教育係のお姉さまは超淫乱だった

この体験談は約 4 分で読めます。

オイラが新入社員の頃のお話です。

親睦会(社員旅行)で、パシリ担当という名誉ある職を任されたオイラ(23歳)。
行き先は上意下達(某温泉地)で、旅行準備やらなんやらプラス仕事の慌ただしさで体力が減少状態でした。
課内のOJT担当の有能なお姉さま(29歳)には、「旅行の幹事と仕事とは別!」と、仕事の遅いオイラは毎日のように叱られていました。

旅行当日。
朝、遅刻なしの出発で宴会場(温泉地のホテル)着です。
各自部屋へ行き、まずはみなさん温泉へ。
オイラは先輩幹事が温泉から出るまでお留守番と宴会準備。
宴会場で準備していると女性の湯上がり集団が。

(うっー艶っぽい・・・)

前夜、1週間分処理し忘れたチンコがやばいっす。
浴衣じゃなくて感謝。

で、夕方から宴会開始。
オイラは結局、温泉に行けず・・・。
下っ端なオイラは酒を飲まされ・・・ビールじゃ酔いませんが、面倒くさいので酔ったふり。

宴会終了で皆さんは二次会です。
オイラは宴会費の精算。
あれ?お姉さまがまだいる。
聞いてみると、飲み過ぎてプチダウン。
ざまあみろ、日頃の恨みだ。
20時、お姉さま、まだウツラウツラ。
同部屋のお姉さまたちに連絡しました。

オイラ「お部屋行かれます?」

姉「だめ・・・」

お姉さま、立てません。
二次会には行かずに寝ちゃうんだそうです。
すでに着替え終えて二次会へGOしてた同部屋のお姉さまたちが回収してくれました。
でも、オイラは置いてけぼり。
しょうがないので、温泉に入って寝ることに・・・グスン。

大浴場へ行くのに階段を上っていると、途中の階に『家族風呂』の看板が。
興味を持って見てみると、『空いてます』の札。
突入です。
ワーイ、初めての家族風呂!
そんでもって露天風呂を独占!
夜景が綺麗!
しかし、脱衣場に籠がない。
仕方がないので湯船のそばで脱衣。
ああ、いい湯だ。
オイラ、酔ってないと思ってましたが酔ってました。
不覚にも湯船の縁に手をかけてご就寝。

「きゃっ!」という声で起きました。

おぉ、タオルで胸を隠した女さんが凍り付いてます。
胸にタオル、でも草むらは丸見えです!

「ゴルァ!なにしてんのアンタ?」

聞き覚えのある声・・・。
顔をよく見ると・・・げっ、お姉さま!

姉「なんなのアンタは?」

(ヤバイっす)

オイラ「寝てました・・・」

お姉さまは開き直り、タオルで胸を隠したまま湯船に近づいてきます。

姉「私が見つけてなかったら死んじゃうところじゃん」

オイラのチンコは不覚にも変身中。
するとお姉さま、大胆にも湯船に入って、オイラの背後から脇の下に手を入れて引っ張り出そうとします。
でも、持ち上がりません。
お姉さまがさらに力を入れます。
オイラの背中で胸が潰れてます。
チンコは完全に変身してしまいました。

オイラ「すんません、大丈夫です。もう起きました!」

そう言ってザバッと立ち上がりました。
するとお姉さまの手がチンコに触れて、弾みで湯船に尻餅。
助けようと振り向くと、チンコがお姉さまの顔の前に。

姉「なーに大きくしてんの~?」

オイラは赤面です。
お姉さま、じっとチンコを見て・・・。

姉「若いとすごいねぇ・・・反ってるよぉ」

ゲラゲラ笑ってます。
そしてそのまま立ち上がり、脱衣場の方へ行ってしまいました。

(もうダメだ。明日から社内の笑い者決定だ・・・)

真剣に転職も考えました。
そこにお姉さまが戻ってきました。
そして一言。

姉「絶対に内緒だよ」

そう言うと、巻いてたタオルをとって湯船にIN。

姉「もししゃべったら会社にいられなくなるからね」

オイラ「・・・」

お姉さまが近づいてきて、唇を奪われました。

(おぉ!)

ぶっちゃけ、女体に触れるのは半年ぶりです。
猛虎復活です。
そしてお姉さまはメス虎に変身。
舌を吸われました。

お姉さまのスペック。
156センチ、82(Bカップ)・60・88。

家族風呂でお姉さまにご奉仕しました。
おっぱいを揉みました。
超柔らかい!
乳首は・・・陥没してました。
引っ張り出して、ちゅうちゅう吸いました。
お姉さま、漏れる声を手で抑えてます。
湯船の縁に手をついてもらって、お尻を持ち上げて後ろからお姉さまのお股を舌でご奉仕です。

姉「はぅはぅっ・・・」

もう膝がガクブルしてます。
完全に“もう入れて”状態です。
と思ったら、お姉さまはくるっと向き直し、オイラのチンコをオーマイガッ!
充血していたオイラのチンコ、お姉さまのお口の中で1分ともたずに果てました。

姉「後ろ向いて向こうの縁に手をついて」

命令され、日頃の条件反射で、オイラはバック状態です。
玉を揉まれて、菊穴を舌で責められて、手でチンコをニギニギされて・・・。
お姉さま、上手すぎー!

今度はオイラの番です。
お姉さまを湯船の縁に座らせて股を開いてもらって、潤ってるマンコに注入!
丸見えの結合部をガン見のお姉さま。
ちゃぷちゃぷとお湯が揺れます。
ヌチャヌチャ、すごい音です。
床にオイラが寝て、今度は騎乗位に。
お姉さま、すごいグラウンドです。
そして声も出すぎ。
慌ててタオルを渡すと、お姉さまは口に咥えてグラインド。

オイラ「もう無理です。もちません!」

姉「いいよ、中でいいよぉ~!」

お言葉に甘えて、そのまま中で大噴火させてもらいました。

脱衣所で浴衣に着替える2人。

姉「内緒ってわかってるよね?」

オイラ「お姉さまが淫乱だってことですか?」

しばかれましたwww

お姉さまには、その後も公私にわたり色々と教えてもらいました。
会社で残業にかこつけてセックスしたこともあります。
半年ほどで、遠距離中の彼氏が転勤から戻ってきてオイラとのお遊びも終わり、寿退社されました。

以上です。

タイトルとURLをコピーしました