中学時代のハードすぎる野球拳

この体験談は約 4 分で読めます。

私たちの中学時代の悪戯をお話しします。
中学1年の夏限定の悪戯&イジメです。

中1の放課後、男子3人と女子2人で野球拳をしていました。
男子は3人でしたので、1人は審判役になりました。
そして、1対1で野球拳のはじまりです。

最初はK君とM美が対決。
M美は可愛くて可憐な女の子でした。
K君はジャンケンに勝って、M美はセーラー服の上下を脱いで、Tシャツとブルマと靴下だけになりました。
M美はまだ、恥ずかしいという気持ちはありませんでした。
K君は制服の上だけを脱いだだけで、M美は次々と脱いでいきました。
靴下も脱いでTシャツも脱ぎはじめました。
残りが白いブラジャーとブルマだけになった頃、顔が赤く染まっていました。

次のジャンケンでM美はブルマを脱ぎました。
残りは、白のブラジャーと水色のパンティの2枚になりました。
そしてラスト2回戦がはじまり、ジャンケンをするとM美の負け。
ついに白のブラジャーのホックを外しました。
ゆっくりとブラジャーが下にさがり、ピンクの乳首が現れました。

「M美の乳首、可愛い!」

男女問わず騒いでました。
しかし最後の水色のパンティが残っているのに気づくと、みんなは嘘のように静まりました。

ついに最後の野球拳がはじまりました。
結果はK君の勝ち。
M美は泣き顔で、水色のパンティが捲れるように太股を伝い、足首からパンティを抜き取りました。
M美はついに全裸になりました。
M美の足元に1人の女子が近づくとM美のパンティを拾いました。
その子はM美のパンティを裏返しにしました。

「この女、パンティに染みが付いているよ」

そう言うと、M美の鼻に裏返したパンティを押し付けて匂いを嗅がせました。
それは女子全員で勝手に作ったルールなので、敗北した女子は従うしかありません。
女子のルールは厳しく屈辱です。
死にたいという気持ちになります・・・。
だからM美は自分のパンティの匂いを嗅がなければなりません。

そして屈辱は、次の日も受けることになります。
次の日、M美はノーブラノーパンで1日を過ごすことになります。
どうしてノーブラノーパンかと言うと、その日は昨日の下着を身に着けて帰されるから、万が一違う下着を身に着けてくると、ベランダーからその下着を投げ捨てられ、拾いにも行かせてもらえません。
生理の時は、ナプキンの子はガムテープで落ちないように固定され、タンポンの子はそのままで1日を送らなければなりません。
トイレも行かせてもらえず、生理だからと言っても受け付けてもらえません。

トイレは、教室のバケツがその子のトイレです。
唯一M美が穿けるのは体育の時間だけ。
ブルマだけ身に着けられます。
もちろんブラジャーとパンティは許されません。
体育が終わると女子更衣室で数人の女子に脱がされて制服を着せられ、M美が使用したブルマは、今までアソコに当たっていた部分を外にして、黒板の少し上の所に吊るされます。
そのため先生には見つかりません。

その授業が終わって先生が教室から出ると、M美は前の女子に、「トイレに行きたい」と言いました。
前の子が全員に、「M美、トイレだって」と言うと、後ろの女子がバケツをM美の前に置きます。

「M美、ここで出しな」

皆の声が飛び交う中、M美は女子3人に椅子から立たされ、1人の男子がM美のスカートのホックを外します。
足元にスカートが落ちると、M美は横から2人に腕を組まれるので恥ずかしい所を隠すことができず、クラス全員に見られます。
M美は少し毛が生えているアソコを見られながら、足を大きく開かれます。
バケツをM美の下に置くと、M美を座らせて、オシッコをするところを男子全員が見物。
そんな中、M美のオシッコが勢いよくバケツに叩きつけられます。
オシッコが終わるとM美を立たせて、アソコをティッシュで拭きます。

昼休みになると、ボーナスとしてM美は女子とジャンケンをして、連続で10人に勝つことができたら、下着を身につける許可が出ます。
その代わりに途中で負けると、スカートを捲られて四つん這いになり、お尻を開かれて男子全員にお尻の穴を舐められます。
そして5人以上に「苦い」とか「ウンチ臭い」と言われた時点で、イチジク浣腸を6本注入され、タンポンでお尻の穴に栓をして、1時間授業を受けないといけないという悲しい試練が待っています。

ボーナスジャンケンがスタートしました。
M美は7人目で負けてしまいました。
四つん這いになり、スカートを捲った1人目の男子がM美のお尻の肉を左右に開いて顔を近づけて舐めます。
皆からどんな味がするか聞かれた男子は、「苦い」と答えました。
2人目、3人目も同じ答え。
M美は何も言わずに立つと、1人の女子がM美をロッカー両手をつかせてM美のスカートを捲ると、もう1人の女子がM美のお尻を開き、全員が見ている中でM美のお尻の穴にイチジク浣腸を6本しました。
そしてタンポンでお尻の穴に栓をします。
大便を我慢しているM美の顔が青くなってきました。
そのときチャイムが鳴りました。

「M美、1時間我慢しなよ」

次の授業が半ばまで来た頃、M美のお腹が鳴る音が教室中に響きました。
それ聞いたクラス全員が大笑い。
M美にとっては地獄の授業が終わりました。
女子がバケツを持ってきてM美のスカートを脱がします。

「出しなよ。次の授業も我慢できるの?」

M美は頭を横に振ります。

「トイレには行かせないよ」

M美がバケツに腰を下ろすと、女子がM美のタンポンを抜きました。
タンポンが抜けた途端、水のような便が止め処なく出てきました。

これが私が中1の時の話です。
野球拳で負けると、みんな同じような目に遭いました。
今さらだけど、かなりハードなイジメでした。

タイトルとURLをコピーしました