すでに処女ではなかった妻と初体験した日のこと

この体験談は約 4 分で読めます。

妻は現在58歳、俺は59歳。
結婚して早や29年。
妻の髪の毛も白髪が目立ってきた。
しかし胸は、若い時ほどの張りはないが、それでも大きな胸は健在で、ブラを付けた服の上からは立派に盛り上がっている。
お尻も大きく、なんの警戒心もなく突き出した大きなお尻は思わず触ってしまう。
子どもたちも巣立って今は2人きりの生活なので、妻が台所で食事の用意をしている時、後ろからその大きなお尻を触る。

「やめて、食事の準備中なんだから・・・」

お構いなくズボンを下げ、パンティを下げ、腰を突き出すように言うと、「もう・・・」と言いながらも大きなお尻を突き出してくれる。
俺も急いでズボンとパンツを脱ぎ、いきり立ったペニスを妻の秘部に宛てがい、一気に挿入するとずぶりと埋まってしまう。
妻はシンクに両手を突き、さらに腰を突き出してくれる。
妻のお尻と俺のお腹がぶつかり合い、パンパンと大きな音が台所に響く。
当然、最後は中出しだ。

「イク・・・イク・・・」

妻は恥ずかしげもなく大きな声を上げはじめる・・・。

そんな妻も、俺と知り合った時にはすでに処女ではなかった。
これは結婚してしばらくしてから妻に聞いた話である。

妻は高校を卒業後、親元を離れ短大に進学。
やはり寂しさと、年齢からくる異性への関心からか、合コンで知り合ったひとつ上の男子学生と6月に知り合い、処女を捧げた。
その男性とは秋頃まで付き合っていたそうだ。
その間、5回のセックスを経験。

その後、2年生になった春、やはり他校の4大生の男子学生と知り合い、深い関係に。
しかしこれも妻の卒業と同時に別れることになったとか。
その男性とは多くはドライブデートが多く、最初の2~3回はラブホテルでのセックスだったが、以後は車の中でのセックスがほとんどだったそうだ。
人気のない空き地に車を停め、キスをしたり、愛撫をしあったそうだ。
妻のフェラはその男性が初めてで、妻が生理の時は必ず、口に射精させてあげていたという。
短大を卒業して俺と知り合うまでに、2人の会社員と関係を持ったそうだ。
都合、俺と結婚するまでに経験した男性は4人。

俺は妻と知り合って2回目のデートでホテルで関係を持った。
その時のことは今でも覚えている。
その日はドライブで、朝早くから待ち合わせの場所に来ていた。
6月下旬の日曜日だった。
身長164cmと長身の妻は、細いコットンジーンズを穿いていた。
スタイルのいい妻の両脚はぴったりとフィットしており、股上の短いもので、体にフィットしたナイロン地のシャツは大きな胸が余計に強調されており、かつ丈が短くおへそが見え隠れしており、腰とお腹の生肌はよく見えた。
少し腰を曲げたりした時など、お尻の割れ目まで見えていて興奮したものだ。
その日、俺はその光景を何度も見て、なんとか今日こそホテルへ行こうと密かに思い始めた。

3時過ぎ、そろそろ帰宅に向けて走り始めた。
運転しながら俺の目は必死でホテルを探していた。
都合のいいことに次々にホテルが見えてきた。
俺は彼女には何にも言わず、そのうちの一つに車ごと乗り入れた。
彼女はなにも言わない。

車を降りと俺は彼女の手を握って部屋のドアを開けた。
中に入ると俺は彼女を抱き締め、キスをして舌も中に入れた。
すると彼女は俺の舌を吸ってくれた。

(あ、経験があるんだ)と思った。

しばらく抱き合った後、シャワーを浴びようと彼女に言った。
彼女は、「先に入って・・・」と言った。
一緒に入りたかったのだが、諦めて1人でシャワーを浴びていると後ろのドアが開き、全裸の彼女が入ってきた。
胸もあそこも隠すことなく。
大きな胸も、黒々とした陰毛も見えた。
俺は彼女を抱き寄せてキスをした。
自然にペニスは反応して、あっという間に勃起してしまい、彼女の身体に当たっている。
すると彼女は片手を下げて、俺のいきり立ったペニスをそっと握った。
初めて女性にペニスを握られた俺は、これ以上のないほどに興奮した。

彼女は俺の前にしゃがみ、握っていたペニスをぱくりと口に入れた。
なんと気持ちのいいことだったか。
俺は自然に腰を突き出した。
すぐに射精感が込み上げてきた。

「もう我慢できないよ。出そうだ」

そう言うと彼女はより口に力を入れてきた。
そして射精。
彼女はごくり俺の精液を飲んでくれた。

「飲んじゃった」

俺の顔を見てにやりと笑った。

一緒に湯船に入り、全裸でダブルベッドに入った。
すぐに勃起したペニスを早く挿入したくて彼女にその旨を告げると、彼女は黙ってベッドに四つん這いになった。
初めてまじまじと見る彼女の全裸、そして大きなお尻。
白くて大きな2つのお尻の割れ目からは陰毛が見えている。
そこにペニスの先を当てると腰を突き出した。
なんの抵抗感もなく、ずぶりと根元まで挿入できた。
処女ではないなと思った。
ホテルを出るまでに2回、彼女の中に射精した。
帰りの車の中で彼女は、ずっと俺のペニスを握ってくれていた。

タイトルとURLをコピーしました