ブスなOLのバンキングフェラチオに敗けて口内発射

この体験談は約 3 分で読めます。

職場に少し気の毒な容姿をしたドブスOLがいる。
スタイルは努力してかなりのものだったが、顔は評価できないくらいドブス。
年は23歳らしい。
今までの人生を思うと同情はするが、手を差し伸べてあげようとは思わなかった。

しかし、このドブスOLは僕のことが気になるらしく、職場の集まりでも飲み会でも僕のそばから離れない。
なので自然と無視するようになった。

僕はまだ遊びに夢中で、バイクで日本一周とかサーフィンでグァムとかハワイに行くとか、そんなお金も時間もかかるようなことばかりしていたので、特定の彼女を持つ気はさらさらなかった。
大学時代に2人の子と付き合ったので童貞ではなかったが、デートとか面倒くさくて、最近はネットのサンプル動画や素人の無修正投稿サイトのお世話になり、右手が僕の恋人だった。

その娘の名前を『リカ』する。
リカは先ほど話したように僕に気があるようで、職場の集まりでも僕のそばから離れないから、職場の仲間もリカの気持ちには気がついている。
ある飲み会でも、席が3つもあるのに僕と同じ席の隣にリカは座った。
たまたまその席はお笑いに長けた人たちが集まっていて、自然と僕とリカを酒の摘みにしようとしてきた。
リカも普段は話題にされることがないので嬉しそうにしていた。

長谷川主任という真面目な顔をしてふざけたことを言う人がいる。

主任「君はいつも昌士君のそばにいるみたいだが、昌士君が好きなのか?」

話を振られたリカは、飲んでいるのもあるのだろうが、「好きです。好きですけど私がこんなだから相手にされませんし、最近は避けられてるみたいで悲しいです」と返していた。

主任「いや、女は、特に嫁にする女は顔や見た目じゃないんだ」

リカ「じゃ何ですか?」

主任「もちろん夜の営みだよ。あっちが良ければ男は浮気もしないし、退社後はすぐに帰宅で円満な家庭を築けるんだ」

リカ「私、自信はあるんですが、そこまで辿り着けないんです」

長谷川主任に声をかけられ、僕も話に加わされた。

主任「リカが君を好きだと言うんだが、試しに付き合うわけにはいかないか?」

単刀直入に言われたので僕もストレートに答えた。

僕「いきません。僕にはリカを抱いているとこが想像できないし、リカでイケるとは思えません」

リカが「ひど~い」と顔を臥せたが無視した。

主任「じゃあ、リカも自信があるみたいだから、5分とか時間を決めて、リカにやってもらって、君がイッたら付き合う、イカなかったら諦めてもらうってのはどうだ?リカじゃイケないんだろ?」

僕「何を馬鹿なこと言ってるんですか?僕がリカなんかににイカされるわけないでしょ」

リカ「チャンスを下さい。私、自信があります。5分じゃなくて3分でいいです」

僕はこの挑戦を飲み会のノリで受けてしまった。
リカの前でズボンとパンツを下ろした。
リカは四つん這になって僕の股間に頭を入れる。

リカ「誰か時間を計って下さい。それと合図をお願いします」

長谷川主任が壁の時計を指示して言う。

主任「あの時計で3分。42分になったら合図するから、45分までにイカなければリカは諦めてもらう。イケば昌士君はリカと付き合うってことだな」

全員が時計とリカの顔を交互に見る中で、長谷川主任が「よ~い、スタート」と合図した。
リカは素早く僕のチンコを咥えると、左手で根本を押さえつけたまま激しく首を振り、頭を振った。
バンキングフェラチオだ。
凄いスピードで髪を振り乱すリカに僕は恐怖を覚えた。
油断したらイカされると思った瞬間、僕はだらだらと射精してしまった。
リカはそれをゴクゴクと音を立てて飲み、口を開くことができる程度を残して、みんなに完勝の証を見せ。

「わかったから早く飲み込め」

そんな罵声を浴びながらリカは全てを飲み干した。

リカ「じゃあ約束、守ってもらっていいですか?」

リカが僕に迫り、僕がリカを抱き締める形で敗北宣言。
それ以後、僕はリカの彼氏という立場だ。
しかし付き合ってみると至れり尽くせりで楽だし、毎日必ずイカせてくれるので、男冥利ではある。
さすがにまだ結婚は意識していないが、完全降伏までは時間の問題なような気がする。

タイトルとURLをコピーしました