抜群に相性のいいセフレ・前編

この体験談は約 7 分で読めます。

俺とショウコが付き合っていたのは3ヶ月ほどだ。
付き合う少し前から肉体関係があった。
付き合ってみたが、性格の相性はいいとは言えず3ヶ月で別れたが、セックスの相性は抜群に良かったんだよな。
だから別れた後も体の関係は続いた。
まあ、もともとセックスフレンドだったのが、付き合ってみてやっぱりダメで、またセックスフレンドに戻ったって感じかな。

肉体関係を持ち始めたのが、俺が24歳でショウコが22歳の時で、関係がなくなったのが30歳くらいだったと思うから6年も続いたわけで、我ながら長い間続いたなと思う(笑)
なんというか、お互いツボみたいなのが一緒なんだよな。
ショウコと付き合う前も別れた後も色々な女性と付き合ったが、ショウコほどピッタリな女はいなかった。
それはショウコも同じだったらしい。
いつかそんな話をした。
だから別の女性とセックスをしてても、ある程度期間が空くと、なんだかショウコとのセックスを思い出してムラムラくるって感じになっていた。
だから、別れてからしばらくして、どちらからともなく求め合った。

今考えると、ショウコも俺もお互いを性欲処理用にしていたのだと思う。
俺の方はショウコと別れた後、何人かの女性と付き合ったが、ショウコの方は付き合う男性やセックスフレンドはいないようで、俺も特に干渉しなかったしショウコも干渉してくることはなかった。

やがて、それまで電車で15分くらの所に住んでいたのだがショウコは遠くへ引っ越した。
電車を乗り継いで1時間以上かかる地域だ。
そのため会う機会は月に一度くらいになった。
けれどもやはり、ある一定期間がくると俺はムラムラしてきてショウコに連絡した。
その頃はショウコも溜まっているのか、仕事や友人との約束がなければ逢瀬を繰り返した。
俺はショウコとセックスするために電車を乗り継ぎ1時間以上かけてショウコの所へ行った。

そんなある時、一緒に食事をしていると、「彼氏ができた」と言ってきた。
だから俺との関係を終わらせる、と。
俺は何も言わずに受け入れた。
が、その夜、最後のセックスをした。

それから2~3ヶ月は会わなかったのかな?
が、ある時、なんの用事だったかは忘れたが、会うことになった。
食事をしながら付き合っている彼氏の話など聞いていた。
遠距離で、しかもあまり相性も良くないらしい。
聞けば、親友の紹介でなんとなく付き合ったようだ。

その夜、久しぶりにホテルへ泊まった。
ショウコはかなり戸惑っていた。
俺が求めても結局拒否された。
でも、フェラで抜いてくれた。

それからまた1ヶ月くらい経った頃かな?
俺は友人と遊んで、ショウコのマンションの近くで解散した。
ダメ元でショウコに連絡すると意外にもOKで、ショウコは出てきた。
近くの居酒屋で一杯やり、暗黙の了解でショウコのマンションへ行った。
シャワーを浴び、布団に入った。
しばらくするとショウコもシャワーを浴びて同じ布団に横になる。
俺はもうムラムラときていたが、何食わぬ顔で仰向けになって本を読んでいた。
ショウコは俺の横でうつ伏せで、これまた本を読んでいた。

しばらくして俺が本を読みながら、「明日は△△(場所は忘れた)へ行ってくるよ」と言うと、ショウコは「うん。行っておいで」と言ってキスをしてきた。

チュッ!

俺のチンポはヒクヒクと反応した。
しかし、あえて本を読み続けていると、もう一度チュッ!
俺は仰向けで本を読みながら、今度はからかうように舌を出してみた。
ショウコは今度は俺の舌を吸い始めた。
俺は本を読むのをやめてショウコを引き寄せた。
ショウコは俺の上に乗り、激しく俺を求めるように舌を入れ、俺の口の中でいやらしく暴れ回った。
俺もそれに応えるようにショウコの舌を吸い、舌を絡めた。

クチュ・・・クチュ・・・チュパ・・・。

「んふ・・・んふ・・・」

ショウコは感じた声を出しながらさらに舌を入れ続ける。
俺も唾をショウコに飲ませる。
かなり長い間、お互いの舌を貪り続け、一旦ショウコが口を離す。
一筋の涎がお互いの口の間に糸を引く。
それを見て、またショウコが俺の口を吸い、舌を入れてくる。
俺のチンポは剛直全開でショウコのパンティの上からオマンコをツンツンと突く。
ショウコは身をよじらせて逃げる。
俺も追いかけない。
お互いお楽しみは後と理解している。

激しくお互いの舌と唇を貪りながら、俺はショウコの乳を揉む。
あまり大きくはない、Bカップだ。
Tシャツの上から撫でるように触る。
ブラは着けていない。
乳全体を両手で優しく撫でて揉む。
時にギュッと揉むと、「はう・・・んふ」と感じた声を出す。

長い長いキスを一旦終えると、俺はショウコを上にしたまま彼女のTシャツを脱がせる。
すると彼女の方から俺の口元に乳を持ってくる。
ショウコの乳輪は色素がとても薄い。
白い肌に薄っすら、本当に薄っすらそれとわかる部分があるだけだ。
乳首も小さく、いかにも感度がよさそうという感じ。

ショウコは乳首を俺の口元に当てようとする。
が、すぐには吸ってやらない。
わざと口元をずらす。
すると彼女はそちらに乳首を持っていく。
また逃げる。
それを繰り返すと・・・。

「アン・・・もう・・・」

「ん?どした?」

「いやん・・・ねえ・・・」

「何?」

「いじわるう・・・吸って・・・」

俺は今度は鼻先で乳首をくすぐりながら・・・。

「吸って欲しいの?」

「もう・・・早く・・・」

ようやく俺は彼女の乳首を口に含む。
全体を吸うように含む。
舌で円を描きながら乳輪を舐める。

「はあ・・・あああ・・・あ・・・」

十分焦らすと舌先を尖らせて小さな乳首をピッと弾く。

「あ!」

ショウコが反応する。
続いて柔らかい舌で丁寧に優しくゆっくりと乳首を転がす。
チロチロと速くしたり、ゆっくりしたり・・・。
舌は柔らかくしたまま可愛がる。
小さな乳首は精一杯自己主張をするように勃っている。
俺はショウコを仰向けに寝かせた。
ショウコが言う。

「電気消して・・・」

電気を消すと今度は反対側の乳を攻める。
乳房全体を舐め回し、乳輪まで来ては焦らす。
反対の乳房は優しく揉み続ける。
やがて頃合いを見計らい俺の舌が乳首に到達する。

「はううう・・・」

同じように優しく、くすぐるようにチロチロ舐め続ける。
時折甘噛みする。
反対の乳首は指で優しく摘んでやる。

「はっ・・・はっ・・・」

ショウコの反応を見つつ、少し強く噛む。

「あうっ・・・あっあっあ!」

「ん?痛いか?」

「ううん」

「じゃ、どうした?」

「気持ちいい・・・気持ちいい」

乳を存分に丹念に攻めると俺は言った。

「じゃあショウコ、一番すけべえな格好して」

「ええ・・・」

「ショウコの一番好きな格好だよ」

「もぉ・・・恥ずかしい・・・」

「イヤならやめるか?」

「いやん・・・」

ショウコは俺の前に四つん這いになって、その大きなケツを差し出した。
ショウコはお尻がとても感じやすく、ケツフェチの俺にはとても好都合だった。
彼女のケツは桃尻ではなかった。
どちらかというと洋梨型に分類されると思う。
それでもワンワンスタイルにさせれば、その大きさといい、腰のくびれといい、俺を発情させるのには十分すぎるほどだ。

ショウコはTバックを穿いていた。
普段はあまり穿かないのだが俺とのセックスの前にはよく穿いていた。
初めは俺が穿かせたのがはじまりだが、後には彼女の方から穿いていることも多くなった。
俺を喜ばせるというよりはお互いがさらに盛り上がるように、という感じだ。

俺はショウコのケツに顔を近づけた。
なんとも言えない、いやらしい匂いがする。
すでにオマンコは大洪水で、窓の外のから入ってくる薄明かりでも光っているのが見えるくらいだ。
俺はショウコのすけべえな匂いを堪能しながら、その大きなケツを撫でる。
くすぐるようにケツ全体を撫で回す。
そして舐める。
ケツの肉の部分をベロベロと舐め回す。
しゃぶりつく。
そしてTバックの大事な部分を隠している布を横にずらす。
アナルが見える。
ショウコはアナルがかなり敏感だ。
ショウコとアナルセックスは結局最後までしなかったが、彼女は学生時代、当時付き合っていた年上のオッサンにアナル処女まで捧げたそうだ。
ただそのオッサンは下手だったのか、ショウコは切れ痔になったと笑い話で聞いたことがあった。
事実、彼女のアナルは前側、つまりオマンコ側に亀裂のようなスジが盛り上がっていた。
しかし、これがまたいやらしくそそる。
ショウコはアナルの色素も薄く、亀裂以外はキレイなアナルだった。

俺はケツの肉の部分をいっぱい舐めて、いよいよアナルへ舌を進めた。
例の亀裂の部分をチロッと舐め上げると、「ひっ!」と声をあげた。
俺はアナルを柔らかい舌でペロペロ舐め回し、吸い付き、舌先を尖らせてアナルに入れたりした。
彼女のケツは俺の唾液でヌラヌラとすごくいやらしく光っていた。

大きなケツを十分堪能した俺はTバックを脱がせる。
オマンコはもうトロトロで物欲しそうにパックリと開いていた。
ケツからオマンコまですべてがヌラヌラと妖しい輝きを放っていた。
俺はオマンコに舌を這わせた。
周りから徐々に徐々に指で小さなクリトリスを転がす。

「ぁぁぁあっ・・・」

ショウコは小さく喘いだ。
彼女はクリはあまり感じない。
いや、感じるのは間違いないが、比較的プチアクメとでもいうか、取り乱すほどになったことはない。
俺はオマンコからアナル、アナルからオマンコと舐めまくりながらショウコの横に移動し、四つん這いのケツの上から覗く感じでオマンコに吸い付くと、ピンポイントでクリトリスを転がした。
舌先を尖らせてピロピロピロピロと高速で舐めたり、舌全体で押し付けるようにしたが、「あうぅあうぅぅぅ・・・あ!あ!」とか押し殺したような声でショウコは喘ぐだけだった。

俺は再び四つん這いになったショウコの後ろに回り、今度はオマンコに指を入れることにした。
でも、すぐには入れない。

「ショウコ、オマンコに指入れるよ」

「はうぅんん、入れてぇ」

「いくよぉ・・・」

オマンコの入り口あたりまで中指を入れると、そこで止める。
まだ第一関節も入っていない。
ショウコのオマンコはとても締まりがいい。
入り口がキュッと締まる。
そこで止めるのだ。

「やっぱりや~めた」

俺は意地悪を言う。

「はううん・・・いやいや」

「ん?入れて欲しいの?」

「入れて!入れて!」

それでも入れない。
やはり入り口あたりで止める。
そして、その辺りで指をぐるぐる回転させる。
いかにも入れるかのように突っ込むが、直前で指の力を抜くと関節が曲がって入らない。

「ああ!ああ!もう・・・もうぅ・・・」

ショウコはもう焦れまくっている。
シーツを掴んでしわくちゃだ。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました