眠ってる姉の足の指に挟んでシコシコ

この体験談は約 5 分で読めます。

私は6人兄弟の5番目です。
兄弟と言っても男は私だけで、あとは妹1人と姉が4人です。
今回は恵子という2コ上の姉貴の話をします。

当時、高3の姉貴はバレーボール一筋のスポーツ少女でした。
容姿はたぶん中くらいだと思います。
バレーをやってるだけあって筋肉質でしたが、とにかく胸とお尻の大きい人でした。
クタクタになるまで練習に明け暮れ、夜遅く帰ってくると風呂に入り、ご飯を食べてバタンキュウの毎日でした。
一度、家族全員が目を覚ますほどの地震が起きたんですが、その姉貴だけは全く気付かずに爆睡してました。
そんな姉貴と同じ部屋に寝ていましたが、周りがみんな女だとケンカばかりで、もはや女とは見ていませんでした。
なので、なんの感情も湧きませんでした、高校1年の夏までは・・・。

夏休みに入る前日、友達4~5人と初体験の話で盛り上がりました。

「今年の夏こそ絶対に体験するぞ!」とみんな意気込んでいました。

その中に、どこまで本気かは分かりませんが、「俺、姉ちゃんとやるかもしれない・・・」って言う奴がいたんです。
みんな笑ってたんですが、私は妙にドキドキしたんです。
そんなこと今まで考えたこともなかったので、ずっと頭にこびりついて離れませんでした。

その夜も、いつものように隣で姉貴が爆睡していました。
なんでもないいつもの光景ですが、今日は違いました。
姉貴の寝息がどうしても気になって眠れなかったんです。
時間だけが過ぎていき、ふと時計を見ると2時を回っていました。

(どうせ眠れないのなら・・・)と意を決して姉貴のそばまで近づいて、そっと寝顔を覗いたんです。

姉貴は口を半開きにして軽くいびきをかいていました。

何を思ったか、私は姉貴の息がかかるほどの距離まで顔を近づけました。
姉貴の鼻から出る息がものすごく甘かったのを憶えています。
そして、吸い寄せられるように唇を重ねてしまいました・・・。
すぐ離れて様子を見たんですが起きる様子はありませんでした。
私の心臓はバクバクとありえないほどすごい音を立てています。
見つかったらどうしようという恐怖もあったんですが、好奇心のほうが余りにも大きく、これでやめようとは全く思っていませんでした。

しばらくして、もう1度近づいていきました・・・。
今度は長めに唇を重ねましたが、起きる気配は全くありません。
だんだんと気持ちが大きくなり、今度は舌で姉貴の唇を舐めてみました。
心臓はバクバクですが、もう止まりません。

(起きないでくれ!)と願いつつ、舌で歯を舐め、歯茎まで舐めてしまいました。

あまりの興奮でやめられませんでした。

その時!

「う~ん」と姉が体を揺らしました。

私は速攻で自分の布団に戻り、(ばれた!終わった!!)と思いながら、姉貴に背を向けてドキドキしていました。
・・・5分くらい経ったでしょうか、また軽いいびきをかき始めたのです。
どうやら全く気付いていないようです。

私もそこでやめればいいんですが、興奮が全く冷めず、懲りずにまた近づいていきました。
今度はTシャツの膨らみに目が行きました。
いつもノーブラで寝てたので乳首がすぐに分かりました。
震えながら中指で恐る恐る触ってみました。
ものすごい柔らかさです!
時折、姉貴がビクッと動くんですが指が離れません。
しばらく触っていたら、だんだんコリコリしてきました。
最初は自分に近い右の乳首を、そして次は向こう側の左の乳首を、指先で擦ったり、親指と人差し指で摘んでみたり。
蛍光灯はオレンジ色の小さい光でしたが、姉貴の乳首はTシャツの上からでもはっきり分かるくらい立ってきました。

そんな膨らみを見ているうちに、(舐めてみたい!)と思ってしまいました。
自分でもここまでやるなんて考えてもいませんでしたが、普段ケンカばかりしている姉貴が無防備で、しかも乳首を硬くしてると思ったら暴走する一方でした。
心臓をバクバク言わせながら乳首に口を近づけていきました。
近づくにつれ、姉貴の体温で顔が温かくなってきます。
姉貴の乳首を唇で挟みました。
Tシャツの上からでしたが、ムン!とした汗と女の匂いが重なってものすごく甘く感じました。
舐めるとTシャツが濡れて、朝起きたらばれてしまうかもと思ったんですがやめることができず、舌を伸ばしました。
舌先で姉貴の乳首に触れると、さっきよりさらに甘く感じました。
一度顔をあげて、姉貴が寝てるのを確認した上でもう一度舐めました。
唇で吸い付きながら舌で転がしたり、軽く引っ張ったりしてしまいました。

その時、姉貴の体がビクッとなり、やばいと思ってまた速攻で布団に戻りました。
はぁはぁ息を荒げながら、(もうやめよう、十分だ、ばれたら元も子もない)と思って、そのまま寝ようとしました。
ですが、姉貴のいびきが聞こえてきたら、また心臓がバクバクしてきたんです。

(もっと姉貴に触れたい、色んな所を舐めてみたい!)

私は、また懲りずに近づいていきました。
今度は足の方に行きました。
タオルケットを1枚お腹に乗せているだけなので捲る必要もありませんでした。
姉貴は綿生地でダボダボした膝上くらいのハーフパンツを穿いていました。
私は・・・変態かもしれませんが、足の指を舐めることにしたんです。
顔を近づけ、右足の親指を口に含みました。
乳首の時よりも姉貴の顔が遠いせいか、少し大胆に舐めました。
味はしないんですが、(姉貴の汚い所を舐めている)と思ったら興奮してきて、人差し指や小指まで舐めてしまいました。
途中で姉貴が寝返りを打ったり膝を立てたりしたので何度か中断もしましたが、気をつけながら舐め続けました。

ここまで来ると、自分のモノが限界に近くなってきました。
自分ですることを覚えたのは中学2年でしたが、とにかく兄弟が多い上にみんな女なのでする場所と時間がなく、常に溜まっている状態でした。
乳首の時は緊張が大き過ぎて気付かなかったんですが、姉貴の足の指を舐めてるうちに出したくてたまらなくなりました。
隣の部屋にティッシュを取りにいき、静かにジャージとパンツを脱ぎました。
姉貴の胸に近づき、膝を立てて座りました。
そして一度乳首を舐めてから左手で乳首を触りつつ、右手で自分のをしごきました。
興奮してつい指に力が入ってしまうので、細心の注意を払いながらしごきました。

気持ちも高まり、もうすぐという時に、ふと姉貴の足に目が行ったんです。
自分でもその時、なぜそんなことを思いついたのか分からないんですが、(姉貴の足の指を使って出したい)と思いました。
ゆっくりを足元に行き、左足の親指と人差し指を舐めて濡らしました。
そして縦方向に開いて、心臓をバクバク言わせながら自分のモノを挟みました。
姉貴の顔を見ながら、左手で足の親指を、右手で残りの指を軽く固定して腰を動かしてみました。
あまりの気持ちよさに思わず声が出そうになりました。
自分でする何倍も気持ちよかったんです。
しかも時々姉貴が体を動かす時、足の指に力が入り、予期せず強めに挟まれるので、さらに快感は増しました。

もう姉貴が起きたらどうしようとか考えずに、とにかく腰を動かしました。
汗だくで動かし続けました。
そして、また予期せぬ締め付けがあったとき、ティッシュを当てる余裕もなく出してしまいました。
姉貴の足に飛び散りました。
やばいと思い、すぐに拭き取りました。
幸いハーフパンツにはかからずに済みました。
私は肩で息をしながら、パンツとジャージを穿き、姉貴を見ました。
相変わらず口は半開きで、いびきをかいて寝ていたので安心しました。
そしてもう一度唇を重ねて自分の布団に戻りました。

まだ夏休みは始まったばかり。
こんなことが毎日できたらいいなと思いながら、私は眠りに就きました。

タイトルとURLをコピーしました