大量の媚薬を飲んだ嫁は極太バイブでイキまくった

この体験談は約 6 分で読めます。

初めに嫁のスペックから簡単に紹介する。

・嫁が25歳の時に結婚、クールで美人系。
・現在は38歳で小学生の子供が2人。
・もう5年近くレス状態。

俺の嫁は毎週金曜日になると「女子会がある」と言って出かける。
大体が夜22時ぐらいに帰ってくるんだけど、今回は0時過ぎても帰ってこなかった。
俺は土曜日も仕事があったので、『先に寝る』と嫁にメールを送ってからベッドに入った。

ウトウトし始めた頃、玄関のドアが開く音が聞こえた。
スマホを見ると夜中の1時で、(ああ、嫁が帰ってきたんだな)と思い、一応顔を出しに行った。
嫁は顔が真っ赤でかなり飲んでいるように見えた。
しかも目がかなり潤んでいた。
初めは単に酔っぱらっているだけだと思ったんだが、嫁の様子を見ているとなんとなく、何回もイッた後の嫁のように見えた。
息遣いが微妙に荒いし。

とりあえず嫁に何をしていたのか聞いてみた。
すると、女子会のメンバーが「通販で媚薬を買ったからみんなで色っぽくなろう!」と言ってお酒に混ぜたらしい。
なぜ既婚者の嫁まで色っぽくなるのか少々疑問があったが、この女子会のメンバーは嫁以外は独身だったらしく、それで大胆なことにチャレンジしたようだ。
初めは数滴ずつお酒に媚薬を垂らしたらしいが、飲んでから1時間経過しても全く効果が出なかったからみんなで「インチキ」と決めたらしい。
そこで小さなボトルに入っていた残りの媚薬を、じゃんけんで負けた人が飲むことになり、負けたのは嫁で、かなりの量の媚薬を飲んだと言っていた。
家に帰ってくる途中まではなんともなかったらしいんだけど、途中から急に体が熱くなってきたらしく、なんとかフラフラしながら帰ってきたと嫁に説明された。

とりあえず嫁をソファーに寝かせて水を飲ませてみた。
その後、嫁の体温を測るために体温計を渡したんだけど、ちょっと指が体に触れただけでビクッとする。

「ごめんなさい、やっぱりなんか変なの」

いつもはこういうことをしないんだが、嫁のスカートを無理やり捲ってパンツを見てみたら、大きな染みが拡がっていた。
あんまり濡れるタイプではないので、ここまでパンツを濡らした嫁を見たのは初めてだった。
愛液独特のツーンとした臭いが部屋の中に広がっていったし、嫁は何度もスカートを戻そうとしていた。
でも俺は嫁のパンツを見てすごく興奮してしまい、久しぶりにエッチがしたくなった。

「なんでこんなに大きな染みを作っているんだ?」

聞くと、恍惚の表情を浮かべて、嫁がはぁはぁし始めた。

「まさか男とエッチをしてきたんじゃないだろうな?」

嫁は首を何度も横に振りながら呼吸が荒くなっていた。

「いつからこんなに濡らすようになったんだよ?」

と言えば、「ち・・・がう」と小さな声で反論するも、たまに感じる素振りをしていた。
今までに言葉責めをしたことはなかったけど、何か言うたびに嫁は体を震わせて反応していた。

以前から、俺も媚薬というものには興味があったけど、すごく値段が高かったし、そもそも本当に効果があるのかどうか疑わしかった。
だから今まで媚薬は買わなかったんだが、ここまで効果があるなら、すぐにでも欲しくなるw
しばらく言葉責めをしてから嫁を放置していると、嫁の方からもじもじしながら俺に近づいてきた。

「ねぇ、もう何も言わないの?」と言われたので、わざと「明日も早いし、寝るよ」と答えてみた。

すると、いつもはクールビューティーって感じの嫁が、甘えた声で話しかけてきた。

「えぇーやだよぉ、わかってるんでしょ?」

これはこれで嫁の反応がすごく可愛らしかった。
いつもは俺が嫁に乗ってひたすら腰を振り続けるセックスをしていたから、こういう反応がすごく新鮮に感じられた。

「わかってるって何?w」

嫁に意地悪をすると、泣きそうな顔をしながら「意地悪しないでよぉ・・・」と再びもじもじしてきた。

「え?何なに?オナニーしたいって?どうぞどうぞw」

わざと目の前でオナニーしやすいようにしてあげた。
ちなみに、今まで嫁がオナニーをしたことがあるとは聞いたことがなかった。
エッチの時はほぼ受け身だし、全くテクがないから、そういう知識がないんだと思っていた。
でも嫁は、「ばかぁ!!!」と泣きそうな顔で俺に言ってから、ソファーの上で本当にマンコを触り始めた。
本当に嫁がオナニーをするとは思っていなかったし、マジかよと正直びっくりした。
オナニーが始まってから嫁の喘ぎ声はどんどん大きくなっていくし・・・。

「いやー!あなたの前でこんな姿を見せるなんて・・・」

なんて小さい声で呟いていた。
セックス中に感じる姿はずっと見てきたけど、オナニーで感じる姿は今回が初めてだった。
おかげでチンポはビンビンになって、嫁は俺の下半身ばかり見ていた。
これは“オナニープレイ”と言うのだろうか。
何か嫁のオナニーを見ながら自分でシコシコするのもいいかなと思って、俺も嫁から少し離れた場所でチンポをシコシコした。
すると嫁は嬉しそうに、「おチンチンちょうだい、オマンコに入れて!」と何度もお願いしてきた。
しかし俺は嫁の言葉を無視して1人で扱き続けた。

「入れてよぉー!オマンコに入れて!」

嫁が再度お願いしてきたが俺は再び無視して、ニヤニヤしながら嫁の様子を窺った。

「ばかぁ!!!もう頼まないんだから!!!」

嫁がいきなりキレ始めたので、そろそろオマンコに入れてやろうかなと思ったのだが・・・嫁は急に寝室に行って戻ってこなかった。

(あー、怒っちゃったかな)

そう思い、謝って仲直りのセックスをしようと俺も寝室に行った。
すると!
嫁のマンコには見覚えのないピンクの極太バイブが入っていた。
バイブが動くたびに中が光るタイプらしく、嫁は俺が部屋に入ってきたこともわからないくらい自分の世界に入って感じていた。
着ていたものはすでに脱いでいて、ドロドロになったパンツは無造作に捨てられていた。
右手でバイブを激しく出し入れしながら、左手ではおっぱいを荒々しく揉んでいた。
言葉と言うよりはひたすら鳴き声だけ漏らし続け、何回も全身を痙攣させながら極太バイブでイッていた。

このとき初めて、俺の役割が極太バイブに奪われていたことに気づいた。
嫁がエッチを求めなくなったのも、極太バイブのほうが俺のチンポより太かったからだと思う。
こんな極太バイブをすんなり出し入れできるまでに嫁のオマンコが拡がっていたなんて・・・マジで俺の中ではありえなかった。

極太バイブに嫁を取られたのがあまりにも悔しかったので、俺はイキ続けている嫁のオマンコから極太バイブを引き抜いた。
すると嫁は数秒後に正気を取り戻し、「えっ?・・・あなた?」と驚いた表情で見てきた。

「玩具よりチンポのほうが絶対にいいだろ!」

嫁にそう言ってから、俺は一気に奥までチンポを挿入した。
俺の中の妄想では、嫁がこの一撃で一気に絶頂まで行って、その後はずっとチンポでイキまくる予定だった。
しかし極太バイブが入っていた時と比べると、反応が明らかに薄かったし、膣の中が締め付けているような感じがしなかった。
なんというか、膣が拡がりすぎてガバガバになったというのか・・・。
それでも、嫁は声のトーンはかなり落ち着いているが、極太バイブを入れているときのように喘いでくれた。

「だめーっ、イッちゃう、イッちゃうぅぅぅぅ!」

嫁が絶叫して軽く体を震わせていたが、明らかにそれはイクふりだった。
嫁がイク時は、膣がキューっと締まって思いっきり痙攣するんだが、膣は締まらないし、軽く震えるような感じだった。
嫁は俺を傷つけないために演技でイクふりをしていたが、本当は思いっきりバイブを使いたかったんだと思う。
とりあえずガバガバのオマンコに入れても気持ちよくないので、俺はオマンコに極太バイブを戻した。
再び嫁が極太バイブでイキ狂っている中、俺はティッシュをカーペットに敷いて射精した。

シャワーを浴びた後も嫁は極太バイブでイキ狂っていたので、俺はソファーで寝ることにした。
朝になって寝室に行くと、マンコにバイブが入った状態で嫁は寝ていた。
バイブの電池が切れかかっていたみたいで、軽い振動音しか聞こえなかった。
とりあえずバイブを抜いて、軽く洗ってからバイブの隠し場所と思われる半開きになった嫁のタンスに戻した。
マンコなど汚れた部分を濡れティッシュで軽く拭いて、俺は職場に向かった。

家に帰ると嫁はいつものように迎えてくれた。
昨日のことを全く覚えていないみたいで、「なんか昨日は飲みすぎちゃった」と俺に話した。

「なぁ、最近エッチしてないけど大丈夫?オナニーでもしてるのかw」

ふざけて嫁に聞いてみた。

すると、「やだぁ。したくなった時はあなたの立派なモノでしてもらいます」と、嫁は笑顔で嘘をついていた。

・・・知らないほうが良かったことって本当にあるんだな。

タイトルとURLをコピーしました