金玉を揉みながらしゃぶってくれた若い看護婦

この体験談は約 4 分で読めます。

若かりし頃の思い出です。

バイクを乗り回し、夜な夜なフクロウのように動き出していた高校時代。
こんなことを続けていたら、いつか事故るだろうと思っていたが、それが現実となってしまった。
夏休みに入った開放感もあった。
カーブを曲がり切れずに壁にぶち当たり、足の指が3本、変な方向に曲がった。
数日の入院を余儀なくされた時のことである。

体力も精力も有り余っていて疲れを知らない時期。
頭の中は女のことばかりで、当時は白衣の看護婦を見れば、薄っぺらな布団の中でチンポをしごいていた。
布団が盛り上がっているのが分かるのだろう。
まだ20歳そこそこの新人看護士が顔を赤らめていた。
耳まで火照っているようだ。

入院中は“清拭”というのがあり、カーテンを閉めてから身体を温かい濡れタオルで綺麗に拭いてくれる。
もちろんチンポはギンギンに立っているが、隠しようがない。
度胸を決めて、もうどうにでもしてくれ状態で仰向けになったらタオルを掛けられたが、いきり立ったチンポは縮まない。

「下半身は自分で拭きますか?」

そう聞かれたが、足が固定されているので看護師にお願いした。
小さいな手でチンポを握られ、チンポはもちろんのこと、金玉まで丁寧に拭いてもらった。
するとギンギンで爆発寸前のチンポをガン見され、拭いているのか擦っているのかわからない感覚で、その小さな手がゆっくりと上下に動き出した。

幸いなことに病室は4人部屋だったが、私1人が入院中。
そして病気ではないので、身体は至って元気。
カーテンを閉める必要もないが、それは患者への配慮なのだろう。
無限の精力なので、1日抜いてなかっただけで、早くも前汁が垂れだした。
すぐに爆発寸前の波が襲ってきて、我慢の限界を超えて尿道が膨れ上がり、血管が浮き出て弾けて、腰が跳ね上がった。
看護師は飛んだ精液をタオルで素早く受け止めて、垂れてきた精液とチンポを優しく上下にまた擦りだしてくれた。

「気持ち良かった、かな・・・?」

そう一言。

初めて女の人の手で抜いてもらった喜びたるや最高だった。
言葉が出ないので頭を大きく縦に振って喜びを伝えたが、早くも2回目の爆発を迎えそうになっていた。
先程とは違う指の動きが亀頭を擦り上げ、カリに引っ掛けるように擦られた。
恥ずかしい話だが、経験のないガキにしたら一瞬で爆発してしまう。
我慢してなんとか爆発を持ちこたえることができた。
情けないが本当のことだ。

ラッキーなことに、その看護士さんが私の担当となった。
今日は夜勤らしく、消灯になってしばらくして、懐中電灯を持って巡回に来た。
病室には私だけなので、お菓子を持ってきてくれた。
私はハッとした・・・。
思い返せば、計画的に私を挑発したのだと思う。

白のパンストでなく素足だった。
白衣に下着のラインが見えてないし、胸元に薄っすらと2つの黒い影・・・。
もしやと思い、凝視した。
やっぱり下着は着けていないと思った。
看護師は胸元を少し開けて近づいてきた。

「はい・・・お菓子」

まるで『見てください』と言わんばかりに胸元が見えるような姿勢で布団を直してくれた後、ベッド脇の椅子に腰を下ろして話しかけてきた。
爪先立ちするように膝の角度が上がっている。
脚が少し開いているので、ベッドから見る角度がドンピシャで、スカートの中が丸見えである。
そのときは舞い上がってたので、チンポはビンビンだった。
なんとかしたいが、身体を動かすことはできない。
思い切って手を伸ばしたら、なんとか看護士さんの膝に手が届いたが、それ以上は何もできない。
看護士のお姉さんの顔を見ると、薄く笑って楽しんでいるように思えた。
やっぱり下着は穿いてはいない。
奥の方に黒い茂みが見えている。

しばらく焦らされた後、ベッドに向かって胸元を近づけてきて、私の手が届くようにベッドに手をついてくれたので一気に白衣の中へ手を滑らせた・・・までは良かったが、体勢が悪かったのか手を痙ってしまった。
なんとか手が元に位置に戻ったので、再度お姉さんの白衣の中に。
ふっくらとしたお茶碗サイズだった。
目を瞑り気持ち良さを味わっている感じで時々声が漏れ、膝がどんどんと開き、いつの間にかお姉さんの手が私のチンポをしっかりと握り、ゆっくりと動かしていた。

(あ~気持ちがいい・・・なんて幸せなんだ)

早くも限界が近づいていた。
チンポはフル勃起状態でパンパン、血管が浮いていた。
ふとお姉さんの顔を見たら、微笑みながら私を観察しているように感じた。
お姉さんと目が合ったので目を瞑ってチンポの感触に集中していると、程よい温もりを感じた。
目を開けたら、お姉さんは布団の中に頭を突っ込み、チンポを咥えながら金玉を揉んでくれていた。
手が届くところにお尻があったので、すかさず白衣の中に手を入れ、おまんこに手を当てた。
グジュグジュだった。
女ってこんなにグジュグジュになるものなのかと驚くほど濡れていた。

指をゆっくりおまんこの中に1本、2本と沈めていった。
纏わり付く感触を味わいながら、落ち着けと自分に言い聞かせた。
しかしチンポは爆発寸前。
汁が垂れていると思うが、お姉さんはジュポジュポと音を立てながら美味しそうにバキュームフェラをしてくれていた。
暑くなったのか布団を捲りあげ、私に見せるようにフェラチオをしてくれた。
泡立ったヨダレが陰毛にベッタリと付いている。

一気に波が来て、我慢できずに大爆発した。
かなりの勢いでお姉さん口の中に大量の精液が噴き出された。
しかしお姉さんは、ゲボゲボしながらもチンポから口を離そうとはしない。
それどころか全てを飲み干し、そのままチンポにしゃぶりついてきたので、萎えることなく2回戦目に突入した。
おまんこに突っ込んだ指から愛液が流れ、手首まで滴って床に落ちる。
どのくらい時間が経ったのかは分からないが、ガクガクとお姉さんが布団に崩れ落ちて、しばらく動かなくなった。
お姉さんは軽くチンポにキスをすると、ナースステーションに戻っていった。

その後、何度かお姉さんに抜いてもらった。
しかし入院患者が増えてきて、最後まですることはできないまま退院となり、私の青春の1ページは終わった。

タイトルとURLをコピーしました