きれいでやさしい友だちのママとプロレスごっこ

この体験談は約 9 分で読めます。

優んちに行くのは楽しい。
優は僕より2つ年下の小学校1年生。
1人っ子の僕としては弟みたいですごく可愛い。
同い年の子とも遊ぶけど、やっぱり優んちで遊ぶ方が楽しい。

もちろん優が可愛いのもあるけど、おばさんに会えるのが嬉しい。
おばさんというのは、優のお母さんのこと。
名前は美由紀さんって言うんだ。
美由紀さんは綺麗で、優しくてとっても素敵な人。
僕のお母さんとはずいぶん違う。
僕は優がとっても羨ましい。

優んちのインターホンを鳴らすと、「は~い」と言って美由紀さんがドアを開けてくれた。
僕は美由紀さんの姿を見てドキドキしてしまった。
だって美由紀さんはGパンに白のTシャツという格好で、下のピンクのブラジャーが透けて見えてたから。
美由紀さんは、「優!郁哉くんよ~」と言って優を呼んで僕を招き入れてくれた。
僕は美由紀さんの前では良い子でいたかったから、「おじゃましま~す」って元気に言ってから上がった。
もちろん靴を揃えるのも忘れない。

優が2階から駆け下りてきて僕にしがみついてくる。
優は1年生の中でもだいぶ小さい方だ。
反対に僕は3年生の中だけじゃなくて学校でも大きい方に入るみたいで、6年生でも僕より大きい人は少ししかいない。

優の部屋でTVゲームとかして遊んだ。
ちょうどそれがプロレスのゲームだったので優は実際にしたくなったみたい。

「プロレスごっこしようよ」

優はそう言って僕にしがみついてきた。
優じゃ相手にならないなと思ったけど、「しようしよう」と言って掴みかかってくるので仕方なく相手してやってた。
手加減しながら、かかってくるところをコロコロ転がしてやる。
優は、「もう1回」と言って何度も向かってくる。
プロレスというよりなんだか相撲みたいだなと思っていると、部屋のドアが開いた。

「あら、お相撲?」

そう言って美由紀さんがジュースを持って入ってきた。
優が「違うよ、プロレスだよ」と言うと、「ちょっと休憩したら」と持ってきたジュースを差し出してくれる。
喉が乾いていたので僕も優もゴクゴク一気に飲み干してしまった。

「郁哉くん、強いんだよ。全然勝てないんだ」

ジュースを飲み干した後、優が美由紀さんに言った。
美由紀さんはニコッと笑うと僕の方を見て・・・。

「よ~し、優の仇よ。今度はおばさんと勝負だ」

僕は一瞬、(えっ?)と思った。
美由紀さんとプロレスができるということは、身体に触れたりする。

(もしかしたらはずみで・・・)

そんなことを考えてると、なんだか少し恥ずかしくなってきた。

(そうだ!優を仲間にすれば、どっちが触ったかわかんないかもしれない)

僕は少し悪だくみを考えて美由紀さんに言った。

「いいけど、子供と大人だし・・・じゃあ優はこっちの味方ね」

美由紀さんは、「いいわよ~」とあっさり承諾してくれた。

僕は優に作戦を耳打ちする。
優が美由紀さんの脚にしがみついている間に、僕が後ろから羽交い絞めにして引き倒す。
そしてフォールだ。
大人だからだいぶ抵抗されるだろうけど、2人掛かりならなんとかなる。

(もしかしたらフォールするときにおっぱいに触れるかも)って思った。

さあ開始。
一気に2人で飛び出す。
美由紀さんは、1人ずつかかってくるものだと思ってたみたい。

「えっ・・・ちょ、ちょっと待ってよ・・・」

だいぶ焦ってる。
優が脚にしがみつく。
その隙に僕は後ろに回って羽交い絞めに・・・と思ったんだけど、背が届かなくて、仕方なく腰のあたりに手をまわした。
美由紀さんと、こんなにくっついたのって初めてかもしれない。
すごくいい匂いがする・・・。

美由紀さんが身体をひねらせた。
でも優が脚にしがみついていたので少しバランスを崩してよろけてしまう。

(チャンス!)

僕は、すっと手を腋から差し入れて、美由紀さんをとうとう羽交い絞めにしてしまった。

僕はそこで考えた。
このままフォールしたら、もう終わりだ。
美由紀さんから離れないといけない。
美由紀さんは中腰の体勢だから、きっとあまり力が出せないはず。
もう少しくらいなら、このままでいられるんじゃないか・・・。

思った通り美由紀さんは力が思うように出せないみたいで、藻掻いて逃げ出そうとするけど全然ダメっぽかった。
そうこうしていると美由紀さんのTシャツが捲れあがってくるのがわかった。
チラッと見ると、可愛らしいおへそが覗いて見える。
Gパンも少しずり落ちて、ピンク色のパンツが見えた。

(あっ、ブラジャーとお揃いなんだ)

僕は(もっとずり落ちろ!)と神さまに祈っていた。
そのとき、ふいに部屋のドアが開き、優のお父さんが入ってきた。
僕は、もうこれでお終いなのかなと思った。

「うるさいから、もう少し静かにしなさい」

そんなに怒ってる風でもなく、優のお父さんは軽く言っただけだった。

「ほら~、怒られちゃったじゃない~」

美由紀さんはこれで自由になれると思ったのか、なんだかほっとした様子でそう言った。
でも僕も優も手を離す気なんか全然なく、そのままにしていると・・・。

「ほ、ほら、暴れてるとまたおじさんが来るわよ・・・郁哉くんも優ももうやめて・・・」

ちょっと声が震えてる感じがした。
僕はそんな美由紀さんをちょっといじめてみたくなってきた。
ドアの方を見るとおじさんはもう下におりたみたい。
僕は、「よ~し、じゃあ」と言って美由紀さんを後ろに引き倒しにかかる。

「えっ!?何?」

驚く美由紀さんを仰向けに引き倒した。

「寝技ならあんまり音がしないと思うから。今からは寝技攻撃だぞ、優!」

寝技にしたのは音のこともあったけど、一番の理由は足が使えること。
足が使えれば、羽交い絞めにしている僕の両手が使える。
さっきちらっと縄跳びが目に入ったから、あれで手首を縛ってしまおうと思った。
美由紀さんの足元には布製のガムテープが置いてあったから、足首はあれで固定してしまえばいい。
そうすれば・・・。

「だ、だめよ・・・いい加減にしなさい!」

美由紀さんの声に優が少したじろんだ。
僕は構わずに足を腋から差し込んで、手の代わりに足で美由紀さんを羽交い絞めにした。
自由になった両手で縄跳びをたぐり寄せると、美由紀さんの手首を縛りはじめる。

「う、嘘!!何してるの?」

美由紀さんはかなりビックリしたみたいで、僕にそう聞いてくる。

「おばさんが暴れると、またおじさんが来ちゃうから縛っとくね」

僕はそう答えて、縄跳びで美由紀さんの両手首を縛っていった。
カブスカウトでロープの結び方を色々教えてもらってたから、できるだけほどけない頑丈な結び方にしておいた。
近くにベッドがあったので、余った縄の先をベッドの脚のところに結びつけておいた。
これで美由紀さんは両手がまったく使えない。

「や、やめなさい・・・これを外しなさい」

さっき以上に美由紀さんの声が震えているのがわかった。
僕はゴクッと唾を飲み込んだ。
僕の視線の先にあるのは、あのTシャツの膨らんだところ。

(今なら触れる・・・)

もし触ることができたら、もうここに遊びに来れなくなっても、美由紀さんに嫌われてもいいと思った。
僕は思い切ってTシャツの中に手を突っ込んだ。
大きくて柔らかいものが手のひらに当たった。
でもブラジャーが邪魔。
もうこんなチャンスはないかもしれない。
僕はブラの中まで手を入れていく。
あったかくて、すごく気持ちいい。
これが美由紀さんのおっぱいなんだ。

「イヤーッ!エッチ!!」

さすがに美由紀さんが大声で叫んだ。
思わず僕はシャツから手を出してしまう。
すると今度は優が、さっきジュースと一緒に持ってきてくれてたおしぼりを手にして、「ママが大きな声を出すとパパが来ちゃう」と言って美由紀さんの口に、そのおしぼりをねじ込んだ。
僕は心の中で、(優、よくやった!)と誉めてあげた。
もう声が出せないから今のうちにもう一度おっぱいを触ろうと思っていたけど、よく見ると美由紀さんの両脚が自由だということに気がついた。
脚をバタバタされると、うるさいと言っておじさんがやって来るに違いないから、最初の予定通りガムテープで両脚をくっつけてしまうことにする。
優と2人で美由紀さんの脚を捕まえた。
そしてガムテープをグルグルと何重にも両足首に巻いていく。
これでもう離すことはできないはず。
僕は優にガムテープを渡し、美由紀さんの口に貼り付けるように言った。
優は僕に言われた通り、ガムテープを二重三重に貼り付けていく。
これでもう、ねじ込まれたおしぼりを吐き出すこともできない。
そして僕は太腿に、優はお腹の上に乗っかって美由紀さんを動けなくした。
これで完璧だと思った。
今からはなんでもやり放題だ。
位置的におっぱいが触れなくなったのは残念だったけど、今僕の目の前には少しずり下がったGパンがある。
そしてそこからピンクのパンツが覗いている・・・。

僕はすごく興奮していた。
別におっぱいに触れたとか、パンツが見れたとか、そんなことで興奮しているんじゃない。
憧れていた女の人を身動きできなくして、好きなように弄ぶことができる・・・。
しかもその女の人は友達のお母さん・・・。
そんなやってはいけないことをしているという気持ちと、この人を自由にできるという気持ちから、僕のオチンチンは痛いほど硬くなっていた。

「優!悪役レスラーにお仕置きだ!裸にしちゃえ」

僕はそう言って優をけしかけた。
優は「オーッ」と言いながら美由紀さんのTシャツを捲り上げていった。
優の肩越しにピンクのブラジャーが見え隠れする。
美由紀さんは身体をよじって抵抗するけど無駄な抵抗。
Tシャツは美由紀さんの首から剥ぎ取られて、縛ってある手首のところまで上げられた。
さらに優はブラジャーに手をかけて押し上げていく。

(がんばれ優!もう少しだ)

僕は手に汗握って小さな凌辱者を応援した。
するとベロンとピンクのブラが捲り上げられて、大きなおっぱいが出てきた。
先端の乳首は薄いピンク色で、まるで僕たちを誘っているみたいにピンと尖っている。
思わず吸い付きたくなったけど、今この太腿の上から下りるわけにはいかない。
足首はくっつけてるけど、手首みたいにどこかに固定しているわけじゃないから、僕が下りるとバタバタと暴れるに違いなかった。

(なんとか脚も固定したい・・・)

そう思って周りを見ると、優の勉強机が目に入った。
問題は何で固定するかだけど・・・。
電気の延長コード!
かなり長いから十分使えそう。
僕は延長コードを手に取ると、両足首をくっつけているガムテープにそれを括りつけた。
そのままその端を机の脚に結びつける。
これでもう僕が太腿から下りても、美由紀さんは身体をくねらすことくらいしかできない。
僕は太腿から下りると、美由紀さんのおっぱいにしゃぶりついた。
それを見た優も同じようにもう片方を吸いはじめる。

「ふぅ~ン・・・ふぅ~ン・・・」

美由紀さんが、なんだか今までとは違う甘えたような声を出し始めた。
ふと見ると、目元が少し赤みを帯びてトロンとした感じになっている。
僕は乳首を舌でコロコロ転がしてやった。
するとそれはさらに大きく硬くなっていった。
そのままズーッと舐め上げながら、今度は腋の下あたりまで舌を持っていった。
ぺろぺろと腋の下を舐めていると、くすぐったかったのか美由紀さんはさらに身体をくねらせて、「ふぅんふぅん」と声を荒げた。
十分舐め回した僕は、下半身に目を移す。
上半身は裸だけど、まだ下の方はGパンを穿いたままだ。

脱がせよう。
たぶん今日しかチャンスはない。
美由紀さんを丸裸にするんだ。

僕は太腿にもう一度乗っかり、Gパンのボタンを外すため指をかけた。
攻撃の手が下半身に移ったので、美由紀さんはまた腰をくねらせて抵抗しようとする。
でも問題はない。
ボタンは簡単に外すことができた。
次はファスナーだ。
僕はじっくりゆっくり焦らすように下ろしていった。
ピンクのパンツが目の前に現れる。
股のところからは黒い毛が薄っすら見えていた。
一気にパンツも下ろしちゃおうかと思ったけど、1枚ずつ剥いていくのも面白そうだと考え直して、まずGパンだけ引き下ろすことにした。
僕は手をGパンの腰のあたりにまわして、お尻の方から下ろしていくことにした。
でも美由紀さんはお尻を上げてくれないので、なかなか下げられない。
僕は腹が立ってきて、左の人差し指で美由紀さんの股をちょんと突いてやった。
ビクンとした美由紀さんが腰を引いて逃げる。
思った通り、お尻が少し動いた。
僕はその隙を狙ってGパンを引き下ろす。
勢い余ってパンツの後ろの方が少しずり落ちてしまい、お尻が半分出てしまった。
割れ目の上の方が顔を覗かせる。
Gパンを膝あたりまで引き下ろした僕は、今度はピンクのパンツに手を掛けた。
優はその間も、自分のお母さんのおっぱいを吸ったり揉んだりしている。

(あれ・・・?)

美由紀さんのパンツの股のところが少し濃いピンクになってる。
触ってみると少し濡れている。

(怖くなってお漏らししちゃったんだろうか・・・?)

それを確かめるためにもパンツをずらそう。
僕はパンツの脇を持ち、徐々に徐々にずらしていった。
美由紀さんは、「ふぅ~ん、ふぅ~ん」と呻きながら腰をわずかにくねらせる。
黒い毛が見えてきた!

(すごい・・・もじゃもじゃだ!)

自分のお母さんのは見たことがあるけど、これが美由紀さんの毛なんだと思うとすごく感動した。
僕は思わず、その黒いもじゃもじゃのあるところに顔をうずめた。
スーっと思い切り息を吸い込んだら、なんとも言えない匂いがした。
さらに僕はヌメヌメしたその部分をねっちょりと舌で舐めしゃぶっていく。

(美味しい・・・)

もう僕のオチンチンはギンギンのバンバンだ。
僕が一生懸命舐めていると少しずつ股が開いていくみたいだった。

(美由紀さん・・・もっと舐めて欲しいんだ)

そう思った僕は、さらに舌を突き出して奥の方まで舐めていく。
次の瞬間、美由紀さんの身体がピンと伸びて一瞬固まった。
僕と優はびっくりしてふっと顔を上げる。
美由紀さんはぐったりして、目を閉じていた。

(まさか・・・死んじゃったの?)

そう思って口のガムテープを取り、おしぼりを抜き出した。

(よかった・・・ちゃんと息してる)

優が思わず泣き出してしまった。
僕もいくらなんでもやりすぎたと思った。
縄跳びもガムテープも延長コードもみんな外して、服も元通りに戻しておいた。
しばらくすると美由紀さんは、僕たちの顔を見るなり泣き出してしまった。

「もう・・・こんなことしちゃだめよ・・・」

泣きながら言う美由紀さん。

「ごめんなさい・・・もうしません」

・・・そんなことがあってから何週間か経った。
僕はあれ以来なんとなく気まずくなって、優んちにも行ってないし、優と外でも遊んでいない。
そんなある土曜日、外でばったり美由紀さんと出会ってしまった。

「郁哉くん、こんにちは~」

今までと変わらない笑顔で僕に話しかけてくれる。

「しばらく遊びに来てないね。・・・あのね、前のことは気にしないでいいから遊びにいらっしゃい」

「う、うん・・・」

本当に嬉しかった。
また美由紀さんと会えるんだと思うと天にも昇る気持ちだった。

「じゃあ今からいらっしゃい」

美由紀さんは僕と手を繋いで家に向かって歩きはじめる。
家に着くと鍵を開けて僕を招き入れてくれる。

「あれ?優は・・・?」

「優は昨夜からパパとおばあちゃんのところに行ってるの」

「えっ・・・それじゃあ・・・」

「うん、今は私と郁哉くんだけだよ・・・」

この日、僕は美由紀さんに色々なことを教えてもらった。

タイトルとURLをコピーしました