狭い車内で母と抱き合いながら・前編

この体験談は約 8 分で読めます。

自分の母親とキスしたらどうなるか、考えたことってある?
ほんのちょっとしたタブーへの好奇心だったんだ。

免許をとったばかりで、まだ母が同席しないと車が貸してもらえなかった頃の話。
週末のたびに実家へ帰り、練習のために母とドライブに出かけていた。
自分で言うのもなんだが、運転が下手で、ひとりで運転させるのは危ないと母が車を貸してくれなかったからだ。
普段は兄弟がいるし、母と2人きりというのもなんだか新鮮で結構楽しかった。
母はごく普通の主婦だけど、顔がちょっと江角マキコに似てて、息子視点ではまあまあ美人だし、連れ回すのも悪くなかった。

その日は天気が不安定で、朝から降っていた小雨がやんだと思ったら、ものすごく濃い霧が出てきた。
ただでさえ慣れない田舎道でどうにもならないと思い、追突されるのを防ぐために広い路肩に車を停めて天候回復を待った。
県道なので割と車が通るところだったけど、その日は全然車が走っていなかった。
まだお昼を食べたばかりの時間で明るかったけど、静かなところで母と2人きりでいるのは、なんだか変な気分だった。

俺はよく母の愚痴に付き合っていた。
この日もこんな天気のせいか湿っぽい話で、少し前に酔ったオヤジとセックスして妊娠してしまったとこぼした。
バカなオヤジは外に出すからと言いながら思い切り中に出してしまい、母は15年ぶりに妊娠。
結局、堕胎したそうだ。
母は俺に避妊だけはしろと説教したが、セックスどころかキスさえも遠退いてたってこともあって、つい母を性的な目で見てしまった。
母はシャツにジーンズと色気のない恰好だったが、夫婦の性生活についてこれだけオープンにしゃべれば興味も湧く。

「母ちゃん、まだオヤジとキスしたりすんの?」

なんかそんなことを聞いてしまった。
母もさすがに恥ずかしいのか黙ってしまったが・・・。

「キスなんかずっとしてないよ~。まあ夫婦生活は月に1回くらいはあるけど。たまにしてあげないと・・・男は浮気するから」

俺は「ふーん」とか言いながらも興味津々だった。
避妊はコンドームなのかとか、俺ら子供たちに見られたことはないのかとか、そんな話をした。

「溜まってるときなんかはね、まぁ疲れてるときとか生理のときもあるし、お父さんのをね・・・口でしてあげたりとか」

「マジ?母ちゃん、フェラチオできんの?」

そう言うと母はバツが悪そうな顔をして、「なに、お母さんのこんな話を聞いて面白いの?」と笑った。

なんだかシーンと静まり返ってしまった。
もともと運転中は気が散るのでラジオや音楽もかけてなかったし、黙ってしまうと静かすぎて気まずかった。

「ま、キスなんかもう10年くらいしてないかなー」

「母ちゃん、ちょっとお願いあるんだけど・・・」

俺は小さい声でゴニョゴニョ言ったつもりだったけど、母にははっきり聞こえたらしい。

「なに?もう・・・別にいいけど、本当にしたいの?」

俺が返事もせずに母に顔を近づけると、母がじっとこっちを見ていた。

「目、開けてるとやりづらい」

「だって、こんなとこでしたことないし」

母は照れまくった。
ムニっとした唇の感触。
少しだけ開いた口から母の吐息が流れ込んでくる。
母から一度、唇を離すと・・・。

「こんなんでよかった?キスなんてずいぶん久しぶりだし・・・」

母の目もなんかウルウルしてる。

「もっかい・・・」

今度は少し長く、そして母の唇を軽く舐めてみた。
そして唇を離すと母が薄目を開けた。
嫌な顔はしていなかった。
今度は断りもせずに唇を重ねて、舌を母の口の中へ入れてみた。
歯の表面を舐めると母も歯の隙間からそっと舌を突き出してきた。
舌先をチョンチョンと合わせると頭がガツンと痺れるような感じがして、母の口の中へ舌を滑り込ませようとすると・・・。

「ちょっと待って」

母が唇を離した。
母は手を突き出して乱れた呼吸を整えると・・・。

「こんなのするって思ってなかったから・・・いいよ、もう大丈夫」

シートベルトを外して顔を寄せてきた。
唇を合わせると口を貪るように母の中に舌を入れた。
ガチガチと歯をぶつけながら舌を絡めて唾液を啜った。
母は俺の頭を抱いて何度も舌を絡ませ、時々深呼吸のために離れても、また黙ってキスに応じてくれた。
俺の手も母のシャツの裾を捲りあげて肌着の下に手を差し込むとブラをずらした。
柔らかい乳を絞るように揉んでも、母は俺の舌の動きに応じて絡ませてくれた。
それでも硬く勃起した乳首を弄っていると、「強くすると痛いから」と服の上から手を重ねた。

「うん、そう・・・それくらいね」

母の言う通りにそっと撫でると母から唇を重ねてきた。
顔に当たる鼻息が荒く、母は眉間に皺を寄せて目を瞑っていた。
胸に差し込んだ手を下へずらしてジーンズのファスナーを下げた。
ベルトはしていなかったので、ホックを外すと柔らかい生地の感触があった。
ぽっこりと膨らんだ下腹部を擦っていたけど、意を決して手をウエストのゴムの下へ潜らせた。
しゃりしゃりした茂みの奥へ指を進めると、じっとりと陰毛が湿っていて、中指が温かい泥のような感触に包まれた。
もうAVなんかで得た知識なんかは吹っ飛んでしまい、俺は母と舌をねっとり絡ませながら母の中を探った。
母が膝を閉じたりしなかったので、茂みをかき分けて深く指を沈めると、奥から染み出てくる温かい汁で手がびしょ濡れになった。
下着はもうぐっしょりで、邪魔になったのでジーンズごと足元まで引き下げて、膝を開くと指をもう1本増やして母の穴で躍らせた。
夢中になって母の性器を弄っていると、母の手も俺の股間に伸びてきてファスナーを下げた。

「母ちゃん、入れるよ」

「そんなことしたら・・・お母さんでいれなくなる」

母は啜り泣くように拒否したけど、俺はズボンを下げるとシートを倒して母に覆いかぶさった。
車内は狭くて位置を合わせるのも大変だったが、母の膝の間に入ると、何度かヌルっと母と接触した感じがあった。

「ダメ・・・これ以上はほんとに困るから」

母の困惑をよそになんとか母と繋がろうと頑張ったけど興奮しすぎてて、そのまま母の陰毛のあたりにたっぷり精液をこぼした。
それでもすごく気持ちよかったが、余韻に浸る間もなくクラクションが鳴った。
曇り空だったがすでに霧も晴れていて、いつの間にか後方の少し離れた路肩に車が停まっていた。
きっとこっちが何をしてるのかわかって、クラクションを鳴らしたんだと思う。

からかうようにまたクラクションが鳴って、俺は慌ててエンジンをかけると下半身すっぽんぽんのまま走り出した。
母も服を直したが、自宅へ着くまでほとんど言葉を交わさなかった。
しかし駐車場で母を引き寄せて肩を抱くと、また長いキスをした。
母は何も言わずに俺を受け入れて、舌を絡めてきた。

自宅で弟たちを見ると罪悪感で胸がチクチクしたが、母と秘密ができたことがなんだか誇らしかった。
バイトがあったのでこの日は帰ったけど、また翌週に母とドライブの約束をした。
母は返事をしなかったが、帰り際にキスで応じてくれた。
こんな経験をしたら、誰だって次はセックスをしたいと思う。
それが実の母親だとしても。
けど、ラブホに誘うってすごく難しい。
だって初めてだし、相手は実の母だから。

近くとはいえ、大学のそばで一人暮らししてるので、母とは次の週末まで会わなかった。
いつも通り、母を連れてドライブへと出掛けた。
この日の朝、実家へ着くと母は部屋着のワンピースにエプロンをして家事をしていた。
母に「行くよ」と声かけると、「着替えるから少し待って」と言った。
けどメイクはしてたようだったし、胸元が広く開いたワンピース姿が新鮮だったので、エプロンも付けたまま母の手を引いて連れ出した。

この1週間ずっと考えていたいくつかのラブホが頭に浮かんだ。
とりあえず一番知り合いに会わなさそうな県境のラブホへ向かおうと考えた。
母は、「こんな恰好で出掛けるのは嫌よ」とぶつくさ文句を言ったけど、母のエプロンに手を置くとぎゅっと握ってくれた。
こんな風に手を繋いだことなんて小学生のときの記憶すらほとんどない。
運転してる間はずっとドキドキだった。
国道を走らせていると母は、「どこへ向かっているの?」と聞いてきた。

「内緒。まあそのうちわかるって」

それだけ答えた。
目的地への案内看板がデカデカと国道の脇に出ていたので、母に気取られるんじゃないかと気が散った。
それで曲がるところを間違えて、仕方なく次の交差点で曲がって細道を進むと、寂しい雰囲気の広場に行き止まった。
何台もの重機や砂利の山があり、どうやら護岸工事の現場のようで、車を停めるとカーナビで場所を確認した。
まさか目的地にラブホを入力するわけにはいかなかったので、拡大したりして探していると・・・。

「どこに行くの?目的地、入れてあげる」

そう言って母が顔を近づけてきた。
言えるわけもなく、ドキっとして黙っていると、母が「どうしたの?」と笑った後、なんだか急に車内が静かになった気がした。
この感じ、この前みたいだと思った。
唾を飲み込んでゴニョゴニョと小さな声で母に伝えてみた。

「え?」

母は聞き返した。
だけど、もう1回同じことを言う勇気がなかなか出てこない。

「ううん、なんでもない」

そう言ってカーナビの操作をしていると・・・。

「この前からね、お前がどうしたいのかなって、ずーと考えてたの。やっぱりね、セックスはごめん。それだけは母親として許したらダメだと思う。ごめんね、期待させといて・・・。でも、この前みたいにキスだけだったら・・・」

そう言うと目を閉じてくれた。
母と唇を合わせると、ニュルっと舌が俺の口の中へ入ってきた。
甘い歯磨きの匂いと唾液・・・。
女の人とのキスって、やっぱり想像していたよりもずっといい。
この年になるまで誰ともしてないことが、すごく悔しかった。

「俺、誰ともキスしたことがなかったんだ」

女に相手にされない自分が不甲斐ないやら恥ずかしいやら悔しいやら、色んな感情が爆発して母に告白してしまった。

「本当に初めて?コウのキス、上手すぎて、ぽーっと気持ちよくなっちゃって・・・」

俺のほうこそ、母のキスが気持ちよすぎると言うと・・・。

「キスなんてずっとしてなかったけど、キスだけであそこが濡れたの初めてだった」

母は恥ずかしそうに、俺以外誰もいないのに小さな声で耳打ちしてきた。
俺はスカートの裾をたくし上げて、下着の一番柔らかいところに触れた。
母が少し股を広げてくれたので、しっとりと温かく湿ったところに触れると・・・。

「母ちゃん、本当にあれだけでこんなに濡れたの?」

「もう言わないで」

母は顔を手で覆った。
下着に指を引っかけて直接触ると濡れた毛が指に絡んだ。
そのまま先に進めて母の柔らかいところに触れると・・・。

「指を入れるだけだったらいいから・・・」

母はそう言って、前回のように俺のパンツに手を入れると、硬くなって先っぽをジクジクさせているペニスを握ってきた。
狭い車内で互いの性器を弄りながら歯をガチガチぶつけて激しいキスを繰り返した。
俺は母の手の中で何度も皮を剥かれてるうちに射精してしまい、母も俺の指でニュルニュルと膣の中を弄られて下着が濡れて冷たくなっていた。

射精して、一度は興奮も覚めかけたけど、俺の手を拒まずに喘いでる母を見ていると、本当は母もセックスを望んでいるんじゃないかと思った。
さっきと同じように今度は耳元で、「母ちゃんとセックスしたい」と恥さらしなお願いをした。

「ダメだって。お願い」

狭い車内でこれ以上の事に及ぶのは難しくて、俺は母とラブホへ行こうと何度も押し問答した。
母の急所を攻めながら何度もお願いすると、母の態度もグラグラに揺れて、「絶対ダメ」から、「お母さん、お前と男と女になれる勇気がないの。ごめんね、ごめんね」と何度も謝られた。
ラブホへは行かないと約束した代わりに・・・。

「その代わりに口でしてあげるから」

母は運転席のシートを倒して俺を寝そべらせるとズボンを下げた。
一度、母の手によって下着の中で射精していたので、パンツに張ったテントが濡れていた。

「お母さん、ぶきっちょだから、あんまり気持ちよくなかったらごめんね」

母は下着の上からテントを咥えて、前止めのボタンを外すと汚れたモノを咥えた。
母の口の中でチロチロと舌が動き、先の割れ目のところに舌先がねじ込んできて軽い痛みを感じた。
唇がヌメヌメと棒の表面を伝い、亀頭にキスするところを俺に見せてくれた。
俺は母の胸や乳首を弄っていたが、母はじっくりとフェラチオをしてくれた。
蕩けそうなフェラチオを受けながら、少し白髪が交じり始めた母の髪をかき上げて携帯のシャッターを切った。
俺は母が今まで見せなかった顔を何枚も撮って、そのまま口の中へ射精した。
母は口で精液を受け止めると、ごくんと飲み込んで口を開けた。
唾液と精液が交じって、少し舌の上に残っていた。

「母ちゃん、すげー気持ちよかった。ありがとう」

「ううん、下手だから、すごい時間がかかっちゃったね。ごめんね。でもコウがいっぱい出してくれたの、嬉しいよ」

今出した俺の精液の匂いが母の吐息に交じっていた。
母を引き寄せてキスしようとすると・・・。

「ダメだって、精子がまだ残ってるし」

そう母は断ったが、俺はどうしても感謝がしたくて、自分の精液の味がする母の舌と絡め合った。
ずっと母とシートの上で抱き合ってキスをした。
この日は母との約束を守った。
だけど、逆に母をラブホに誘うことが困難になった。
それを口にすると、母が今の関係をやめると言うからだ。

それからもひと月ほど毎週のようにドライブに行き、同じ場所で母とキスをして、お互いの体を弄った。

<続く>

タイトルとURLをコピーしました