お嬢様JKにAVを見せたらエッチできた・前編

この体験談は約 6 分で読めます。

当時、大学に入学して一人暮らしをするようになり、とりあえずバイトを探さないといけないので、アパートの近所のレンタルビデオ店で働くことに決めた。
大手ではないが、大学の近くに2店舗ほど経営していて、そこの社長は他にも飲食店を数店舗やっていて、尊敬できる人だった。
バイトをはじめて半年が経った頃、他のバイトが急に辞めて僕が一番上になってしまい、新人教育まで任されるようになった。

このレンタルビデオ店はアダルトコーナーが充実しておらず、あるときアダルトコーナーを3倍くらいに広げることになった。
棚の整理や配置を任され、週に5日は勤務時間のほとんどをアダルトコーナーで過ごした僕は、次第に頭の中が女性の裸で占領されていき、ムラムラした日々を過ごしていた。

そんな中、2人の新人バイトが入ってきた。
1人は大学生で、もう1人が女子高校生で、2人とも女性だった。
頭の中はエッチでいっぱいなのに、それに加えて若い女性と一緒にバイト。
ちょうど夏場で、一生懸命にもっこりした股間を隠しながらバイトを続けていた。

2人の新人バイトのうち女子高校生のほうは、名前が雅代ちゃん。
いかにもお嬢様っぽく、ストレートの髪が印象的で、僕にとっては理想の子で笑顔が可愛かった。
どうやらバイトは初めてのようで、親からも社会勉強になると言われて始めたそうだ。
いつも雅代ちゃんは髪を後ろに結び、笑顔の接客。
1ヶ月くらいすると、近所の男子高校生が見に来るくらいの人気ぶりだった。

しかしその日は棚の整理で店は休みで、社長も出てきて、アダルトビデオのデータを取ったりしながら3人で整理をやっていた。
昼飯は社長のおごりで寿司。
昼から夕方まで雅代ちゃんと2人で整理をするように言われた。
社長は別の店舗に行くため、夕方にならないと戻らないと言う。

僕にとってはまたとないチャンスが訪れたわけだ。
その日の雅代ちゃんはTシャツ姿に白いブラが透け透けで、意外に柔らかそうなおいしそうなおっぱいの膨らみが横から見てもはっきりと見えて、僕は朝から半立ち状態が続いていた。

「さあ、昼からは待ちに待ったアダルトコーナーだね」

冗談でそう言うと、雅代ちゃんは少し下を向いて恥ずかしそうにしている。
少し顔が赤くなっていて、それがすごく可愛かった。
バイト先でなかったらすぐにでも犯していたかもしれない。
基本的に雅代ちゃんは高校生なので、アダルトコーナーの貸し出しや返却のDVDやテープの整理は忙しい時以外はさせていない。
つまり未成年だからであるが、今日は客もいないし店も閉店しているので、気にせずにアダルトコーナーで仕事ができる。

「雅代ちゃん、アダルトに行こうか?」

「は~い、わかりました」

雅代ちゃんは後からついて来たが、なんとなく恥ずかしいそうで、その仕草がたまらなく可愛かった。

「わあ~、色々あるんですね~」

「男はこういうアダルトDVDを見てするんだよ」

「するって、何をですか?」

「うん、まあ、気持ちいいこと」

雅代ちゃんも下ネタは嫌ではない様子。

「鈴木さん(僕)も好きなんですか?」

「俺も一応男だからね」

「じゃあよく見てるんですね?」

「雅代ちゃんは見ないの?」

「見ませんよ~」

「雅代ちゃんはキスしたことはあるの?」

「え・・・。うん、まあ、もうすぐ18歳ですから」

「じゃあエッチ経験ありってこと?」

「もー。それは内緒です」

僕の下ネタにちゃんとついてきているので、満更でもないみたい。
もう少しつっこんで話をしてみた。
雅代ちゃんの胸を見ていると股間が半立ち状態になり、今すぐにでも犯したい気分だった。

「雅代ちゃん、もう濡れてきたんじゃないの?」

「い、いいえ、そ、そんな~」

また真っ赤な顔をして、ちょうど『バスト90センチ』とかいうタイトルのDVDが目にとまった。

「雅代ちゃんって何カップ?」

「え、胸ですか?」

「そう、雅代ちゃんのおっぱい」

「スケベ~。たぶんCはありますよ」

「Cか、手のひらサイズちょっとオーバーって感じ?」

「そんなのわかりません」

雅代ちゃんは真っ赤な顔で黙りこんだ。

「ごめん、ちょっと聞きすぎたね」

「男の人ってスケベな話が好きですね」

「当たり前だろ。それが正常」

2人で笑いながらDVDのチェックを始めた。
とりあえず人妻コーナーが本数が多いので、そこからタイトルと品番を1つ1つ雅代ちゃんに言わせて僕がチェックするようにした。
コーナーごとに分担してもよかったのだが、雅代ちゃんにタイトルを言わせたかっただけである。

「人妻ナンパ大作戦、2305(レンタル番号)」

「熟女のおまんこに入れてみた、2306」

こんな感じで雅代ちゃんが次々にエロいタイトルを読み上げていると、また股間が勃起してきた。
こんな可愛い子が「おまんこ」とか言って勃起しない男はいない。
店には2人きりという状況も、僕の股間をさらに奮い立たす原因になっていた。
僕はタイトルを読み上げてる雅代ちゃんの少し後ろでしゃがんでチェックしていた。
ふと見上げると、雅代ちゃんのきれいな足が目に入った。
足首から太ももまで舐めるように見ていると・・・。

「ちょっと鈴木さん、聞いてます?」

「あ、ごめん、聞いてる聞いてる」

「もしかして鈴木さん、ムラムラしてきたんじゃないんですか?」

「い、いや、大丈夫だよ」

「なんか目がいやらしいですよ」

「だって雅代ちゃんの足がきれいだから」

「ほんとにスケベですね」

「きれいなものをきれいと言って何が悪いの?」

「お金取りますよ」

「お金ないから体で払わせてくれる」

「またバカなこと言って~」

なんか脈ありのような気がした。
今にも襲いかかりたい気持ちでいっぱいだった。
気持ちを抑えるのに苦労したが、ついにその時が来た。
僕はすっと立ち上がり、雅代ちゃんに後ろから抱きついた。

「雅代ちゃん、ごめん、もうだめだ」

「え?・・・どうしたんですか?」

僕は雅代ちゃんを正面に向かせて少し強引にキスをした。

「ううう、ちょ、ちょっと、あ~」

雅代ちゃんは急にキスで口を塞がれたので動揺したみたいだが、次第に力を抜いて僕にすべてを任せるように身を委ねてきた。
チャンス到来。
ゆっくりと舌で唇を触るように雅代ちゃんの口の中へ入れると、それに反応するように雅代ちゃんの舌が僕の舌に絡みつき、舌と舌が互いに求め合うかのような濃厚なキスとなった。

雅代ちゃんのおっぱいを服の上から掴むと、「う、うううん、・・・あ~ん」と雅代ちゃんの吐息と喘ぎ声が聞こえてきた。
僕が雅代ちゃんの手を股間に導くと、一瞬雅代ちゃんの体がピクっと動いたが、そのまま股のところまで擦るように手を動かしている。
僕は雅代ちゃんのシャツのボタンを外し、ブラの中に手を入れた。

「あっ、あああっ、う、ううう~ん」

「雅代ちゃん、好きだよ」

「あ~ん、わ、私も・・・あ~ん」

雅代ちゃんはだいぶ感じていた。
そして僕の股間は勃起し、自分を見失っていった。
雅代ちゃんのシャツを肩口まで脱がし、後ろに手をまわしてブラをホックを外すと、雅代ちゃんの白いおっぱいがポロンと出てきた。
まだピンク色で、大きくない乳首がさらに僕の勃起度を最高の状態にもっていった。

「あ~、鈴木さんのすごい、抱いて、もっと、もっと~」

「雅代ちゃんきれいだよ、おっぱい舐めるよ」

「あ~ん、舐めて~、いっぱい舐めて~」

もう何がなんだか判らなかったが、久しぶりのエッチをしながらふと雅代ちゃんから目を逸らすと、アダルトDVDのいやらしい表紙が目に入る。
まさにおっぱいがいっぱいって感じだった。

「雅代ちゃん、俺のも舐めてくれる?」

雅代ちゃんは股間の前にしゃがみ、僕の勃起したペニスを手で掴むと、生温かい手で上下運動を始めた。
その手の動きだけで、もうたまらなく気持ちよかった。
さらに雅代ちゃんがペニスを口いっぱいに咥えると、カリの部分が少し歯に当たって、もう我慢できなかった。

「あっ、雅代ちゃん、イクっ、イク~っ」

雅代ちゃんがフェラチオをはじめて、ほんの1分くらいで射精してしまった。
その時の雅代ちゃんの一瞬ニヤついた表情が今も忘れられない。
雅代ちゃんは精子を飲み干し、まだ精子まみれの口でフェラチオを始めた。
いつもならフニャっとなるはずのペニスが、射精してもギンギンの状態だった。

「うわあ、すごいですね、すごく勃ってますよ」

「雅代ちゃんが上手いからだよ、じつはスケベだったんだ」

「そんなことないです~」

また真っ赤になって下を向く雅代ちゃんを立ち上がらせ、またキスをしてシャツを脱がし、ブラも取り、おっぱいから乳首へ、そしてスカートも脱がし、雅代ちゃんをパンティ1枚にした。
パンティの上からおまんこを触るとだいぶ濡れていて、パンティの横っちょからおまんこに指を入れるとヌルっと入っていった。

「あっ、だめ、いい、いい」

「どうして欲しい?」

「もっと、もっとグリグリして~」

雅代ちゃんの言う通りに指をグリグリさせながらパンティを下げ、薄い陰毛に顔をうずめ、おまんこを舌でペロペロと舐め回した。

「あっ、ああっ、クリ、クリを・・・舐めて~」

僕は大きく足を開かせ、精一杯舌を伸ばし、大きくなったクリトリスを見つけ、指で陰茎を開き、吸い付いた。

「あああ~、そ、そこ、いい、いい、いや~」

雅代ちゃんの声は大きかった。
人は見かけによらないとはまさにこういうことで、喘ぎ声が大きく響き渡り、さらに僕はクリトリスを攻めた。

「ああ~、もう、もうだめっ、イクっ、イクっ、イッちゃう~」

雅代ちゃんの体が背伸びしたように上に伸び、DVDの棚を掴みながら絶頂に達した。
お互いの荒い息が店内に響き、しばらく何もしゃべれなかった。

「気持ちよかった?」

「もう、なんで聞くんですか、スケベ」

「俺からスケベを取ったら何が残ると思う?」

「え、何が残るんですか?」

「雅代ちゃんのことが好きっていう気持ちだけ」

「もう、いつも女の人に言ってるんでしょ?」

「いや、事実を言っただけだよ」

すると雅代ちゃんが抱きついてきた。

「私と付き合ってくれますか?」

「もちろん。俺のほうこそよろしく」

「鈴木さん、抱き締めて」

「雅代ちゃん、もう1回エッチする?」

「はい、でもここじゃ嫌です」

週末、僕のアパートに来るように言った。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました