中1の甥っ子の太いペニスでイカされました

この体験談は約 3 分で読めます。

長兄の子供、甥にイカされました。
まるで女の子みたいな可愛い顔をした13歳。
まだ中1のくせにペニスは太くて硬く、私は何回もイカされてしまいました。

甥っ子の学校帰りの途中に私の家があります。
うちは夫と娘(10歳)の3人暮らし。
娘と甥っ子は仲が良くて、いつも一緒に学校から帰ってきて、そのまま遊んでいます。
でも、その遊びがすごいエッチだったんです。
いつから始まったのかは知りません。

その日、部屋で遊んでいるはずの2人にケーキを出してあげようと部屋に行ったら、2人とも裸で、娘のお尻を掴んで甥っ子がお尻を動かしていました。
娘も喘ぎ声をあげてました。
娘の小さな割れ目が押し開かれて、甥っ子のペニスが出入りしてました。

(嘘でしょ・・・。止めなきゃ)

でも、声が出なくて・・・。
部屋の前で立ちすくんでいる私に気付いた甥っ子が私の方を見ました。
やめるのかと思ったら、まるで私に見せつけるかのように動きを激しくするんです。
しばらくして、絶叫しながらイッた娘の体の中に、何度も腰を押し付けるようにして射精したみたいでした。

ぐったりとベッドの上に倒れ込んだ娘のあそこから甥っ子がペニスを抜き出しました。
まだ毛も生えてない娘のピンク色のあそこがぽっかり口を開いたまま、甥っ子の精液がこぼれ出てきました。
射精したはずなのに、甥っ子のペニスはそそり立ったままでした。
155センチの私より少し小さな甥っ子ですが、びっくりするほど太いペニスでした。

「叔母さんもさせてよ」

初めは何を言っているのかわかりませんでした。
裸のまま近寄ってきた甥っ子がもう一度言いました。

「ゆかちゃんみたいに、叔母さんもさせてよ」

そう言いながら私に抱きついてきました。
スカートの中に手を入れてきて、ショーツの上からあそこに触られました。

「濡れてるし」

そう言われて初めて、私は自分のあそこが濡れているのに気がつきました。

「やめなさい、こんなこと」

言葉を無視されてショーツをずらされ、甥っ子の指があそこに入ってきました。
大声で叱り、突き放そうとしました。
しかし甥っ子の指が私の中で動いて、思わず感じてしゃがみ込みそうになった時、私は押し倒されて娘がいるベッドに倒れ込んでしまいました。

ぐちゃぐちゃになりました。
あそこの中で動き続ける指に感じながらも抵抗しましたが、だんだん力が入らなくなって・・・。
結局、下半身裸にされてしまいました。
胸を誰かの手が掴んだと思ったら、娘でした。

「やめさせて、ゆか。けんちゃんを止めて」

そう言っても娘は聞かず、私は娘にブラウスもブラも脱がされて、とうとう全裸にされてしまいました。

31歳の大人の私が13歳の子供にクンニされてしまいました。
なんとか抵抗しようとした私に娘が言いました。

「だいじょうぶだよ、ママ。けんちゃんはパパと違って優しくしてくれるから。パパよりおちんちんも硬くて、すぐに気持ちよくなるからね」

もう何も考えられなくなって、私は甥っ子のクンニに身を任せて、そのままペニスを受け入れてしまいました。

本当に太かったです。
そして硬かったです。
痛みは最初の一瞬だけで、その後は甥っ子のペニスの動きに合わせて快感を貪ってしまいました。

聞けば、娘の処女は夫が奪ったみたいです。
今でも一緒にお風呂に入っていますが、お風呂の中でもされるし、私がパートで遅くなると娘の部屋でもされるそうです。

「でも。私はけんちゃんとするのが一番好き」

初潮もまだの娘がエッチな微笑を浮かべて言いました。

娘の部屋で、娘にオッパイを吸われながら甥っ子にセックスされる・・・。
今ではそんな毎日になってしまいました。

タイトルとURLをコピーしました