色っぽい兄嫁を悪友2人に襲わせた

この体験談は約 8 分で読めます。

兄の嫁さんの麻美さんは、もの凄く色っぽい。
色っぽいと言っても、杉本彩のように自らフェロモンを醸し出すタイプではなく、自然と感じる色っぽさ。
本人はどれだけ自分がフェロモンを発しているか全く分かっておらず、系統でいうと、安めぐみのような感じの癒し系だが、細身なくせに肉質的と感じさせる胸と腰、喘ぐ顔を見てみたくなる柔らかい表情、やさしい声、その全てに、色香を感じてしまう僕がいた。

(いつか義姉をなんとかしたい!)

僕は心の中でそんな事を思っていた。
チャンスはいくらでもあった。
兄夫婦の行動は手に取るように分かったし、実家で麻美さんと2人きりになることもしばしばあった。
あとは勇気ときっかけ。

兄夫婦が結婚してから1年が経とうとしていた時期に、高給所得者の兄が実家の近くに家を新築することになった。
それまで新婚ということもあったので、実家の近くの賃貸マンションに住んでいたのだが、家を新築するに当たり、賃貸マンションを引き払って、家が建つまで実家に同居をすることになった。
それは、ごく自然なことだったのかもしれないが、僕は(チャンスが来た!)と思ってしまった。

しかし、いざ同居をはじめると、そう簡単にはいかない。
できることといえば、兄夫婦が間借りした部屋に忍び込み、麻美さんの下着を拝借してオナニーするくらいしかできずにいた。
逆にその状況は蛇の生殺し状態で、僕にとって欲求の溜まる不健全な環境だった。

兄夫婦の家が順調に建つのに焦りつつ、僕が何もできないでいたある日、その事件は起きた。
父と母が遠い親戚の法事をかねて旅行に行った時のこと。
僕は居酒屋で友人の哲夫と正雄と飲んでいた。
2人は高校の時からのツレで、親友とも呼べる間柄。
友人2人と深夜の1時頃まで酒を酌み交わし、終電もなくなってしまったため、2人が「泊めてくれ!」と、実家に歩いて帰れる僕に頼んできた。
僕は「いいよ、泊まっていけよ!」と、酒が入っていたせいでノリ良く了承した。
携帯電話でそのことを伝えようと実家に電話すると、麻美さんが電話に出た。

「兄貴は?」と言うと麻美さんは、「急な出張で、帰ってきてからすぐ出て行っちゃいました」と答えた。

兄の急な出張で麻美さんしか家にいないという状況に、僕の欲望はボッと炎を上げた。

(麻美さん1人に僕と哲夫と正雄の3人、何かが起こる!)

そんな漠然とした期待を持って、僕は麻美さんに友人を連れて帰るということを伝えずに、「先に寝ていていいよ」と言って電話を切った。

僕は哲夫と正雄を連れて家に帰った。
家は電気が消えていて、麻美さんが寝ているのが分かった。
僕は哲夫と正雄に、「静かにしろよ、義姉さんが寝てるから」と注意して、麻美さんを起こさないように自分の部屋へ戻った。

「義姉さんって、どんな人?美人?」

定番なことを正雄が聞いてきた。
僕は2人に興味を持たせるように、「美人だよ」と言って、兄夫婦の写真を2人に見せた。

「へぇ!マジで美人じゃん!」

哲夫は驚いたように言い、麻美さんのことを色々と聞いてきた。
僕は麻美さんの色香やフェロモンのことからボディラインのことなど、悩ましげに2人に伝えた。
2人が麻美さんに対して強い興味と興奮をしてきているのを感じつつ、「今、この家には俺たちと麻美さんしかいない、その麻美さんは下で熟睡してるよ」と、2人をその気にさせるような言い回しで今の状況を伝えた。

「ちょっと見に行ってみない?」

興奮気味に哲夫が言った。

「起きたらヤバいって!」

正雄が制止した。

「別に寝姿を見るくらいじゃ起きないだろ」

僕が2人を焚きつけた。
僕たち3人は、暗い家の中を忍び足で歩き、麻美さんが寝る部屋の襖を少し開けた。
和風の部屋の中央に布団を敷いて寝る麻美さんの姿を確認する。
静かな室内からは麻美さんの寝息が微かに聞こえてきた。

「顔が見えないな」

哲夫が小声で耳打ちをしてきた。

「中に入ってみるか?」

小声でそう言い返し、僕は襖を静かに人が十分に通れるくらいまで開いた。
僕たちは静かに足音を忍ばせながら麻美さんに近寄り、寝顔を確認した。
哲夫と正雄は興奮を堪え切れないように、ククククッと笑い声を溢しながら、「よく寝てる」と呟いた。
その時は何もせずに一旦僕の部屋に帰り、怪しげな雰囲気に興奮して、口々に猥談を話し合った。
その内、会話はどんどん犯罪的なものになっていった。

「若くて美人の人妻が男の前であんな無防備な姿晒したら、そりゃやられるだろっ!」

「あー、めちゃオッパイ揉みてぇーっ!」

哲夫と正雄が犯罪者に変わっていくのを見ながら、「麻美さんの性格的に、たぶん泣き寝入りすると思う」と、僕は2人を煽るように言った。
そして、「それでも警察に訴えられる可能性も少しある。それでもいいって言うのならやれよ!」と2人に言うと、酒に酔って冷静さをなくしていたのかも知れないが、2人は覚悟を決めたように、「犯す!」と即答した。
僕は仕方ないという感じを装いながら、口止め用にデジカメをポケットに入れ、激しく抵抗された時のために、「実際には絶対に使うなよ!」と言い聞かせ、大きめのカッターナイフを哲夫に渡し、麻美さんの眠る部屋へ向かう2人の後に続いた。

(麻美さんが犯される!やった!麻美さんにエロいことができる!)

僕は興奮しきっていた。
吹っ切れた哲夫と正雄は堂々と襖を開け、「おうおう!気持ち良さそうな女発見!!」と言いながら麻美さんの掛け布団を一気に捲り、横向きで寝る麻美さんの体にのしかかっていった。

「えっ!何っ!」

すぐに麻美さんは目を覚まし、訳の分からない状況を必死に理解しようとしていた。

「おいっ、哲!両手押さえとけ!」

正雄が叫ぶように言い、麻美さんは仰向けで哲夫に両手を押さえつけられ、抵抗できないまま、正雄に両胸をパジャマの上から荒々しく揉まれた。

「ちょ、ちょっと!何?!誰?!嫌っ!!!」

叫ぶ麻美さん。

「うるせっ!大人しくしてろっ!」

怒鳴り返しながら正雄は麻美さんの胸をムギュウッと揉み、パジャマのボタンを引き千切るように脱がしていった。
ボタンが弾け、肌が少し露出した瞬間、「キャーーッ!!!」と、麻美さんは本気の叫び声を上げた。
正雄は焦ったように「うるせーーッ!!静かにしろっ!!」と、麻美さんの口を塞ぎながらパジャマを脱がしていった。
パジャマのボタンが全て取れていない状態で正雄はブラジャーに手をかけ、一気に捲り上げた。
脱がし始めてほんの数秒で麻美さんの乳房が露出し、僕たちの目に晒された。

「おうおうおう!!たまんねぇっ!!!」

正雄は薄ら笑いを浮かべながら麻美さんの乳房をムギュウッと掴み、痛々しいくらい激しく乳房を揉んだ。
口を手で塞がれながらも、「ウウウウッッウウーーッ!!」と叫び続ける麻美さん。
必死に体を捩りながら哲夫と正雄から逃れようと抵抗をしていたが、非力な力では悲しいくらいどうすることもできなかった。

正雄は乳房の柔らかさを楽しんだ後、乳首に吸い付き胸を舐め始めた。
麻美さんは、「ウーーーッッ!!」と頭を仰け反らせ、正雄の愛撫に抵抗した。
そんな麻美さんに哲夫が、「はははっ!諦めろっ、お前は犯されるんだよっ!」と大笑いしながら絶望的な言葉を投げつけていた。
正雄は乳房を舐め回しながら、片方の手でパジャマの下を脱がしにかかった。

「ウウッ!ウッウーッ!」

言葉にならない叫び声を上げながら、足をバタつかせて必死に抵抗する麻美さん。
しかし正雄の手はパジャマと下着を同時に脱がし、白いお尻がペロンと剥き出しになった。

「いいねぇっ!!俺が口を塞いでおく!」

哲夫が器用に麻美さんの両腕を拘束しながら、正雄の手の代わりに口を塞ぐ。
両腕が自由になった正雄は、暴れる麻美さんの両足を押さえつけながら下半身を裸にしていった。
気が狂いそうなほど見たくて見たくて仕方のなかった麻美さんの裸身が僕の前に晒された。
僕は興奮に我を忘れ、無理やり脱がされ裸を晒す麻美さんをデジカメで撮影していた。

「おおっ!濡れてるんじゃねぇの?お前!!」

正雄が麻美さんの割れ目を弄りながらいやらしく言った。
麻美さんは自分の性器に侵入してきた指に反応して体中を仰け反らせながら、「ウーーーッッ!!!」と激しく唸った。
麻美さんの抵抗は弱まらず、何としても2人から逃げなくては、という使命めいたものを感じさせた。
その時、哲夫がタイミング良くポケットからカッターナイフを取り出し、カチカチと刃を出す不気味な音を麻美さんに聞かせた。

「大人しくしないと、顔中を切り刻んで人前に出られないようにするぞ」

静かにドスを聞かせて麻美さんを脅した。
哲夫の脅しは効果的だった。
激しい抵抗を続けていた麻美さんはカッターナイフの刃の恐怖に動きをピタッとやめて、口を塞がれながらフーフーと大きく息をして呼吸を整えるように抵抗をやめた。
大人しくなった麻美さんの体を思い通りに凌辱する正雄。
麻美さんは顔を背けて、震えながらもじっと我慢して凌辱に耐えていた。

「この乳、うめぇーっ!」

自由自在に乳房を揉み、乳首をむしゃぶる正雄。

「いいから早くやれよっ!!」

哲夫が我慢しきれずに正雄を急かした。

「へへへ!」

笑いながら正雄はパンツを脱ぎ、勃起したチンポを麻美さんに見せつけて、「じゃあ、いただきまーす!!」と言って麻美さんの両足を強引に開き、腰を据えていった。
麻美さんは諦めたようにギュッと目を閉じ、犯される瞬間に備えた。

「早くしろ!」と哲夫に再度急かされ、正雄は「慌てるなよ!」と反論しつつ、麻美さんのマンコに挿入していった。

「グゥゥッ・・・」

苦しそうな麻美さんの呻き声が犯された瞬間を物語っていた。

「はあ、はあ、おおーっ!」

正雄が腰を動かし、麻美さんのマンコを味わっていくのを羨望の眼差しで見る僕と哲夫。
正雄は麻美さんの体に覆いかぶさったり、背筋を伸ばしたりして体位を変えつつ、「はあ、はあ、あー気持ちいいー・・・」と呟いた。
目を閉じて体を硬直させて凌辱に耐える麻美さんを哲夫が麻美さんの両腕を押さえ、口を塞ぎながら卑猥な言葉を吐いた。

「へへへ、旦那以外のチンポがズッポリ入ってるぜ!」と・・・。

正雄が麻美さんの腹の上に射精すると、哲夫が待ってましたとばかりに立ち上がり、パンツを脱ぎ始めた。
麻美さんは哲夫の拘束を解かれているのに逃げようとも声を上げようともせず、布団の上で泣き崩れていた。
そんな麻美さんに同情をかけることなく哲夫が麻美さんの体を弄りはじめ、乳房を揉み、乳首を舐めていった。
哲夫に嬲られる間、布団のシーツを鷲掴みにして耐える麻美さんに興奮する僕。

そんな麻美さんをデジカメに撮ろうと近づいた時、麻美さんは初めて僕の存在に気がついたようだった。
僕を見て「何でっ!!」と叫び、「どういうことなのっ!!」と泣きながら叫んだ。
哲夫に覆い被されて乳房を揉みしだかれていた麻美さんは僕に詰め寄ることもできず、ただ「お願い!やめさせて!」と、僕に哀願してきた。

「止めたんだけどね・・・こいつらが我慢できないって言うから」

薄ら笑いを浮かべて答える僕に、「そんな・・・」と麻美さん言葉を失い、哲夫に無理やりキスされてしまった。

「いいじゃん!黙ってりゃ旦那にばれることないって!」

正雄が陽気に麻美さんに言った。

哲夫が、「そうそう、黙ってれば幸せな結婚生活が送れるんだから!」と肩で息をしながら言い、麻美さんに挿入していった。
麻美さんが哲夫に犯されながら、「ひどい・・・」と小さく呟くのを聞いた。
哲夫も時間をかけてたっぷりと麻美さんを犯し、腹の上に射精をして果てた。

僕がパンツを脱いで麻美さんを犯そうとすると、麻美さんは、「嫌ぁ!」と抵抗を始めた。
しかし哲夫と正雄が麻美さんを押さえつけてくれたので、僕は苦労することなく、長年の夢だった麻美さんと肉体関係を持った。
麻美さんの乳房は適度な大きさで、弾力があって柔らかい最高の揉み心地。
乳首も柔らかいくせにコリコリとしていて絶妙な感触をしていた。
僕は乳房を必死に揉み、乳首を舐めて積年の想いを果たしていった。

そして挿入。
濡れたマンコは熱く火照り、僕のチンポを柔らかく締め付け、膣の奥に当たるほどチンポ全体で堪能させてもらった。
快感に酔っていた僕の耳に、「バカァーーーッ!!」と言う麻美さんの声が聞こえたが、完全に無視して感触を楽しんだ。

僕ら3人は麻美さんを輪姦した後、麻美さんの恥ずかしいところをデジカメで撮影して、誰にも言わないと誓わせた。
そしてその証拠にと、正雄、哲夫、僕の順番でフェラチオをさせた。
無論、従順というわけではなかったが、諦めた麻美さんは素直にチンポをしゃぶってくれた。
正雄は口内射精、哲夫は麻美さんの顔面にぶっかけて麻美さんを屈辱し、僕は麻美さんの口の中に射精して飲み込ませた挙句、チンポを舐めて綺麗にさせた。

その頃にはもう夜が明けかけていたので、僕らは麻美さんに朝食を作らせて早い食事をし、食後には4人でお風呂に入った。
麻美さんは当然嫌がったが、無理やりお風呂に入れて体を洗ったり洗わせたりした。
そうして昼過ぎまで、麻美さんにエッチなことをしたりさせたりして遊び、その日は麻美さんを解放した。

その夜、兄が19時を過ぎても帰ってこないので携帯に電話すると、「今夜も帰れない」と兄から伝えられた。
僕は麻美さんと2人きりという環境にほくそ笑みながら、麻美さんにその夜は全裸で過ごすように命令した。
麻美さんは最初怒ったような顔をして拒否したが、「哲夫と正雄を今から呼んで、またみんなで犯そうか?」と脅すと、観念したように服を脱いで全裸になった。
全裸のまま夕食の用意をさせ、全裸のまま夕食をさせ、そして食後は僕の股ぐらに顔を埋めさせて、フェラチオを1時間近く強要した。
その夜は僕の部屋に麻美さんを連れ込み、激しく麻美さんの体を抱いた。

次の日、兄が帰宅し、両親も帰宅して普段と変わりない日常生活が戻ったが、僕はチャンスを見つけては麻美さんの体を求め続けた。

タイトルとURLをコピーしました