友達にエロ本を返しに行ったら妹に咥えられた

この体験談は約 3 分で読めます。

俺は大学3年。
その日は授業を入れてなくて暇だったので、友達に借りていたエロ本を返しに行くことにした。
友達の家は俺の家から1時間くらいかかるが、学校でもあまり会わないし、学校に持っていくのも恥ずかしいので、直接家に持っていくことにした。
鞄にエロ本を入れ、電車に乗った。

最寄り駅に着き、徒歩10分くらいで友達が住むマンションが見えてきた。
何階だっけと考えながらエレベーターに乗り込んだ。
6階でエレベーターを降り、呼び鈴を鳴らして待っていると、女性の声がインターホンに出た。

「どちら様ですか?」

「えと、翔太君の友達ですが、いますか?」

「は~い。ちょっと待ってください」

出てきたのは高校生の女の子だった。

「え~と、君は?」

「私は妹の結衣です」

「ああ、で、翔太君は?」

「お兄ちゃん、まだ帰ってません」

「そうか。じゃあ出直してくるね」

「すぐ帰ってくると思うから、上がって待ってたらどうですか?」

「でも・・・」

「いいから」

「うん。じゃあお言葉に甘えて」

俺は上がらせてもらった。

「結衣ちゃんは何年生?」

「高1です」

「そうか~」

「今日はお兄ちゃんに何の用なの?」

「返したいものがあってね」

「な~んだ。じゃあ私が渡してあげる」

「あ、いいよ。大切なものだから」

「なになに?見せて」

「人には見せられないかな」

「いいから見せて」

油断してたら強引に取られた。

「何これ?エロ本?」

「うん、まぁ」

「お兄ちゃん達、こんなの見てるの?」

「うん」

「やったことあるの?」

「なんだよいきなり・・・ないけど」

「下脱いで」

「おい、いきなり」

「いいから。誰もいないから」

俺は下を全部脱がされて椅子に座らされた。
結衣ちゃんは俺のアソコを持つと自分の口に咥えた。

「ちょ、結衣ちゃん?」

「大丈夫。お兄ちゃんにいつもしてあげてるから」

いつもしてるだけあって上手だった。

「気持ちいい?」

「うん、とっても」

その時だった。

「ただいま」

「あ、誰か帰ってきたよ」

「お兄ちゃんだから大丈夫」

「おぉ、お前来て・・・おい、お前たち何してるんだよ」

「これは結衣ちゃんが」

次の瞬間、俺は意外な言葉を聞いた。

「俺も混ぜろよ」

そう言うと友達はズボンとパンツを脱いで結衣ちゃんのスカートを捲りパンツを下ろした。

「結衣ちゃん、抵抗しないの?」

「いつものことだから」

「2人はいつもこんなことをしてるの?」

「あぁ」

友達は結衣ちゃんのマンコにバックで挿入した。
そしてそのままピストン運動をし出した。

「結衣、気持ちいいぞ」

「お兄ちゃんのおちんちんも気持ちいい」

内心、変態兄妹だと思った。
でも結衣ちゃんは、美少女と言ってもおかしくないほど可愛かったので、結衣ちゃんとできて嬉しかった。

「結衣ちゃん、出そう」

「口の中に出していいよ。飲んであげるから」

俺はそのままたっぷりと思いっきり出してやった。
それを美味しそうに結衣ちゃんは飲んだ。

「お前は中出しとかはしたの?」

「それはさすがにまずいからしてねぇよ」

「そうだよな」

「じゃあどこに出すんだよ」

「いつも顔に出してる」

「お兄ちゃん、1回私の中に出して」

「結衣、妊娠したらやばいって」

「自分で責任取るから」

「でも・・・」

「いいから」

「結衣、本当にいいんだな?」

「うん」

「よし、じゃあ中に出すぞ」

友達は激しく腰を振った。

「イクぞ」

そう言って友達は結衣ちゃんの中に出した。
チンコを抜くと結衣ちゃんのマンコから精液がこぼれてきた。
服を着て家に帰ろうとしたら呼び止められた。

「今日のことはわかってるよな?」

「もちろん。誰にも言わないよ」

最後に結衣ちゃんが言った。

「今日は楽しかったよ。また3人でやろうね」

俺は「あぁ」と言って家に帰った。

タイトルとURLをコピーしました