セックスって、こんなに気持ちいいものだったのね」とホテルで目を白黒させていた。
懐かしい思い出だ。

しかし、53歳でもまだまだイケてるだけじゃなく秘穴も締まるなんて、本当に女は不思議だ。
そういえば上の子が生まれた頃はバブルで、カミさんが妊娠出産でしばらくセックス禁止だった頃、初めて浮気した相手がカミさんの伯母で53歳だった。
ずっと独身の高校教師で綺麗な人だった。
その2年後、第2子の時もお世話になったが、55歳の秘穴もよく締まったっけ・・・。
などと考えていたらまたムラムラしてきたから、今からカミさんを押し倒すことにしよう。

タイトルとURLをコピーしました