マッサージのふりをして母の大きな乳房を・・・。

この体験談は約 2 分で読めます。

僕は、今年大学を卒業する22歳です。
これまでに3人の彼女と付き合ってきましたが、今は彼女がいません。
それぞれの彼女とは体の関係もありましたが、何かもう一つ物足りなさを感じていました。

そんな僕が今、女として意識しているのが母です。
母は今、56歳です。
童顔のせいか若く見えます。
特別美人ではありませんが、体はボリュームがあり(デブではありません)、胸の開いた洋服の時は、その谷間の深さ、くびれた腰、スカートから伸びたスラリとした脚に、息子なのに勃起してしまう今日この頃です。

1ヶ月ほど前のことです。
夕食後、歯を磨こうとして脱衣場の扉を開けた途端、風呂上がりで全裸の母を見てしまいました。
年のせいか少し垂れた大きな乳房と茶色の大きな乳輪を見た瞬間、思わず射精しそうになるほどの衝撃を覚えました。

母「恥ずかしいから早く出てって」

僕「あっ、ごめん」

(お母さんと一発やりたい)

そう思い始めたのはそれからでした。
父は毎晩帰宅が遅く、母といる時間はそれなりにありましたが、いざ実行に移す勇気もなく・・・。

数日経ったある日。

「マサキ、肩揉んでくれない?」

僕は心の中で(チャンスだ!)と思いました。
初めはそれらしく肩を揉んでいましたが、やがて二の腕に移り、背中を揉むふりをして両脇をくすぐるように揉みました。

「やだっ!ちょっと~、もう何すんの~」

「いいじゃん!」

そのまま勢いで両手で乳房を揉みまくりました。

「くすぐったいじゃない!そんなとこ揉んでって頼んでないわよ!」

僕は攻撃の手を緩めず揉み続けました。
そして母とじゃれ合った状態で抱き合う形になり、向き合った瞬間、唇と唇が合いました。

「お母さん」

物欲しげな目をした僕は右手を母の内ももへと滑らせました。
母もとっさに察したのでしょう。

「マサキ、ダメ。私たち親子なのよ。これ以上のことはしてはいけないの!」

この日は結局ここまででした。
しかし母には、この苦しい胸の内が伝わったと思います。

父にはどう話そうかと考え中ですが、他の体験告白の方々のように、卒業旅行と称して母を誘ってみようと思います。
自由な時間は3月中しかありませんので、急いで宿の手配をしようと思います。
そして必ず母を奪います。
必ず母を自分のものにします。
念願が叶ったらまた報告させていただきます。

タイトルとURLをコピーしました