締り具合がすごすぎて精子を全部搾り取られた

この体験談は約 4 分で読めます。

彼女との出会いはツーショットだった。
声を聞いた印象は、可もなく不可もなく。
数十分ほど話して、とりあえずエッチは置いておいて食事だけでもということで、会う約束をして電話を切った。

約束の日、教えてあった俺の携帯に電話があり、「待ち合わせ場所に着いた」とのこと。
急いで会社を出て、待ち合わせ場所に向かう。
紺色のボーダーラインのTシャツにジーパンの彼女が公衆電話の横に立っていた。
他愛のない挨拶をして食事へ。
よくよく話を聞くと俺と同じ歳でバツイチらしい。

ビールを飲みながら食事をし、彼女の話を聞きながら時間が過ぎた。
ふと時計を見ると、かなり時間が経っており、彼女の帰りのバスがなくなってしまった。

「どうする?もし嫌じゃなかったら泊まっていく?もう少し君が知りたいし」

歯の浮くようなセリフに、彼女は戸惑いを見せながらも小さく頷いた。
タクシーでホテルに向かい、そのまま部屋へ。
アルコールのせいもあり、部屋に入るや彼女をベッドに押し倒す。
少し抵抗する彼女。

「出会いは変だけど、これから付き合って行こう」

その言葉に彼女は抵抗をやめた。
久しぶりに男に触れられたのだろう。
どこを触ってもビク!っと反応する。
部屋の明かりを落とし、彼女の衣服を1枚ずつ脱がしていく。

「ね、シャワー浴びたい」

彼女の言葉をキスで遮り、そのまま彼女を責めて責めて責めまくる。
上下お揃いの下着を見た瞬間、(なんだ、やる気満々じゃん)と思った。
ブラをしたままでも硬く尖った乳首がすぐに見つかるほど。

「一緒にいっぱい気持ち良くなって嫌なこととか忘れようね」

耳元で囁きながらブラを外す。
意外と大きく張りのある乳房がこぼれる。
乳首がこれ以上大きくならないほど勃起し、充血している。
ぱくっと口に頬張り、舌で転がすと、ビクビクと体を痙攣させて反応する。
目をぎゅっと閉じ、両手でシーツを掴んで、声を押し殺している。

「いいんだよ。いっぱい声出しても。聞きたいな~、感じてる声」
「すごく感度いいんだね?乳首ピンピンだよ。下はどうかな?」

などと言いながらパンティの上から割れ目をそ~っとなぞってみる。
明らかに愛液が染み出した感触。
それも半端な量じゃない。

「どうしたの?すごい濡れてるよ。いつもこうなの?」

聞くと、恥ずかしそうに首を横に振り、「こんなの初めて。恥ずかしい」と彼女。

「こんなに感じてくれてるんだ。嬉しいな~。もっと気持ちよくなってね」

そう言い、彼女のパンティを脱がす。
すごく薄い陰毛がまばらに茂っていた。

「少ないから恥ずかしい」と言いながら、身をよじって隠そうとする彼女。

「可愛いよ。よく見せて」

隠している両手を払いのける。
充血して赤みがかったビラビラは完全に開き、ピンクの奥がヒクヒクと脈打つ。
毛が薄いため、勃起した大きめのクリが包皮から顔を出しているのまで見える。
両手で大きく開いて奥の奥まで覗いてやる。

「ダメ。恥ずかしいよ」

「全部見たいんだ。ダメ?」

彼女が嫌がるのを制し、じっくりと奥まで観察して羞恥心を煽り、彼女の理性を奪っていく。
目いっぱい開いたまま、クリを包皮から完全に露出させる。
その瞬間にパクッと吸い付き、自慢の高速スクリュークンニ。
1分も経たずに彼女は全身を痙攣させながら絶叫とともに絶頂を迎えた。
何度も何度も体を痙攣させて快楽を貪る彼女に、さらに刺激を加え続ける。
2度3度と連続して絶頂を味わった彼女が息を切らして言う。

「ね、もう許して。お願い。痺れて・・・あっ!ダメ」

俺の刺激を止めようと身をよじる。
だが、ここで許してしまっては面白くない。
腰をがっちりと抱え込み、さらにクンニを続ける。
勃起したクリはさらに大きさを増していた。
腰をよじったり、俺の頭を払い除けようとするたび、強い刺激を加え彼女を快楽に追い込む。
何度、全身を痙攣させただろうか、彼女の全身からすっと力が抜けた。
息は途切れ途切れとなり、全身から薄っすらと汗を滲ませている。
こうなってしまえば、もう抵抗することもなかなかできない。

愛液でベタベタになった股間からゆっくりと離れ、大きく天を向いた息子を押し付ける。
ゴムをしているかいないかを点検することもできず、また違った快感が彼女を襲う。
ヌルヌルに濡れている秘所は、すんなりと俺を迎え入れる。
一気に奥まで押し入り、ゆっくりと出し入れを繰り返すと、彼女がピクピクと締め付けてくる。
動きを速めると、その締め付けはさらにきつくなってきた。
その締め付けの強さにびっくりした。
手でぎゅっと握ったような締め付けなのだ。

(すげえ。いい女を見つけた!俺の色に染めてやる)

心にそう誓い、奥の奥にありったけの精をぶちまけてやった。
ビクビクと痙攣を繰り返し、精子を搾り出す。
その動きに合わせるように彼女の膣が痙攣を繰り返し、俺の精を吸い上げる。
まるで全ての精を吸い取られるような感じ。
これほどの快感は初めてだった。
俺が彼女を染めるより、俺が彼女に惚れ込みそうだ。
当分は彼女と離れられそうにない。

タイトルとURLをコピーしました